現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

意外?!実は嫌われる女子の言動7選

3522 views

好かれる女子とそうでない女子っている気がします。どこで分かれるのか知りたいです。(大学1年・女性)


NGを表している女性

© blanche - Fotolia.com
<可愛いし、性格も良いのになんだか男性の評判があまり良くない>


<美人でモテそうなのに、彼氏の話を聞いたことがない>

こんな女性あなたの周りにはいませんか?

それは、女性が意外と知らない男性の本音が関係しているのかも・・・。

本日はその隠れた男心『男性が実は嫌いな女性の特徴』をご紹介。

 

痩せすぎ女子



夏が近づき、モデルのようにスタイルが良くなりたいと、ダイエットにはげむ女性も多いのではないでしょうか?しかし、ダイエットのしすぎは要注意。


確かに、「細くなければ嫌だ。」という男性がいるのも事実ですが、柔らかさやセクシーさを感じることのできる、少しぽっちゃり体型の女性を好む男性のほうがに多いのです。ポッチャリの境目は人それぞれですが、日本人女性平均身長は158cm。


それに対して理想的な体重は51~53kgといわれています。


身長のわりに重くないかと思われがちですが、筋肉もしっかりついていればこれぐらいあって当然。ウエストの平均は63~66cmとも言われています。


筋肉のないプヨプヨの体は締りがなく、同じ体重でも太って見えがち。


体重落とすことに集中せずに、体脂肪を意識してメリハリのあるモテボディになっちゃいましょう。



 

薄っぺらい女子



20代後半の男性に多いのがこの意見。


いくら美人でスタイルが良く、優しくても<かなりの天然><キャピキャピしていて話の内容が薄い><社会情勢に疎い>など、真面目な話をできない薄っぺらい女子は恋愛対象にはならないようです。遊ぶだけの友達ならまだしも、恋人となるとたまに真面目な話を語り合ったりしたい。また、20代後半にもなってくると「結婚」を考える人も少なくありません。その場合、重視するのは若さや可愛さよりも、真面目な話ができるしっかりした女性ということになるのでしょう。


年上の男性に憧れている人は新聞・ニュースもチェックして少し知的なところをアピール


するのも有効です。



 

言いなり女子



好きになればなるほど、彼に嫌われるのが怖くなり、嫌われないように自分の気持ちをおさえ我慢して、彼に合わせてばかりで自分の意見がない言いなり女子になっていませんか?そうすると彼の気持ちは逆に冷めていってしまうのです。


付き合っているのだから自信をもって良いはず。時には彼に少しわがまま言って甘えて見ましょう。わがままを言ってすねてみたりするのも男性のハートをくすぐるのです。


でも、わがままが多くなるとただの自己中女子。


うま~く駆け引きをし彼の心をがっつりつかんじゃいましょう。



 

強烈・肉食女子



先ほどもでてきた恋愛には欠かせない駆け引き。男性へのアプローチの際も「おして・おして・引いてみる」とよく言いますね。ですが、草食男子が増えてきたこの時代、女性のほうがおして・おして・おさないとなかなか前に進まないのが現実。しかし、現代の草食男子はアプローチが激しい女性を苦手とします。男性は基本的に、恋愛が成就するまでの過程をゲーム感覚で楽しんでいます。自分が時間をかけて女性にアピールし、お互いの気持ちがだんだん盛り上がっていくことが大切なのです。


ですが、追いかけられるとその楽しみがなくなってしまう、したがってそういった女性には魅力を感じなくなるのです。



 

レギンス女子



意外と知らないのがこれ。女性のファッションまでちゃんと見てるんですね。


露出が多い、ゴテゴテのネイルなどは定番のがっかりポイントですが、


意外と不評なのが「レギンス」。


足痩せ効果もあるし活用している女性は多いはず。


しかし、男性としては夏のショートパンツにレギンスは暑苦しいと思っているのです。


また、どれだけオシャレでも似合っていないとNGという意見も多い。


モテるためには、自分に似合ったファッションを探すことが大切なようです。



 

ひな壇女子



ノリが良く・明るく元気な女子は男性にモテるもの。


しかし、「明るく・元気」と「うるさい」をはきちがえている女性がいるのかも。


TPOをわきまえず、どこでも声のボリュームが大きい女性や、場を盛り上げようとして手を叩いて笑う・足をばたつかせるなどは幻滅される可能性大。


まるでひな壇の芸人ばりのオーバーリアクションは男性に品のなさを感じさせてしまうかも。



 

喜怒哀楽激しめ女子



喜怒哀楽の激しい人と一緒にいると男性はストレスを感じます。


例をあげてみると、喧嘩して怒っていた女性が急に泣き出す。


楽しく話していたのに急に怒りだす。


彼の何気ない一言にカチンときてこんなことありませんか?


普段から、喜怒哀楽の激しい女性は、感情をうまくコントロールして、彼の前では


極力穏やかに過ごすようにすると、男性のストレスが軽減され関係が続きするかもしれませんね。


以上7つを紹介しましたが、自分にあてはまるものはありましたか?


もちろん、全ての男子がこう思っているとは限りませんが、


この7つを頭の片隅に留めて言動を改めてみると


周りの見る目が変わるかも・・・!?

2014年6月16日

written

by orion28


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop