現在17271個の困ったを解決できます!

2016月4月9日更新

持ち物大丈夫?台湾旅行に必要な持ち物チェックリスト

19098 views

海外旅行は好きだけど、荷物を用意するのが面倒くさいとおっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。飛行機に預けられる荷物の重さにも限りがあるので、持って行くものも必要最低限に抑えたいところ。そんな時に、持ち物リストがあれば安心ですよね。初めての方もそうでない方も見て行ってくださいね!



日本から近く、治安も良くて食事も美味しくて何より安い台湾。
ここ数年で日本から台湾に旅行される方がとても多くなっています。


日本から近いイメージの台湾ですが、やはり台湾も外国。国が違えば、必要なものも変わってきます。というわけで、台湾に旅行する際に持って行きたい物をピックアップしたいと思います。





折りたたみ傘




台湾は雨の多い国です。一年中、特に秋から春は雨がシトシトと降ることが多く、夏は午後に激しい雨が短時間降ることがあるので、出かける時に晴れていたとしても、必ず傘を持っていかれることをお勧めします。また、夏は特に日差しがきついので、晴雨兼用の傘を持って行くなら、なお良いでしょう。





ちなみに、台湾で一本100元(330円)くらいの傘を買うと、すぐに壊れてしまうことが多いです。折りたたみ傘ならスーツケースに入れられますので、日本から持っていくこともできます。





カーディガンなどの羽織れるもの




台湾では年中クーラーがガンガンにかかっています。夏にクーラーがついているのはまだ分かるのですが、冬にもクーラーというのはどうしてかと思われることでしょう。実は、台湾人は室内や車内に空気がこもるのを大変嫌がります。換気をするために、冬でも空調をつけます。





ただ、台湾ではエアコンに暖房機能がありません。それで、気温が10度を下回るような寒い冬でも、クーラーをつけることになるのです。バスや電車に乗ったり、お店に入ると寒く感じることが多々あるので、いつでも羽織れるものを用意しておくといいでしょう。





Photo byLollyKnit





筆記用具




台湾では、中国語(北京語)が標準語として使われていますが、文字は繁体字といって、日本でも昔使われていたような複雑な漢字を使っています。そのおかげで、私たち日本人にとっては大変馴染みやすく、中国語を勉強したことがない人でも、大体漢字を見ると意味が分かります。 




それは台湾人にとっても同じ事で、もし仮に私たちが何かを伝えようとしても言い方が分からない場合、紙に漢字を書いて見せるとコミュニケーションが成り立ったりする訳です。いざという時に、紙とペンがあれば便利です。





Photo bykfergos





地図




今では、スマートフォンやタブレットなどで位置情報が確認しやすいですが、台北の地下鉄は年々路線が増えて複雑化しているため、地下鉄の路線図がある地図を一枚もっておくと便利でしょう。





ちなみに、台北の地下鉄MRTの各駅の構内には、無料の地図が置いてありますので、自由に取ることができます。中国語だけでなく、英語、日本語の地図もあります。





携帯電話、タブレットなどの充電器




台湾の電圧は日本とほぼ同じ110V/50Hzで、大体の日本の電化製品がそのまま使用できます。ホテルなどで充電する場合も、特に変圧器は必要ありません。ただし、100V或いは50Hz専用品の場合は壊れてしまう可能性もあるので、念のため確認されることをお勧めします。





Photo byMartin Maciaszek





水着




海へ遊びに行く時はもちろんのことですが、温泉へ行く場合も水着を持って行くことをお勧めします。台湾の温泉は、日本のように男性風呂、女性風呂に分かれていたり、家族風呂といって個室で入れるタイプのものもありますが、混浴の場合も多いからです。混浴の温泉は水着着用ですから、事前に用意しておくと安心です。





Photo byLuke Ma





買い物袋




台湾のスーパー、コンビニでは基本的に袋は有料です。ビニール袋などを折りたたんで携帯しておくと便利です。





リンス・コンディショナー




台湾の多くのホテル、民宿、温泉では、ボディソープ、シャンプーはあってもリンスがありません。必要な方は、事前に用意しておくと安心です。





日焼け止めクリームなどの紫外線対策




夏だけでなく、12月や2月でも日差しが強い時があります。日焼け止めクリームや帽子、サングラスを用意しおくと安全です。





Photo bycamknows






現金




台湾の夜市や小さな商店ではクレジットカードは使えません。常時現金を用意しておきましょう。





Photo byJacky Wong




ここまで台湾旅行に必要な持ち物を紹介してきましたが、実はこれらはほとんど台湾で現地調達可能です。
日本で普段買うような商品も売っていることも多いのでもし足りなかったり、なかったりしても焦らないでください。
探せば必ず売っています。


いかがでしたか。このチェックリストで準備万端にして、台湾旅行を満喫しましょう。





2016年4月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop