現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月9日更新

イギリスの物価と旅行予算ってどれくらいなんだろう?

35058 views

世界でも有数の物価高の国であるイギリス、最近の円安も加味されてますます、旅行するにも、生活するにもお金がかかるのは間違いありません。VAT(消費税)も20パーセントと日本よりもはるかに高く、イギリス市民の生活を圧迫しています。


 


このページでは、そのようなイギリスの物価と、旅行の予算がどれくらいかかるのかまとめてみます。



物価



 一言で言うとなんでも高いです。VAT(消費税)20パーセントや、円安の影響を受けているので、日本から来た人は、あまりの高さに驚かれることでしょう。例えばロンドン市内だと、家賃が1ヶ月で2DK25万~40万円くらいします。


 


イギリスで生活しているならば、食費や光熱費など、節約できるところもありますが、旅行となると交通費、ホテル代、外食費など節約できない部分もあるので、想像以上に出費がかさむかもしれません。


 


とはいえ、あまりにケチケチした旅行もしたくないので、出費を抑えて、賢く旅行できるヒントもこれから紹介します。



Photo byKurt



交通費



 毎年、毎年値上がりしている交通費にうんざりしているロンドン市民も少なくありません。例えば、ロンドン地下鉄はゾーンによって値段が変わりますが、観光地が集まっているゾーン1の初乗り料金は£4.7(800円)します。


 


ですから、観光地をまわって一日5回でも乗ろうものなら4000円もかかってしまうということです。そこで利用したいのがOyster Cardと呼ばれるカードです。このサイトで申し込まれると、(http://visitorshop.tfl.gov.uk/oystercard/product/oyster-card.html)日本の住所に送ってもらえますが、このカードを使うと、ゾーン1の初乗り料金が£2.2(375円)と通常の半額以下になり、しかもなんと一日の上限が£8.4(1430円)と大変お得です。


 


また、今年の7月6日より、2階建てで有名なロンドンバスは現金で乗車することができなくなりますが、Oyster Cardを持っているなら乗車することができます。



Photo byndl642m



宿泊費



 世界的な観光地であるロンドンのホテルの数はたくさんありますが、どれも高いと言わざるを得ません。旅行会社のパックツアーを利用するのが、一番安いと思います。


個人で申し込まれる場合、最も安い時期に安いホテルで1泊6000円くらいからありますが、4つ星以上のクラスに泊まるなら最低でも1泊2万円はかかります。


 


とはいえ、コッツウォルッズや湖水地方、スコットランドなどの地方に行かれる方はこのサイト(http://www.farmstay.co.uk/)を参考にしてください。


イギリスのファーム(農場)に宿泊するというものですが、このサイトに出ているベッドアンドブレックファストはどれもリーズナブルですし、本当の古き良きイギリスの生活を体験できると思います。



Photo byTony Hisgett




食費



 イギリスの食事はまずいというのは昔の話、特に人種のるつぼでもあるロンドンは、いろいろなジャンルの美味しいレストランが星の数ほどあります。とはいえ、共通するのは高いということです。


 


最も安い部類のパブでも、夕食に二人で飲み物も合わせて£30(5100円)は下らないでしょう。特にロンドンの中心部は観光客向けの高いだけのお店が多いです。リーズナブルに美味しいものを食べたいならば、できるだけ観光地化されていないところで食べることをお勧めします。


また観光地でも、エンジェルやカムデンなどのエリアにはリーズナブルで美味しいお店が集まっています。


 


日本にはないチップに関してですが、ランチでは、高級ホテルとかを除いては渡す必要はないと思います。ディナーの場合は、決まりはありませんが、会計時にお釣りをもらわないで帰るという方が多いです。


 


例えば支払いが£47だった場合は、£50をテーブルに置いて帰ったり、クレジットカードで£95を支払う場合は、£100とマシンに打ち込んだりという具合です。



Photo byjim crossley


 


 


さて、物価の高いイギリスでかかりそうな費用を交通費、宿泊費、食費に分けて説明してきましたが、まとめますと、1日安くて1万円くらい(宿泊費6000円、交通費1000円、食費3000円)から、高くて1日5万円くらい(宿泊費4万円、交通費3000円、食費7000円)かかると思います。


もちろんこれにお土産代、観光代(観光施設入館料、アフタヌーンティ代、ミュージカルチケット代など)もプラスされることでしょう。ぜひ物価高のイギリスでも、賢く、旅行を楽しんでいただければと思います。


 

2014年9月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop