現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月18日更新

トルコの言語って何だろう?覚えておきたい挨拶10選

81 views

ここでは旅行の時に知っていると便利なトルコ語を紹介します。カタカナで読んでもそのままトルコ人に伝わるように記載しています。ついでに可能な限りのボディーランゲージも記載していますのでぜひ役立ててください。



Photo byCharles Roffey



ベン(私)



日本語の方便とかのベンと全く同じアクセントで伝わります、両手の手のひらを上に向けてその両手でみぞおちのあたりを差すとトルコ語のボディーランゲージで私となります。



イイ(良い)



驚きの日本語と全く同じ発音に同じ意味!ボディーランゲージは英語と同じくグッドと拳を握りしめて親指を突き出せば大丈夫!トルコ人もかなりの人がこの内容を知っているので言うとかなり喜んでくれます。



イステミヨルン(要りません)



いいえ、だけだとトルコのしつこい客引きを断り切れません、なのでここははっきりことわるためにもこの言葉を覚えましょう。さらにトルコだけのボディーランゲージを覚えれば客引きもあっさり引き下がります!顎を引いて下から上へ突き出すように、アイーンとやって手を添えず口を閉じましょう。そうすれば客引きもやや悪態をつきながらも退散して行きます。特に無礼とか大きな問題になるとかはなりませんのでご心配なく。



ラーズン(必要です)



本当は「要りません」の反対に「要ります」を載せたいんですがこちらは少々発音が難しいので同じように伝わるこちらの言葉を載せます。言い方としては干しぶどうのレーズンをラに変えるだけ。食べ物・飲み物・買い物・どんな状況でも指差しながら「ラーズン」と言えば欲しがっていることが伝わりますので簡単で重宝する言葉です。



ジャポン(日本)



日本人と言いたいときは、自分だけなのか、周りも含めてなのかで少々違ってくるのでここでは国名のみ記載します。英語と微妙に違うのが気になるがどうもロシア語やヨーロッパの各言語と混ざった結果ジャポンで落ち着いたらしい、先述の 私 のボディーランゲージと併せて使うとさらに効果的。



パラ(お金)



日本語の発音だと「雨がパラパラ降ってくる」「パラパラとページがめくれた」のような感じで話すと伝わりやすい。親指で中指と人差し指の先端をこするような仕草がボディーランゲージ。



イムダット(助けて!)



これは「手伝ってください」という意味を含む助けてではなく、火事だ!とか 襲われている!とかの状況の時に使うトルコ語。この言葉を大きな声で言ってしまうと、警官や警備員、憲兵隊が来るのでよほどの状況ではないかぎり使わないようにしましょう。



ス(水)



とにかく日差しがきついトルコ。日本のように湿度を含んでいないのでじっとしていればそこまで暑さは感じないもののとにかく雲が全く無いので直射日光の照り付けが非常にきつく感じる。こまめに水分補給しないと日射病・熱中症にかかってしまうので要注意。トルコ語の「水」は日本語だと「お酢」と言う時の「ス」のアクセントと同じ、単に「ス、ス」と連呼してまうと伝わらないこともあるのでそんなときは「お酢」と言うつもりで「お」を小さく発音してみると伝わりやすいです。



メルハバ(こんにちは、どうも)



全時間帯で使える非常に便利なあいさつ。昼夜を問わず、使えるし、お店に入っていくとき等にも言いながら入るだけで従業員さんの対応も全然違ってくる。全く同じ意味として「セラーム」という言葉もあるがこちらは語源がアラビア語なのでやはりトルコでは「メルハバ」のほうが好まれます。



エイバッラ(ありがとう)



一般的にはテシェキュレデリムかサーオルのほうが有名だが、中々音では覚えにくい。そこで日本人にはなじみが深い焼肉のたれ○バラにそっくりな「ありがとう」があります。「バ」と「ラ」の間に小さなッを入れるように発音するとより伝わりやすいです。ただし、目上の人に使っていいような言葉ではありませんので状況は使い分けましょう。




まとめ



全アルファベット内に幾つかトルコ語固有の文字もあるためやや難しそうに見えるものの、発音は全て日本語のローマ字読みと全く同じ。さらに、文法が日本語と同じなので習得するには全然時間がかからない遠くて近いトルコ語!旅行で使って伝わったら、今度は本格的に勉強するものいいかもしれません。



Photo byCharles Roffey
 


 

2014年8月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop