現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月9日更新

アメリカ治安情報・私たちが気をつけるべきこと7選

8295 views

アメリカといえば日本より治安が悪いという印象がありますが、以下のことに気をつければ安全に観光できますよ。ここではいくつかのポイントに分けて説明していきたいと思います。



治安の悪そうな地域に入らない



まずアメリカには、同じ都市内に治安の良い場所と悪い場所があるので、一言だけでこの都市は安全とか危険とは言いにくいでしょう。一般的に治安が悪いと言われている都市は、危険な地域の割合が多いという認識が良いかもしれません。例えば、アメリカで最も危険な都市デトロイトだとしても、乗り換えのために空港内にいるだけならそれほど心配することはありません。


 


治安の悪い地域の特徴は、人通りが少ない、落書きがたくさんあるなどです。さらに民家の窓やドアなどに厳重に鉄格子がはめられている地域はとくに要注意なので、もし間違って入ってしまったら、すぐに引き返した方がいいでしょう。道を一本先に行くだけでも、ずいぶんと街の雰囲気が変わることがよくあります。歩いて観光するときには、常に街の雰囲気に注意してくださいね。



Photo bymemories_by_mike



深夜に出歩かない



仮に治安の良い地域とはいえ、深夜に出歩くのはやめましょう。安全と言われている地域でも、深夜には事件が起こりやすいです。夜は昼間に比べて犯罪に巻き込まれる割合が格段に上がりますので、とくに観光地ではない場所なら、暗くなる前に立ち去った方がいいでしょう。



Photo byNelo Hotsuma



人通りの多いところを歩く



人通りの多さも安全な場所か有力な指標になります。歩いて街中を観光する場合は、人通りの多い道を通るように常に心がけましょう。近いからといって、人通りのない狭い通路を通るのは良くないですね。



Photo byMichigan Municipal League



1人歩きを避ける



1人だけで歩いていると、2人以上のときに比べて様々な暴力犯罪に巻き込まれやすくなります。旅行中はできるだけ別行動は避け、2人以上で観光するようにしましょう。



多額のお金や貴重品を持ち歩かない



アメリカ人の財布には100ドルも入っていない人が多く、中にはお金が全く入っていないこともあるぐらいです。それは普段はカードを使い、必要なときにはATMから出すからです。


そのため観光客は多めに現金を持っていると思われるので、現地の人よりもスリなどに観光客は狙われやすいです。旅行中はカードの使用をできる限り心がけ、必要な分だけの現金を持ち歩き、万が一の場合の被害を最小限にとどめるように努力した方がいいでしょう。



Photo by401(K) 2012



車に荷物を残さない



レンタカーなど車で移動する場合には、車上狙いにも注意が必要です。車内の見えるところにカバンなどの荷物を置いて出かけないようにできるだけ心がけましょう。もしガラスが割られて盗難にあったとしても、車に置きっぱなしにした人が悪いと言われてしまうかもしれません。また車を離れるときには、毎回カーナビも車内の見えないところに隠しておいた方がいいと思います。


 


また治安の悪い地区を車で通る場合には、もし怪しい人が近づいてきてもすぐに発進できるように心がけておきましょう。そのような場所ではもちろんロックしていることを必ず確認し、窓も閉めておいた方がいいですね。



Photo byKevin Gebhardt



知らない人に声をかけられても応答しない



アメリカでは、基本的には道端にいるような見知らぬ人には警戒しましょう。観光客だと思って下手な日本語で挨拶してきたりする人もいますが、トラブルの基になりやすいので、声をかけられても無視した方がいいでしょう。観光客は狙われやすいというのを、常に気をつけておいた方がいいですね。


 


またニューヨークなどの都市部では、道端で待っていて突然強引に道案内や写真を撮ってあげると言ってきたり、自動販売機などで苦戦していると手伝ってきたりする人もいますが、中にはそのあとにチップを請求してくる人もいます。


トラブルに巻き込まれるかもしれませんので、手助けしてもらった場合には快くチップを渡した方が良いでしょう。タイムズスクエアなどの観光地にいる着ぐるみも、写真を撮ったらチップを要求してきます。



Photo byPedro Ribeiro Simões




おわりに



アメリカでの旅行中に心がけておきたいことなどをまとめましたがいかがでしたか?アメリカでは観光地で安全そうな場所だとしても、スリ、置き引き、詐欺にはとくに注意してください。何かあったときの緊急通報用電話番号は、警察、消防、救急、全て共通で911です



このリストを参考にして、ぜひトラブルのない安全で素晴らしい旅行を楽しんでくださいね。


 


 

2014年9月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop