現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月8日更新

iPhoneの付属イヤホンに隠された5つの便利機能

1989 views

アンドロイドからiPhoneに変えました。イヤホンをもらったのですが、あれって便利なんですか?(大学2年・男性)


 

iphoneを購入した際に付いてくる白いイヤホン。

あれ、使っている人ってどれくらいいるんでしょうか。

今は、市販のイヤホンの性能もかなり高くなってきているので、元々これらを使っている人は、お蔵入りという方、中には「え?そんなにあったっけ?」という方も多いのではないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください。あのイヤホン。

実はかなりの優れものなんです。

iphoneで音楽を聴くためにあるものだけじゃもったいない。

実は他の場面でも活躍できるってご存知でしたか?

今回は、このイヤホンの便利な機能をご紹介いたします。

 

iPhone付属のイヤホン

 

 

これが付属のイヤホン。

ケース付きで持ち歩くときも便利ですね。

それぞれのイヤホンヘッドに挟まれているスティック状のものがリモコンです。

これからの説明では、それぞれの場所を上から順に「+」「センターボタン」「−」と表記いたします。

 


1.通話機能



このイヤホンには小型マイクが内蔵されているため、ハンズフリーでの通話が可能です。

音楽を聴いているときに、わざわざiphoneを取り出さずに通話の開始や終了できるのは嬉しい機能です。

<掛かってきた電話に出る>センターボタン1回押し

<通話を切る>  センターボタン1回押し

<電話を拒否する>センターボタン約2秒間長押し

<割り込み通話> センターボタン押し

 


2siriの呼び出し



小型マイクが内蔵されているので、ハンズフリーで操作可能です。

うまく音声認識ができれば、鞄にiphoneを入れたまま、siriで連絡先を呼び出して通話を開始することも可能です。

運転中など、画面を見れない場面で便利に使いこなせるかもしれません。

<起動>ボタン長押し

<終了>ボタン1回押し

 


3.シャッター機能



元々内蔵されたカメラ機能を起動させておけば、イヤホンの「+」ボタンを押す事でカメラのシャッターをきることができます。

画面のシャッターボタンを押すときによくやってしまいがちな手振れもこれなら防げますよね。

複数人で撮るときにも便利です。

ただし、カメラアプリでの使用は出来ません。

 


4.音楽や動画のコントロールが出来る



一番よく知られているイヤホンの機能ではないでしょうか。

早送り、巻き戻しまで使いこなせたらかなり便利です。

<音楽再生および停止>センターボタン1回押し

<次の曲>      センターボタン2回押し

<前の曲>      センターボタン3回押し

<早送り>      センターボタン2回目を長押し

<巻き戻し>     センターボタン3回目を長押し

 

「+」「−」ボタンでは、それぞれ音量が調節できます。

そして、経験したことのある方も多いと思いますが、iphoneはイヤホンが抜けると再生が停止するようになっています。

電車の中や図書館など静かな場所で音楽や動画を再生しているときにイヤホンが抜けてしまっても、この機能がついているおかげで安心です。

 

5.イヤホンの絡み防止



ポケットの中や鞄の中でぐちゃぐちゃに絡まってしまうイヤホン。このほどきに時間を費やした方も多いのではないでしょうか?

付属イヤホンには、この絡み防止がついています。

左右のケーブルをクリップしているクリッパと呼ばれているもの。

これをイヤホンヘッドの方まであげてから収納すると絡みにくいし、ほどきやすくなります。

 

 

どうでしたか?既にご存知の使い方や、今まで知らなかったけれどこれをやったら便利かも!という機能は見つかったでしょうか。

せっかく付属で付いてきてiphoneとも相性抜群のイヤホン。

使わない手はありません。

すぐにこの機能全てを使いこなすのは大変だと思いますが、自分で使えそうな機能があったらどんどん取り入れてみてくださいね。

 

2015年3月8日

written

by きょうこ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop