現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月8日更新

インドの時差と航空時間

435 views

インドとの時差は3時間30分



日本とインドでは日本が3時間30分早くなります。


例えば日本が現在午後の1時なら、インドは午前9時30分です。



Photo bysandeepachetan.com travel


 



時差ぼけを防ぐには??



欧米ほど距離がないので、時差ぼけがないのでは?と思われがちですが、心構えがない分、意外と時差ぼけにはまってしまいます。


筆者はインドに2年ほど生活していたため日本とインドは何度も往復していますが、あまり楽観しすぎると、なかなか治りませんよ!


 


では時差ぼけはどうしたら防げるかをご説明します。



飛行機の搭乗から時差ぼけ対策は始まっている!



飛行機に乗っている間をいかに過ごすかで時差ぼけ対策は始まっています。


 


フライト中、寝て過ごすのか?機内食は食べるのか?でインドについてからの体調をベストコンディションにできるかどうか変わってきます。


インドは日本に比べ感染症や食中毒など注意が必要な為、ここで体力を温存しましょう。



Photo byEustaquio Santimano


 


 



 インドへのフライトはいろいろ



インドは広大なので、日本人がよく訪れるデリー・ムンバイ・チェンナイ・バンガロールをメインにご説明します。


 


まず日本から直行便があるのはデリーとムンバイ。


どちらも日本からは昼ごろに発ち、インドには夜に到着予定です。


 


フライト時間は約9~10時間と長いのですが、睡眠などはあまりとらず、日本にいるときと変わらない午後の過ごし方をされると良いでしょう。直行便はJALとANAになりますので、日本語で映画など機内エンタメも豊富ですし、お勧めですよ。


 


特に、ムンバイはANAからビジネスジェットがでています。


ほぼ全席ビジネスで、お値段は少しだけ通常のビジネスよりお安め。話のネタにでも一度搭乗されてみてはいかが?


 


また、チェンナイやバンガロールですが、こちらは直行便がありません。


デリーやムンバイからインド国内線に搭乗するか、シンガポール・香港・マレーシア・タイなどで経由します。


 



乗り継ぎが意外とおすすめ



もし、時間に余裕があればシンガポールやタイなどを経由するのもお勧めです。


一番の理由は両替。インド紙幣は近隣諸国を除き海外持ち出し禁止です。


 


よって日本で前もって両替することはできません。さらに、インドの空港、たびたび「ここに現金がない」と言われ両替してくれないことも!(これがインドです。)


 


しかし、インド人が多く就労しているシンガポールやタイ、マレーシアは空港ではほぼ、両替が可能です。筆者もほぼ毎回「もう換えられる紙幣がない」と言われ、シンガポールやタイで何度も交換したことがありますので、時間に余裕があるなら乗り継ぎも悪くないですよ!



トランジットタイムをどう過ごすの?



しかし乗り継ぎの場合面倒なのが乗り継ぎ待ちの時間、いわゆるトランジットタイムです。


 


どうすごしたら良いの?と思われますが、インドへの乗り継ぎがあるシンガポールやタイは空港内もショッピングやマッサージが豊富にあり、また乗り継ぎ者対象のツアーや、空港にホテルが直結しているので、ちょっと街へ旅行に。。ということも可能ですよ!


 


入国カードの宿泊先に「transit」と記入すれば入国できますよ。


乗り継ぎの空港はどれも空港から都心部まで電車がでており、それらも比較的短時間で到着するので、トランジットタイムが半日もある!という方におすすめです。


 


筆者の友人には香港経由での乗り継ぎ時間に香港のディズニーランドに行ったつわものもいますよ。



Photo byUtkarshJha


 


 




まとめ



いかがでしたか?


インドに行くことで一番気をつけたいのはやはり「体調」


 


急激な暑さや、食中毒、はたまた悪い衛生環境から日本人は本当に体調を崩しやすいです。


それを少しでも回避するためにも、時差ボケにならず、リラックスしてフライトタイムを過ごすことをお勧めします!

2014年9月8日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop