現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月1日更新

マレーシアの治安情報~巻き込まれやすい犯罪6選~

1314 views

マレーシアは東南アジアでは比較的治安の良い土地ではありますが日本に比べると安全とは言えません。特に日本人は裕福というイメージとまた警戒心が薄いと思われがちである為、狙われやすいと言えます。


マレーシアには中国系の民族が多いので一見では分からないのですが、旅先での解放感からより警戒心が薄くなったりまた旅先での服装にも注意してください。日本と同じ様にオシャレをされることは悪いことではありませんが、より「観光客」である事が分かり狙われやすくなります。


ここでは巻き込まれやすい犯罪を6つ紹介します。



置き引き



これはかなり多い犯罪です。大体はグループで行われ、数名に話しかけられている間に隣の席においていた鞄等が盗まれる場合が多いです。また、デジカメやスマートフォン、ノートパソコン等は現地では高級品です。安易に少しの間席を立つだけだからとそのまま机の上に置いたまま席を立つことは日本と違い大変危険です。少し席を立つときでも必ず私物は持ち歩く様にしてください。



Photo byMelosh



ひったくり



これはマレーシアで起こる犯罪の中でも最も被害合いやすい犯罪と言えます。マレーシアでは交通機関がそれほど発達していない為車やバイクを使用する人が大変多いです。主に2人乗りのバイクが後ろから近づき歩道の隣を通り過ぎる際にハンドバックをひったくられるという被害が多発しています。


被害は昼夜を問いませんが、やはり特に多いのが夕方から夜にかけての時間帯です。後ろからバイクが近付いてきた場合は必ず警戒し、また同時に鞄は道路側には絶対出さない様にしてください。もしひったくりにあってしまった場合、滞在しているホテルの方に事情を話し警察に届け出てもらいますが、それでも失くしたものが返って来る確率はかなり低いので、滞在中の貴重品管理は特に気を付けたい所です。



Photo byWhere Is Your Toothbrush?



ホテルの室内荒らし



5つ星ホテルと言われている場所でも、部屋に戻ってみると部屋の中のものがすべてぬすまれていたという犯罪が起こることがあります。犯人はフロントで「鍵をなくしたから再発行してほしい」とあたらしい鍵を入手したり、または部屋の清掃中にあたかも自分の部屋の様にスタッフに近づきそのまま部屋のものを盗む手口の様です。


ホテルだからと言って安心はせず、かならず部屋の中に備え付けのセキュリティボックスを使用するか、またはパスポート等はコピーを持ち歩き、フロントにあるセキュリティボックスに預ける様にしてください。フロントは24時間人が駐在しており、またフロント専用のマスターキーとそれに個々のボックス用の鍵がないと開きませんので一番安心と言えます。


過去にはホテルのバレットパーキングに預けていた超高級車が盗まれたケースもあり、高級ホテルだからと言って安心は禁物です。



Photo byConnie Ma



クレジットカード偽造



クレジットカードを一度使用するとそこで番号を読み取る機械を使用され、知らないところでクレジットカードが利用されている様な詐欺が発生しています。まず、第一にむやみにカードの使用をしない事です。


空港やデパート、ホテル等はある程度安心ですが、小さなお店ややたらと店員の方からカードの使用を勧めてくる場所では警戒してください。


カードの番号を読み取る機械を付けられている恐れがあります。または、カードを渡すとその場を離れ、カードを持ったままどこか別の部屋に行こうとされる場合なども注意してください。目の前で金額を確認しながらカードが使用できる場所でのみ、カードでの支払いをする様注意してください。



Photo byConsumerist Dot Com



いかさま賭博



日本人は警戒心が薄くまた断る事が苦手だというイメージを持たれているので、この手の詐欺の被害者は後を絶ちません。手口としては観光中に「日本人ですか?」と話しかけられ、自分は日本語を勉強したい、とか知り合いが日本にいる、とか日本が大好きでぜひ家に招きたい等色々な言いまわしで警戒心を解き、自宅等に招きます。


自宅に招かれるとお酒や食べ物が振舞われ、やがてカジノでの賭け方、儲け方を教えるといった話になります。結果として現金やカメラ等持っている金目のものをすべて賭けさせられとられてしまうといった様な詐欺です。


確かにマレーシアには親日家の方が多く日本語を教えてほしいとか、兄弟が日本に留学するから知り合いになりたい、等嘘ではなくそういった境遇の方がいるのも事実です。しかし、一旦信じて家に行ってしまった場合、もう全財産を渡さない限り抜け出せない、といったことになりかねません。当たり前のことですが、知らない人に話しかけられ、どんなにフレンドリーでも絶対警戒心をもって接してください。家に招かれる様な事があっても、絶対信頼できる人でない限り簡単にはいかないでください。



Photo byImages Money




後ろを付けてこられての盗難



犯罪の中でも盗難が多いマレーシアですが、単にひったくりや置き引きだけではなく、後ろをつけてこられての盗難も多くあります。


特に街中では常に人でにぎわっていて、また交通量も多い場所だと大変騒々しいので後ろをつけられていたり、またはバイクが近付いてきていても気づきにくいかもしれません。しかし盗難の犯罪者は狙いやすい観光客、特に女性を狙い襲いやすい場所まで後ろをそっとつけてきます。人通りの多い場所を抜けて、ホテルのすぐ近くの場所や少し人通りが少ない通りまで来ると急に後ろからひったくられ犯人が逃走する様な犯罪の手口です。


何より人通りが多くまた屋台や小さいお店だと扉などがないオープンな作りが多いマレーシアですので通りが大変にぎやかでこういった犯罪が起こりやすいのです。またはわざと後ろをつけて人通りが多い通りまで来ると、そこでスリを働き、こちらが気づかないこともあります。



Photo byWhere Is Your Toothbrush?


マレーシアは比較的治安は良いですが、だからと言って開放的になるのは大変危険です。街中を歩くときは必ず周囲の音や様子などにも気を付けて歩く様にしてください。


特にもっともあいやすいと思われる犯罪である「スリ」や「ひったくり」は自分は旅慣れているから大丈夫と思っていても、現地ではかなり身近な犯罪なのです。


旅先だからこそ気を抜かず、安全な旅を楽しんでください。

2014年8月1日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop