現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月9日更新

グアムの通貨とお得な両替方法を知っておこう

21839 views

海外旅行の準備で気になることの1つに、現地通貨の両替があります。旅先で慌てないようにある程度の準備や知識は得ておきたいものですよね。グアムの通貨の種類やお得な情報についてご紹介します。



■■グアムの通貨



グアムの通貨は米国ドルです基本単位にはドル($)とセント(¢)があります。紙幣は$1、5、10、20、50、100の6種類があり、色や大きさはほぼ同じとなっています。四隅に金額を表す数字が書かれてありますが、間違えないように注意が必要です。


 


硬貨は¢1、5、10、25の4種類。金額と大きさが比例していないため、慣れないと分かりにくいかもしれません。4つのうち、唯一銅色のものが1¢。一番大きく、日本の500円硬貨とほぼ変わらないのが25¢。


 


1番小さいもの(1円硬貨より小さいです)が、10¢。5¢は100円硬貨と同じくらいの大きさです。



Héctor García


 



■■両替の方法



一番レートが良いのは、日本での両替となりますある程度の必要な金額を、渡航前に国内で両替していくとよいでしょう。銀行の窓口で事前に両替しておく方法や出発前の空港の両替所を利用する方法が一般的でした。最近では、外貨両替の宅配サービスや一部のチケットショップでの外貨両替取扱い、FXを利用した両替など、方法も多岐に渡るようになってきました。


 


国内での両替であれば、同一日のレート自体は両替場所間の差はあまりありません。手数料についてはややばらつきが見られますので、余裕があれば事前に下調べするとよいでしょう。圧倒的に手数料が安いのはFXを利用した方法ですが、やや上級者向けかもしれません。外貨両替宅配サービスやチケットショップを利用した両替は、銀行窓口の利用より一般的に手数料が安いことが多いですので、検討の価値はあるでしょう。


 


グアムでは、空港内、銀行、主要なホテルで両替が行えます。レートや手数料は各所まちまちです。比較的レートがよく、お勧めなのはDFSギャラリア・グアムにある両替所です。グアム国際空港内やホテルのフロントでの両替は、あまりレートが良くないため、できれば避けたいものです。


 


あまった米国ドルの両替も、日本国内で行うことがお勧めです。ただし両替は紙幣のみ可能となっていますので、硬貨は上手く使い切るようにするとよいでしょう。



Laura


 



■■クレジットカードとトラベラーズチェック



多額の現金を持ち歩くのは不安なものです。海外旅行ではクレジットカードやトラベラーズチェック(T/C)をうまく利用するとよいでしょう。
露店や朝市などでは現金払いとなりますが、グアムのほとんどのホテルやレストラン、店舗でクレジットカードを利用することができます。また、クレジットカードの中には海外旅行保険が自動付帯されているものもありますので、事前にお手持ちのカードの利用規約を確認してみましょう。


 


T/Cとは、旅行小切手のことです。現金と同様に使うことができ、紛失・盗難の際にも他人に使われる恐れがなく、現地での再発行が可能です。また、現地の銀行や両替所で現金化することもできます。T/Cをそのまま使用する場合のおつりは、現金で受け取ります。
購入場所は銀行、空港、通信販売など。


 


T/Cは外貨両替に比べて有利なレートで購入できますが、手数料が高いため実質的にはあまり差はないと思ってよいでしょう。現地での現金化は、T/Cの種類によっては提携銀行で手数料が無料なこともあります。


 


国によっては使いにくい場合もありますが、グアムやハワイを含めたアメリカではほぼ問題なくT/Cを使用することができます。ただし小さなお店では嫌がられることもありますので、その時は現金を利用するようにしましょう。


T/Cには自分がサインをする欄が2箇所あり、1つはT/Cを購入した時にサインします。もうひとつは実際に商品を購入したり両替したりする時に、店員の目の前でサインします。2つのサインを照らし合わせて、筆跡が異なればT/Cは無効となりますので、本人にしか使えません。再発行時はT/Cの番号が必要となりますので、購入後すぐに1つ目のサインをして、番号を控えておきましょう。


 


また、使用時に身元確認のためパスポートの提示を求められることがありますので、サインはパスポートと同じものにしておくことをお勧めします。



Consumerist Dot Com


 




■■ちょっとした準備・下調べを



レートの差や手数料の違いはわずかでも、ある程度の金額を交換すると馬鹿に出来ないものです。ちょっとした準備や下調べでお得に、かつ自分に合った安心で快適な方法をとりましょう。

2014年9月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop