現在17272個の困ったを解決できます!

2016月5月2日更新

【カンボジア】気になる物価と旅行費用はいくら?

34175 views

物価全般




日本より物価は安いものの、都市によって少し物価の差があります。例えば、観光地であるシェムリアップよりも、首都のプノンペンのほうが高いです。また、買う場所によっても値段が変わります。





例えば、500mlのペットボトルの水1本買うにしてもスーパーや観光地のコンビニに行くと、1本0.25ドル(1000 リエル)ですが地元の小さな商店に行くと500リエル程度ですみます(ただし、冷えていないこともしばしば…)





また、食費なども観光地のど真ん中にあるレストランと地元の屋台では大きく値段が変わります。





食費





Photo byTee La Rosa








旅の予算にもよりますが、観光地の場合は基本的に飲み物付きで1食$10以内ほどです。ローカルの屋台では、飲み物をつけて3ドル前後の予算で食事が出来ます。簡単に食べ物や飲み物の値段をあげておくとこのようになります。





ローカルの物価の場合




屋台のご飯は3000リエルから2ドル前後




ビールの値段は3000リエル前後




500 mlの水の500リエル程度




地元のアイスコーヒー0.5ドル前後





パブストリートや観光地では?




朝食4ドルから5ドルでイングリッシュブレックファースト




フルーツシェークは3ドル前後




コーヒーは2ドル前後




パブストリートでイタリアン料理やその他の外国の料理を食べると、1食7ドル程度から




観光地付近にあるレストランではビールは2ドル前後





ホテル費用





Photo byKim Seng








カンボジアには低価格で宿泊ができるゲストハウスが種類・数豊富にあり、予約なしでも宿泊できることがほとんどです。ゲストハウスの相場は10ドル前後を目安にしてください。安価なゲストハウスも多数ありますが、セキュリティなどの側面から10ドル前後のゲストハウスが無難だと思います。





一方、ホテルだと1泊20ドルから25ドルぐらいのホテルが三ツ星の目安です。高級ホテルもありますので、ちょっと贅沢したい!という方は50ドル以内で4つ星ホテルに宿泊できます。





また、ホテルやゲストハウスの価格の違いはエアコンの有無、Wi-Fiの速度、部屋の清潔度で違いが分かれています。朝食の有無はホテルやゲストハウスによって異なるので、宿泊する前に要確認です。





交通費





Photo byDennis S Hurd








基本的にバイクタクシーも、トゥクトゥクも交渉次第です。交渉が成立してから乗車するように心がけましょう。色んなトゥクトゥクドライバーと交渉するのもいいし、良いドライバーだと思ったら何日かまとめてお願いすることも可能です。





一般的な交通費の目安は




市内からシェムリアップ空港まで片道5〜6ドル




アンコールワット観光で貸し切りで12ドルから15ドル程度




ただし、郊外の遺跡観光に行くと、別に料金がかかります。




トゥクトゥクを1日貸し切りで20ドル程度






遺跡観光





Photo bySacha Fernandez





カンボジア滞在中に必要な経費で一番かかるのが、遺跡観光の費用かもしれません。





アンコールワット入場料は20ドル




クロマーが斡旋しているツアーだと昼食付きで30ドルから




(クロマーマガジンより)




※ツアーに参加せず自分で観光する場合、アンコールワットを始め遺跡内のご飯は観光地価格!なので、胃腸が丈夫な人は屋台で食べ物を購入し、「持ち帰り」にしてもらうとタッパーに詰めてくれます。








いかがでしたか。




日本の物価を考えたら、カンボジアの物価そのものはそれほど高くないですが、場所によって大きく変わります。




値段が固定されているものはどうにも出来ませんが、交通費やお土産は値段の交渉の余地がありますので、チャレンジしてみてください。




ただし、節約しすぎて安全面がおろそかになることの無いようにしましょう。




夜間のトゥクトゥクなどは、多少割高でも夜道を1人で歩く危険性を考えたら支払う価値があるものです。賢く節約して、快適なカンボジアの旅を!



2016年5月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop