現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月11日更新

メキシコの通貨とお得な両替方法を知っておこう

7266 views

メキシコの通貨



メキシコの通貨はペソ(Peso 、N$)です。それ以下の通貨はセンタボ(Centavo、¢)で、100センタボが、1ペソです。紙幣は、20N$、50N$、100N$、200N$、500N$、1000N$の6種類、コインは1N$、2N$、5N$、10N$、20N$、10¢、20¢、50¢の8種類あります。



Scott Robinson



現金を両替できる場所



現地で現金を両替できる場所は、空港、銀行(9:00~16:00)、両替所、一部のホテルです。通常両替をするときにはパスポートの提示が求められます。基本的には銀行で両替するのが最もレートが良く、手数料も少ないです。


特にカンクン空港はレートが良くないので、両替は必要最低限にしたほうが良いでしょう。ホテルはいつでもできるというメリットがありますが、たいてい最もレートが悪く、手数料が高いです。またカンクンの両替所は円だと両替できないところがほとんどです。


アメリカドルを持っていくか、日本であらかじめ両替しておかれることをお勧めします。



トラベラーズチェック



トラベラーズチェックのメリットは、盗まれても大丈夫という点です。


現金を大量に持って歩くのは怖いので、長く旅行をされることを考えておられる方にはお勧めです。デメリットは、地方では現金に換金することができなかったり、レートが悪いということです。


銀行で換金するときには、パスポートが必要です。また、円建てだと両替できないことが多いので、ドル建てで持っていかれることをお勧めします。



クレジットカード



 都市部であれば、日本と変わらないかそれ以上に利用されています。やはりVISAやMasterカードの利用率が高いです。アメリカンエクスプレスも大きなホテルやレストランでは使用できます。


ATMでのクレジットカードによるキャッシングも可能ですが、レートはあまり良くないです。盗難も多いので、カード会社の連絡先とカード番号は控えておくことをお勧めします。またスキミング被害も多いです。


いつどこで使用したかが分かるよう、レシートは帰国後も1年くらいは取っておいた方がいいかもしれません。



国際キャッシュカード



最も使い勝手がよく、レートも良いのが国際キャッシュカードです。ほとんどの銀行や24時間営業のATMで現金を下ろすことができます。操作方法も英語を選択できますので分かりやすいです。


ただし引き落とし限度額が銀行やATMによって設けられていますので注意してください。都市部以外のところでは、PlusやCirrusのマークがあるにもかかわらず下ろすことが出来ないこともあります。


また、こちらもスキミング被害が多いです。可能であれば銀行内かホテル内のATMでお金を下ろし、レシートは取っておく方が良いと思います。




チップ



 メキシコは日本とは異なり、チップの習慣があります。特にレストランやホテル、ツアーアクティビティを利用されたときには支払う必要があるでしょう。


ホテルではルームサービスを利用したり、荷物を部屋まで従業員に運んでもらったりした際にはN$10ほど支払います。ホテル使用最終日にクリーニングに対するお礼としてあまった小銭を枕元に置いておくことができるでしょう。


レストランではサービス料が入っていない場合のみ、食事代の10パーセントほど、ツアーアクティビティを利用した際にもツアー代の10パーセントほどを支払います。


最後にお金に関する注意点ですが、他の外国と同様、メキシコも日本人旅行者をターゲットにした盗難や強盗が相次いでいます。お金の管理には気をつけてください。特に両替するときや、お金を下ろすときには周りに誰か不審な人がいないか十分注意してください。


 

2014年10月11日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop