現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月16日更新

マレーシアの言語を知っておこう!現地で使えるあいさつ15選

2529 views

マレーシアには主に、マレー系、中国系、インド系の人々が暮らしており、それぞれの言語をもっています。公用語はマレー語と英語でありほとんどの人が英語を話すことができますが、地域等によって英語が話せない人も多くいます。マレー語はインドネシア語とほとんど同じであり、最も簡単な言語と言われています。また英語にかなり近い単語が多いことも特徴です。


ここでは実際に現地で使用できるアレーシアの言語を15個お教えしたいと思います。



Photo byEric Montfort



おはようございます。



Selamat Pagi(セラマッ パギ)



こんにちは。



Selamat tengahari(セラマッ テンガハリ)



こんばんは。



Selamat petang(セラマッ ペタン)



基本的な挨拶ですが、どれもSelamat(セラマッ):安全なという意味の単語から始まります。その後に続く単語はPagi(朝)/tengahari(昼)/petang(夜)の意味があり、もちろんそれぞれだけでも単語として十分通用します。安全な朝であります様に、という意味でSelamat Pagi等と使用します。



お元気ですか?



Apa Khabar(アパ カバル?)



英語で言うHow are you?の意味です。日本では毎日会う方にお元気ですか?とは聞きませんが、マレーシアでは英語と同じ様にApa Khabar?とお互いに聞きあいます。


この様に聞かれた場合、Khabar Baik(カバル バイック)で元気です、の意味となりますが、Bhaikだけで答えても大丈夫です。またはOKやGood等シンプルに答えることもできます。OKやGoodは英語ではありますが、現地の方も日常的に使う言葉ですので、マレー語しか話せない人に使用しても問題ありません。



ありがとう



Terimakasih (テリマカシ)



マレー語のありがとうです。海外に行く際もっとも頻繁に使用する言葉がありがとう、だと思います。もちろんThank youと英語で言っても平気ですが、現地の言葉でありがとう:テリマカシと伝えると更に喜んでもらえる事は間違いありません。



どういたしまして



Sama-Sama(サマサマ)



ありがとう、と逆に言われた時に、Sama-Sama(どういたしまして)と答えましょう。


マレー語の特徴はシンプルな言葉である事と同時に繰り返す言葉が多いことも特徴です。Sama(サマ)だけで「同じ」という意味があります。Sama-Samaで「同じ同じ」=お互い様です/どういたしましての意味合いになります。



はい/いいえ



Ya/Tidak(ヤ/ティダック)



英語でもYesとカジュアルに伝える時、Yah(ヤー)ということがありますが、マレー語も同じです。Ya(ヤ)のシンプルな言葉ではいの意味があります。逆にいいえといいたい時は、Tidak(ティダック)、このクの部分は聞き取れないほどの小さな音で発音しますが、これでいいえ、の意味となります。否定の意味をもった文で話すときには、頭にこのTidak~という風に使うことができます。日本語では~ではありません、と最後に否定をしますが、マレー語では頭の部分で使用します。



お兄さん/お姉さん



Abang/Kakak(アバング/カカック)



マレー語では年上の男性をAbang、年上の女性をKakakと呼びます。親しい間柄であれば、Abang~と名前を続ける事が多いです。お兄さん、お姉さんではありますが自分より年上の人に対した尊敬の意味を表しています。また店員さんを呼ぶ時は一般的に尊敬の意味を込めて「Abang」や「Kakak」と呼びかけにも使います。



可能ですか?



Boleh~(ボレー)?



英語で言うCan~?にあたります。Boleh Pinjam(ボレ ピンジャム)~で~を借りてもいいですか?という質問文になりますし、答える時もBoleh一言で(いいですよ)の意味となります。ここでも現地の人はBoleh Boleh(ボレボレ)と繰り返して使用することも多いです。



ありますか?いますか?



Ada~(アダ)



このAdaは英語でいうHaveの意味合いです。ものに対してだけでなく、人に対しても使用できます。Ada orang Japun?(アダ オラン ジャプン?)で日本人はいますか?の意味がいとなります。余談ですが、このOrangは人を表しており、Orang(人) utan(ウータン:森)で、動物のオラウータンはもともとマレー語の森の人という意味が語源と言われています。 Ada Orangutan? でオランウータンはいますか?と尋ねる事ができます。もしいる場合は「Ada(いますよ)」と答えてくれるはずです。



どこですか?



Di Mana~? (ディ マナ)



英語でいうWhereです。~はどこですか?の意味があります。例えばトイレを探している時には、Tandas(タンダス:トイレの意味)を付けて、Di Mana Tandas?でトイレはどこですか?と聞くことができます。



いくらですか?



Berapa~?(ベラパ)



英語でいうHow many?に該当します。お店で値段を聞くときberapa?だけで「おいくらですか?」と尋ねる事ができます。または先ほど述べた人を表すorangと合わせて「Berapa orang~」で何人ですか?の意味となります。Berapa hairini(日)で何日、と単位を表すときにも使います。



欲しい



Mahu(まふ)



例えばレストランで、これをくださいという時にはSaya(サヤ:私はの意味)mahu ~と言います。指をさしながらSaya mahu ini(イニ:これの意味)と言えばこれをください、の意味になります。または先ほど述べた様にTidak/いいえと合わせてTidak mahu(ティダック マフ)でほしくありません、の意味です。何かしつこく勧められる様な場面にでくわした場合はTidak mahuと言って断りましょう。



好き



Suka(スカ)



Saya suka~で私は~が好きですの意味となります。何かを食べておいしいと伝える際にSaya suka ini(サヤ スカ イニ):これが好きですと伝えることでおいしいと伝える事と同じ意味になります。またはここでも先ほど述べた様にtidak suka~(ティダック スカ)~で好きではありません、の意味となります。しつこく勧められた時や好みではない時はこの方法で気持ちを伝えましょう。



話す



Cakap~(チャカップ)



Cakapで話すの意味です。Cakap japunで日本語を話す、の意味となりますし、先ほど述べたboleh(ボレ)と合わせてboleh cakap English?で英語を話せますか?又はAda orang boleh cakap japun?(アダ オラング ボレ チャカップ ジャプン?)で日本語を話す人はいますか?となります。逆にここでも否定形のTidak(ティダック)と合わせてTidak boleh cakapで~を話せません、の意味です。日本語はJapun(ジャプン)ですが、マレー語はBahasa Malayu(バハサ マラユ)と言います。もしマレー語で話しかけられたらTidak boleh cakap bahasa malayu:マレー語を話せません、と言いましょう。



助けて



Tolong~(トロング)



英語でいうHelpにあたります。Tolog!(トロング)と叫べば大変な状況下である時にもつかえます。しかしTolong~は英語のpleaseの意味としても使います。Tolong cepat(チュパット)で急いでください、等英語のpleaseと同じ意味です。余談ですが、このcepat(チュパット)も急いでいる時にはCepat Cepat!と繰り返して使います。前にも述べた様にマレー語は繰り返す単語が多く、またおっとりとした国民性の為、こちらから思わず早く早く!とお願いすることもあります。




泥棒!



Pencuri(プンチュリ)



マレーシアで最も多い犯罪がひったくりです。バイクの2人乗りが近付いてきたら注意をしましょう。たいていは女性のハンドバッグが狙われる事が多く、脇に抱えるタイプのバッグでもひったくりの被害に合う人はかなり多いのです。その為もしひったくりの被害に合った場合にはPencuri!(プンチュリ!:泥棒!)と大声で叫びましょう。


もちろん旅先で何もないことが一番ですが、万が一の為、覚えておきたい言葉の一つです。



Photo byEric Teoh


いかがでしたでしょうか。マレーシアの国民性はとても親日家であり、フレンドリーです。こちらからマレー語で話しかければ笑顔で返してくれ喜んでくれること間違いありません。しかし、観光客を狙った置き引きやひったくりの被害は後を絶ちません。必ず街を歩くときには注意しながらマレーシアを楽しんでください。

2014年8月16日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop