現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

二人暮らしの食費はいくら?少しでも抑える7つのコツ

2001 views

彼氏と同棲しています…色々あってお金がなくて食費を抑えたいのですが何かコツはありますか?(大学3年・女性)


バナナ

 

©avaxhome.ws

結婚してすぐの時期や子どもが育った後は、夫婦2人暮らしになる人も

多いのではありませんか?

一般的に二人で暮らしている人の食費は何円くらいなのでしょうか?

少しでも節約出来るコツがないか今回はみていこうと思います。

 

1.まとめ買いをする



野菜などの冷凍保存が出来ない食材は別として肉や魚などは特売日に買い込んで


冷凍しておきましょう。


肉は100gを一塊としてラップに包み、魚は1枚ずつラップや袋分けにして保存しておきます。当日に使用する分だけを取り出してなるべく自然解凍を行ないます。


注意しなければならないのは、パックごとの冷凍は避ける事です。


全部がくっついてしまうとパックごと使用しなければなりません。



 

2.買出しは週に一度だけ



初めは購入する量がわからなくても暮らしていく間に1週間にどの程度の食材が必要になるかわかってくると思います。


週に1度だけ大型スーパーなどで本当に二人が必要で食べ切れる分だけを購入します。


どうしても足りない食材だけを近くのスーパーへ買い足しに行くときは余分なお金は


持っていかないようにしましょう。


この時に特売の商品があっても長期間保存が可能な商品か本当に必要なものかを見極める必要があります。



 

3.レシピには要注意



今やネットや雑誌で数多くのレシピが掲載されていて献立を考える時には参考にしている人も多いのではありませんか?


しかもネットならば家にある食材を入力して検索するだけで直にレシピが閲覧できます。


でも、このレシピの中には家に無い食材や調味料が含まれている事も多いはずです。


こういう時こそ腕の見せ所。買い足しをするのではなく、何か代用できる物が無いか考えて


使用してみましょう。


意外と美味しい料理が出来るかもしれません。



 

4.予算を決めておきましょう。



これは家計を守る上では一番肝心なことかもしれません。


食費については、ごちゃ混ぜにならないように、本予算・お米代・はみだし予算の3つに分類するとよいでしょう。


本予算の中には1か月分の食材代をはみだし予算については調味料などを購入する時に


使用します。


もちろんお米代は1ヶ月のお米代だけを袋分けにします。又、どうしても体調が悪くてご飯の準備が出来ない時のためにもはみ出し予算は少し余分に分けておきます。


余れば貯金に回してもいいですね。



 

5.外食は控える



コンビニ弁当・宅配弁当・ファミリーレストラン・ファーストフードとどれも昔と違って味も格別に美味しくなりました。


でも、月に外食の日数が多くなればなるほど計算してみるとかなりの高額になっている事が


わかります。


特に働いている男性も女性も職場での付き合いは毎回毎回断ることは出来ないと思います。こういった外食の時は食費に頼らずに自分のおこづかいの中から行ける範囲でやりくりするのが良いです。



 

6.作りだめをする。



2人分だけのおかずを調理するのではなく出来れば倍の人数分を作って余った分は冷凍庫で保管しておきます。


代表的な料理はカレー・シチュー・ハンバーグなどでしょうか?


カレーやシチューは余ればパスタソースにしたりグラタンのソースに活用出来ますし、


ハンバーグは種からなら肉団子の状態で保存する事も可能です。


アレンジするだけで残り物の食材でも十分におかずの一品になるので食費を使わないで


済みます。



 

7.家計簿をつけましょう。



たくさんの種類が出ている家計簿ですが続ける自信がない人はメモ帳から始めてもいいと思います。


毎日残高とにらめっこしていると嫌気がする事もあると思うので日にちと金額だけ書く事から初めてみませんか?


アンケート的には二人分の食費は2万円前後といわれています。


節約次第ではもっと抑えた金額になるかもしれません。

2014年6月16日

written

by shokunmama


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop