現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月15日更新

イギリスとの時差と航空時間について

98 views

時差




イギリスとの時差は9時間で、サマータイム中(3月最終日〜10月最終日)は8時間。

イギリスの方が遅れているので、例えば日本時間の夜8時(9時)がイギリスの正午になる。

電話やスカイプにはこのあたりの時間がちょうどいいといえる。


ちなみに夏の間はとても日が長く、夜9時になってもまだ外は明るい。

日本の夏の夕暮れもいいが、イギリスの夕方はまだ太陽サンサンなので面白い。





航空時間




日本からイギリスへのフライトは約12時間。

機内で2回もしくは3回食事をする感じだ。

意外と遠いと感じるかもしれないが、食事の後で眠れればあっという間、最新映画などを4本見ればもう到着である。

しかもイギリスの方が時差が遅れているので、日本を午前中のうちに出ればイギリスの夕方前には到着、ビールを飲んで食事するのにピッタリの時間だ。




東から西への移動は比較的疲れにくいように感じる。

機内で眠れなかったとしても、ホテルに着いてから眠れば次の日から時差ボケなく動き出せる。





Photo byTrey Ratcliff






機内でのオススメな過ごし方




イギリスに旅行に行こうと思う人に、飲めない人はいないと推測する。

まずはビールを飲んで機内食のあとグッスリ寝るのが1番だ。

そこで日本から持っていくと便利なものを紹介。


まずホットアイマスクと着圧ソックスがあると、眠りの質が上がるのでおすすめだ。

映画を見ながらのんびりするのもいいし、本を読むのもいい。

イギリスについての本を読めばテンションが上がるし、ロンドンの有名スポットを訪れるにしても、歴史をほんの少し知っているだけでもっと感動できる。


また、イギリス王室について少し知っておくと、皮肉にデフォルメされた皇太子のポストカードなどを見て笑うことができる。





Photo byTori Barratt Crane

2015年10月15日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop