現在17271個の困ったを解決できます!

2016月2月21日更新

【インドネシア】知りたい!物価と旅行予算

28632 views

はじめに




インドネシアへ旅行に行くとなると、やっぱり気になるのがその物価!




基本的にはジャカルタのような都市部であっても日本より物価が安いことが多いです。


ただ、インドネシアは都市部とそれ以外の地域での格差が非常に大きい国です。


また、イスラム教ということもあり酒類に関しては日本よりも価格設定が高いこともあります。




そこでここではインドネシアの物価事情と旅行する際の概算予算についてまとめてました。




これを知っていればボッタくられずにも済むし、様々なインドネシアの楽しみ方が出来ること間違いなし!より楽しいインドネシア旅行のために、インドネシア在住経験のある著者がインドネシア物価情報をご紹介します。





物価について




物価と一言で言っても、インドネシアは1.8000以上もの島々からなる大きな島国ですので、地方によって違いもあるのですが、参考までに首都のジャカルタの2014年度最低賃金はおよそ2,5000円(月給)。独身一人暮らしが一ヶ月生活できる金額というわけです。




とはいえ、インドネシアはまだまだ発展途上にあり、貧富の差もあります。
旅の条件によってかかるお金ももちろん変わってはきますが、以下を参考にしてみてください。







sarah





交通費について





アンコット(乗り合いミニバス) 20円~50円




いわゆる庶民の足です。大体が環状ルートになっていて、どこから乗ってもどこまで乗ってもその料金です。バスいっぱいになるまで人が集まらないとターミナルから出発しなかったり、混雑するとすし詰め状態になったり、スリなどの被害も出やすいので旅行者には勧めにくいのですが、現地の雰囲気を味わうには絶好の乗り物とも言えます。





タクシー 初乗り50円、2kmキロ以上の走行で1kmごと30円程が相場。




ブルーバードタクシーというタクシー会社が最も信頼されているタクシーです。TOYOTAの車を使用しており、運転手によってサービスレベルの差が多少あるものの、手軽で安全な移動手段と言えます。小銭のお釣りは要求しないのが暗黙の了解のマナーです。





レンタカー 1日5000円




運転手付きで上記の料金です。現地の免許証がない限り基本的に日本人が運転することは危険です。そうでなくても現地の交通事情がしっかりわかっていなければ事故に巻き込まれかねません。まるまる一日利用できて、好きなところへ行けるというところがメリットです。







World Resources Institute





ホテル費用の相場





安宿 1泊1部屋500円~




ロスメンと呼ばれる、現地の人がとにかく雨風しのげるところを求めて泊まるイメージの安宿です。部屋にベッドとシャワールームだけ…というシンプルな作り。





ゲストハウス 1泊1部屋1500円~




ロスメンに比べれば数段清潔感があり、お部屋にテレビがついていることも。





ビジネスホテル 1泊1部屋 3000円~




Wi-fiなどのインターネットサービス、清潔感があるお部屋が準備されています。





一般的なホテル 1泊1部屋 5000円~




プールが施設内にある、朝食のバイキングサービスもある。旅行者がリラックスできるお部屋が用意されている。





星がつくホテル 1泊1部屋 8000円~50万円




いわゆる高級ホテルで、一般的なホテルのサービスはもちろん、ホテルマン達の接客態度も良い。フィットネスジムやサウナなどが施設内にあることも多い。ルームサービスやホテル内のバーなどではサービス税(およそ15%)が取られます。







alex hanoko





食費





屋台のナシゴレン  100円




道沿いにテントを張って出店していたり、kaki-lima(カキリマ)という手押し車を押して売っているタイプのものです。ご想像の通り、衛生的に良くないので、初めてのインドネシアの方なんかはお腹のことを考えるとあまりお勧めできませんが、著者の個人的意見では、こういうところほど現地の人との触れ合いがあり、旅の面白さを感じるところだったりします。





一般的なレストランのナシゴレン 200円~300円




空港や、庶民に愛されるショッピングモールにあるレストラン。家族連れなどで賑わっています。屋台に比べて衛生環境が整っており、安心して食べられるところと言えるでしょう。





外国人観光客や要人御用達のレストランのナシゴレン 500円~1000円




外装、インテリアにもこだわっている高級レストランです。値段もピンキリではあると思いますが、それに見合ったサービスが受けられます。旅の思い出の贅沢なひと時に、スペシャルなディナーにもってこいです。







John Walker






全体旅行費用(4泊5日として)




さて、ここまで様々なシーンごとの物価をご紹介しました。
最後に、「日本人が安全に楽しめる旅の費用」として考えた時の、全体旅行費用を算出すると、以下の通りになりました!





交通費




レンタカーを5日間利用したとして
レンタカー代5,000円×5日=25,000円





宿泊費




一般的なホテルを4泊利用したとして
7,000円×4泊=28,000円





食費




一般的なレストランで食事したとして(1食500円と想定)
1,500円(一日)×5日=7,500円





合計 60,500円




いかがでしたか?
あくまで上記は参考です。





たまにはミニバスに乗ってみて現地の風を感じてみたり、それで浮いたお金でおいしいディナーを食べに行ったり、みなさんの思い思いのアレンジで素敵な思い出に残る旅にしてくださいね♪







Sunova Surfboards

2016年2月21日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop