現在17272個の困ったを解決できます!

2017月2月17日更新

マレーシア・クアラルンプールの物価と旅行予算の目安まとめ

184406 views

マレーシア旅行を考えているのですが、物価が安くて買い物がお得と言うのは本当ですか?(大学3年生・男性)

物価が安く、安価で旅行ができるというイメージのマレーシア。


でも実際にマレーシアの物価や消費税、実際にかかる費用はどれくらいなんだろう?


どれくらいを目安に両替したらいいんだろう?と思う方に、マレーシア旅行でかかるホテルの平均金額や交通費についてお教えします。














物価


一般的に物価は日本の1/3と言われています。


しかしすべての物が安いわけではありません。


ムスリムを国教と定めている為、仏教徒の多い中国系やヒンズー教・キリスト教であるインド系の人口も多いですが、


ムスリムでは基本的に飲酒が禁じられている為お酒を入手しにくい場所もあり、また酒類の値段は日本とそれほど変わりません。




消費税は物品税とサービス税に分けられますが、どちらも6%です。


物品税は日本で言ういわゆる消費税ですが、サービス税はバーや私立病院、コンサルタント等のサービスに対しても支払うもので、こちらも6%です。




交通費


交通費は観光場所によって違いますが、KL内を観光するのであれば、徒歩でも十分観光 が楽しめると思います。




例えば、KL内で最も有名なエリアはSuria KLCC(ツインタワー)、Pavillion(パビリオン)、ブキビンタンエリアと言えますが、それぞれ徒歩でも20分位の所にあります。


その他ではタクシー、バス、鉄道(モノレール)が有ります。


日本の様にすべてが発展 して便利ではないので、行き先によってどれが便利かが分かれています。


『タクシー』


加算されるシステムですが、街中に待機しているバジェットタクシーはほとんど交渉性であることが現実です。


また場所によっては断られることもありますので乗車前に必ず行 き先と、メーターを使用するのか、もしメーターを使用しない場合はいくらかを聞いて下さい。


ブルータクシーはほとんどがメーター制で 初乗り料金RM6は初乗り料金はかかりますが、それでもき れいで交渉等の必要がなく便利です。


タクシーで20分くらいの距離の場所であればRM10-15(450円から500円)が基本的な目安です。


ホテルの前から乗り、メーターが使用されない場合は大体の目安をホテルの方に訪ねて 下さい。


ショッピングモールや大きな駅の前にはスタンドがあり、そこで行き先を告げてチケットを購入してから乗車します。


料金も一定 なのでスタンドがある場所から乗車するのが一番便利です。遠出する際の目安としては、以下の通りです。




※キャメロンハイランド:3時間半から4時間/RM200


※ゲンティン・ハイランド:約1時間/RM100


※KL国際空港(KLIA):1時間/RM70-90






『KLモノレール』


KLセントラル駅を始発にブキビンタンの方まで 出かける際は利用できますが路線が少ないのであまり便利とは言えません。


KLセントラル(長距離バス等の乗り場があるメ ンイ駅)からブキビンタン(KLの繁華街)までは約10分、料金はRM2.10ですのでかなり安く、また本数も5-10分に一本あります。車内は比較的きれいで冷房も効いています





『KTM』


例えば少し遠出をしてマラッカまで行きたい時等には、KTMを使う方法もあります。


車内はかなりきれいで冷房も効いています。


料金は大体RM15-20、そこからはバスで約RM10でメンイの観光地まで辿りつけます。


しかし マレーシアの鉄道は時間通りに運行される事がかなりすくないため、時間に余裕をもって計画されることをお勧めします







『長距離バス』


マラッカやペナン、シンガポール等へは長距離バスが出ています。


時間はかかりますが意外と広くきれいなの が特徴です。


例えばKLからペナン行のバスは7時間程かかりますがRM20-30、マラッカへは2時間程で料金はRM10、シンガポールへは安めのバジェットバスでRM30程度~、それぞれバス会社によって異なりま す。


これらは飛行機のエコノミー程度の広さで社内もあまりきれいとは言えませんが現地の方は大変多く利用しています。


シンガポールへ行 く際はRM100程度のバスに乗ると足を延ばしてかなり広々 とした一人用の座席があり、7時間の度も意外と快適です。




ホテル費用の相場


高級ホテル(5スターと言われるホテル)がクアラルンプールのブキビンタンやKLCCツインタワーエリアにはたくさん並んでいます。


相場としてはスタンダードな部屋であればRM350-500(日本円で1万2千円位~1万6千円位)で宿泊できるのが一般的なホテルの 相場です。




ここで気を付けたいのは、料金に++(プラスプラス)が付いた時の価格です。


+(国で定められているサービス税:6%)と+(ホテルのサービス税:10%)が別途換算されます。


つまり、RM350++と書かれている場合は実際にはRM408.1nett(税込)がかかる意味合いとなります。




また、ホテル によってはクラブラウンジのアクセス付の部屋に宿泊した場合、RM400-RM500(1万2千円~1万5千円)位の値段で朝食のみでなくお昼のスナック、夜のカクテルがついてくる部屋もありますので日本で はなかなか体験できないラグジュアリーな体験を格安の値段でできることも特徴です。


クアラルンプールのホテルでは日本人下種サービス が駐在していることが多く、困った時には日本語を話せるスタッフを頼みましょう。


部屋によって、KLCC(ツインタワー)が見える部屋等景色によって料金がRM100~RM150上乗せされます。








食費(チップ)


食費はどこで食事をするかによって相場が大きく異なります。


例えばホテル内ですと予算が一人当たりRM100~200(3000円から6000円)が妥当です。


ホテルの場合はサービス料の10%が料金に含まれていますので別途チップを 渡すことは必ずしも必要とはいえません。




しかしながら良いサービスをしてもらったと思った場合には心づけ程度に渡すとスマートでしょ う。


この場合も欧米の様に全体の料金の15%等と決まりはなく、RM10をそっと渡す等で十分です。




レストランの場合


外のきれいなレストランで食事をする場合もRM100~RM200(3000円~6000円)の予算を見ておきましょう。


レストランと 言ってもお酒を飲むか否か、またどういったレストランで食事をするかによって予算は異なりますので目安にして下さい。


ショーを見なが ら食事ができる伝統的なレストランや伝統的なマレー料理を出すお店だとマレー料理を頂ける場所もありますが、ローカルフードと呼ばれる料理はママックと呼ばれるエアコンのない大衆レストランが多いのが特徴です。


ママックとはインド系の方でイスラム教に改宗した人の ことを指し、オープンスペースのレストラン(食堂)で甘い紅茶の「テタリック」や「ロティチャナイ」というパンの様な生地をちぎって カレーにつけて頂くもの等が人気で、マレー料理とインド料理がミックスされた様な特徴の料理が格安で頂けます。


これらを合わせて頼ん でもRM10(300円)の予算で十分でしょう。


現地の 方にとっては食事というよりスナックで、マレーシアの方はHow are you?(お元 気ですか)と同じ感覚でSudah makan?(ご飯を食べましたか?)と聞きあいます。


食事回数が多い文化があると言えます。
ちなみに、この問いかけに対する返事の意味性は高くなく、一緒に行こうと誘うのとは少し違う感覚のようです。
もし言われたら気楽に返しておきましょう。




屋台の場合


また、屋台で食事してみるのも面白いと思います。


もっとも有名なJalan Alor(ジャラン アロー)は通りすべてに屋台の料理が並び、ローカルな人々も観光客もこの 通りに簡易的な席を並べた席で食事をする姿を見かけます。


一皿RM5~RM10(150円から300円)で、写真付きのメニューを用意している店も あるので、好きなものを頼んでシェアしてみましょう。


ここでの予算は一人約RM30(1000円程度)です。


この通りであれば英語が通じるお店も多いので安心して食事ができると思います。


こういったお店でも 特段チップは絶対ではありません。


お釣りを断ったり、少し多めに(RM5位)渡すので十分ですし、また渡さないとルール違反になる様な事はありません。







全体旅行費用


例えば2名で2泊3日の旅行をされる場合の予算をご紹介したいと思います。




空港からホテル(タクシー):RM75(2250円)


ホテル代2泊:RM450X2=RM900(27000円)


到着日の食事:ホテル内レストラン:RM200X2名=RM400(12000円)




一日目(ブキビンタンエリアでお買い物)


ホテル⇒タクシーでツインタワーへ移動(RM10:300円)⇒ツインタワーを観光⇒タクシーでチャ イナタウンへ(RM15:450円)⇒チャイナタウンで昼食RM15/人(RM30:900円)⇒タクシーで最大のショッピングモールPavillionへ(RM15:450円)⇒買い物とブキビンタンエリアを徒歩で 散策⇒夕食はJalan Alorの屋台街で(RM30/人:900円)⇒ホテルまでタクシーで(RM10:300円)




二日目(マラッカ日帰り)


ホテルからタクシーでマラッカへ(RM250:7500円)⇒マラッカを徒歩で散策⇒昼食は有名なチキンライスをRM15/人(450円/人)⇒自転車タクシーを貸切観光(RM40/時間:1200円/時間)⇒カフェで一休み、甘いテタリックをRM5(150円)⇒タクシーでKLへ(RM250:7500円)⇒夕食はダンスショーを見ながら頂けるバイキングへRM100/人(3000円)⇒ホテルまで徒歩で




三日目(スパ)


時間があるので朝はPavillionで映画鑑賞(RM10/人:300円)⇒昼食はカフェで軽めに(RM15/人:450円)⇒ホテル内のスパを堪能(RM300/人:9000円)⇒ホテル出発、空港へRM75(2250円)。




合計:89250円(2名分2泊3日)




RM1-30円で計算しています。


買い物代等は含んではいませんし、またホテルの代金はデポジット(補償金)もチェックイン時に必要となり ますのでその場合はクレジットカードが便利です(カードは実際の支払い時までチャージはされません)。


ですので、クレジットカードをうまく使い、現金を両替しすぎない様にしましょう。


ホテルで予約してもらったタクシーの場合は代金を部屋づけにすることもできますので、ホテル内の施設、ス パ、ホテル内の飲食、ホテルから予約してもらったタクシー代(空港送迎含む)等はすべて部屋づけにしてチェックアウト時に一括支払い も可能です。






いかがでしたでしょうか?


上記を目安にステキな旅を楽しんでください。
普段日本ではできないことも、おもい切って楽しんでみてくださいね。




ここでは物価や交通費についてご説明しましたが、旅行作でたっぷりと観光やお買い物を楽しみたい方は、航空券やホテル代で節約するのも一つの手です。


航空券やホテルの予約はまだ!という方は、近頃はネット予約の方が旅行代理店を訪れるよりも楽な場合が多いですからおすすめします。航空券なら、スカイチケットなどの格安航空券購入サイトや、ホテル探しならエクスペディアなどの格安ホテル検索サイトなどを活用するのが便利ですよ。




みなさんの旅が素敵なものになりますように!






2017年2月17日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop