現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月8日更新

古代都市遺跡を巡る!メキシコの世界遺産おすすめスポット7選

725 views

古代マヤ文明やアステカ文明、カリブ海や熱帯雨林、日本の約7倍の国土を持つメキシコは、文化遺産や自然遺産の宝庫です。このページでは、その中から厳選した7つの世界遺産を紹介します。



1、チチェン・イッツァ




David Stanley


 


古代マヤ文明で最も有名な遺跡といえばこのチチェン・イッツァです。その中心にあるピラミッド、エルカスティーヨには年に2回、春分の日と秋分の日に蛇の神が舞い降りるといわれています。その光と影の織り成すマヤ文明のイベントを一目見ようと、毎年大勢の観光客が訪れます。ジャングルの中にこれだけ高度な文明を発達させたマヤ文明の神秘を感じることができることでしょう。



2、テオティワカン




haRee


 


首都メキシコシティからも日帰りで行ける距離にある、巨大な宗教都市遺跡テオティワカン。人口20万人を擁する、当時の世界最大の都市の様子を垣間見ることができます。中でも世界で三番目に大きい「太陽のピラミッド」や、それと同じくらいの高さの「月のピラミッド」を見るとき、当時のテオティワカン文明がいかに高度な建築技術を持っていたかを知ることができることでしょう。



3、シアン・カアン




grzegorzmielczarek


 


有名なビーチリゾートであるカンクンからも近い場所にある自然遺産のシアン・カアン(空が生まれたところ)では、カリブ海沿岸の美しい自然を思う存分満喫できます。中でもお勧めはセノーテと呼ばれる水中鍾乳洞でのシュノーケリングやダイビングです。ジャングルの木々の間から漏れる光が水中に降り注ぐ様子は、言葉にできないほど美しいです。



4、エル・ビスカイノのクジラ保護区




Sam Beebe


 


メキシコのバハカリフォルニア半島はクジラの楽園でもあります。そのためこのエリアはクジラ保護区として世界遺産に登録されています。もちろんここでのお勧めはホエールウォッチングです。運が良ければクジラをただ見るだけではなく、触ることもできますし、ウミガメやアシカ、アザラシなどに出会うこともあることでしょう。



5、ウシュマル




Steve Bridger


 


マヤ文明の遺産の中でも保存状態が極めて良いといわれるウシュマル遺跡は、チチェン・イッツァと並んで観光客が多く訪れる世界遺産です。中でも魔法使いが一夜で建てたといわれる「魔法使いのピラミッド」は必見です。チチェン・イッツァからそんなに離れていないので、両方訪れるなら、より一層当時のマヤ文明についての理解を深めることができることでしょう。



6、エルタヒン




Magnus von Koeller


 


他の世界文化遺産に比べると行きにくい所にありますが、それだけ他とは異なった遺産を見ることができるのがこのエルタヒン遺跡です。ピラミッドもマヤのピラミッドとは異なり、全体的にごつごつしている印象を受けます。まだまだ解き明かされていない謎の多いこの遺跡は、観る人にとって神秘的なものと映ることでしょう。




7、グアナフアト




Ismael Alonso


 


カラフルな美しい街グアナフアトは、メキシコシティからバスで約5時間の所にある人口約8万人の小さな街ですが見所はたくさんあります。銀で栄えたその街並みは、中世ヨーロッパのようでもあり、石畳の多い小道を歩いていると、この街が「王冠の中の宝石」と呼ばれている理由も分かるような気がします。特に夕暮れの街は絶景です。


 


いかがだったでしょうか。メキシコが世界に誇る7つの世界遺産を紹介しましたが、南米とも、北米とも異なり、中米の他のカリブの国々とも異なる独特の文化を持つメキシコは、訪れるすべての人を満足させてくれることでしょう。

2014年9月8日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop