現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月9日更新

知ってる?マレーシアとの時差と航空時間

8199 views

マレーシアまで何時間かかるのか、そして時差はあるの?という疑問をここで解決したいと思います。



時差



時差についてですが、マレーシアにはサマータイムもなく、時差も日本と一時間違いです。(日本の方が一時 間早い)


ですので現地到着後に時差に苦しんだりすることはほとんどありません。



航空時間



マレーシアへはマレーシア航空と日本航空が成田と関西空港から毎日出航しています。


関西⇔コタキナバルの直行便は以前は出航していましたが、今は出航してない様です。


成田からクアラルンプール(KL)までは約7時間半、関西空港からKLまでは約6時間45分です。


ランカウィやペナンまで行く場合は、KLで乗り継ぎます。


いずれも約1時間です。KLからコタキナバルまでは2時間30のフライ トです。


 


クアラルンプール国際空港(KLIA)からローコストターミナル(LCCT)までは離れていますので、もし国内線はエアアジア等を使用する場合はかならず時間に余裕をもって計画を 立てて下さい。バスが出ていますが約15分位で料金もRM15位です。


KLにつくと、街中まではタクシーで約1時間か ら1時間半です。


 


時差が1時間しかなく、毎日夕方には着く便が成田や関西空港から出ていますので比較的アクセスしやすい観光地と言えます。ぜひ、こんなアクセスしやすいリゾートであるマレーシアを楽しんでください。

Photo byJustin griffiths


 




気候



まずマレーシアと言っても首都のクアラルンプール、またはリゾート地であるランカウィ、ペナン、東マレー シアでリゾートのコタキナバルが観光地として人気です。


常夏のマレーシアは東マレーシアとKLやペナン等の島々で若干の気温差などはある ものの、一年を通してそれほどの気温差や年平均に差もなく特に観光に向かないシーズなどはありません。


 


首都のクアラルンプール(KL)を例に挙げると、一年を通じて27-33度の気候であり、雨季は11-2月と言われていますが、夕方ころにざっと雨 が降ります。(スコール)しかし1-2時間ですぐ止むのが特徴です。このスコールは短時間ではありますが結構な雨量がありますので、 降り始めたらどこかで雨宿り等をしてください。そうしている間に雨もやみ、また晴れ間が見える事と思います。日本の様に一日中降り続 く様なことはめったにありません。


 


雨季の時期は、雨が上がると日本の夏の夕立の様に若干涼しく過ごしやすくなるのですが、常夏のマレーシア の現地の方々は「涼しい」「今日は寒い」等と表現するので面白い所です。しかし、マレーシアの昼間は最高気温33度前後に加えて日差しが強く、また湿度も70-80%と高めです。その為か体感温度としては もっと高い様に感じられます。


デパートやショッピングモール、映画館等は冷房がかかっていますが、逆に寒い位です。


 


その為映画(マレーシアでは映画が娯楽の中では特に人気です。日本よりもずっと早く公開されます。料金も 一人RM10(350円程度)です。)を見る際には羽織 るものを忘れず持って行くことをお勧めします。


ショッピングモール等の室内と外気の気温差が大きいので体調を崩さない様に注意してください。特にスコー ル等にあい濡れてしまったままモールに入ると大変寒く、風邪をひいてしまうこともあるくらいですので、観光する際には念のため折り畳 み傘を常備するといいでしょう。



Photo bydidiz rushdi


 

2014年9月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop