現在17272個の困ったを解決できます!

2014月10月13日更新

不安解消!覚えておくべきタイ語あいさつ集15選

4188 views

旅行先で不安になるのが言葉の壁。
でもせっかくなら現地の言葉を使ってみたいですよね?


タイ語は女性と男性で語尾につける単語が変わるなど、注意点があるのでチェック。
()内が女性言葉になります。


 


タイ旅行でこれさえ知っていれば切り抜けられる実用タイ語をご紹介します。




まずはどこでも使える基本的挨拶



サワディー・クラップ(カー)



日本語でいう「こんにちは」の挨拶。


日本語と違い「おはよう」「こんばんは」「初めまして」「さようなら」の時にも使うことが多い万能言葉です。


レストランや土産店などどこでも使えるのでぜひこの言葉から旅を始めてください。


 


 


 



その国の言葉で心を込めて



コップ・クン・クラップ(カー)



ありがとうの意味。


英語でサンキューはもちろん世界共通語として通じることが多いですが


ここはタイ語で言うのが通。


喜ばれること間違いなしです。


 


 


 



ありがとうと言われたらぜひ返したいキャッチボール



マイペンライ・クラップ(カー)



どういたしまして」の意味。


ありがとうと相手にお礼を言われる場面に遭遇したら


この言葉をにっこり返せば簡単な会話に!


 


 


 



謝罪はどこの国でも大事な言葉



コートー・クラップ(カー)



ぶつかったり、トラブルに遭遇した時に覚えておくと便利。


ごめんなさい」「ちょっとすみません」の意味。


謝罪を言われるだけで許せるのが人間です。ぜひ覚えて行くのがオススメ!


 


 


 



土産店で値札が無くて困ったら



タオライ?



いくらですか?」の意味。


値札が無い店は多いので購入予定があるのなら


支払う前にまずは価格を聞くことからはじめてください。


 


 


 



買い物で少しでも安く買いたい時は



ペーン・パイ



その意味はずばり「高いよ!」の意味。


土産店で役に立つこと間違いなしです!!


 


 


 



存分に値切って価格交渉!



ロッド・ノイダイマイ?



安くしてくれない?」の意味。


大体最初の価格から下がるのがタイで買い物したくなる魅力はここです。


 


 


 



タイでは良くあります。お釣りに気をつけて!!



トーン・ピッド



お釣りが違うよ!」の意味。


のんびりしているお国がら結構あります!


自分でしっかり注意を払いましょう。


 


 


 



現金を持ち歩かないカード派は必須!



チャイバッケーディット・ダイマイ?



クレジットカードは使えますか?」の意味。


街中のローカルが行く場所は使えないところも多数。


確認が必要です。


 


 


 



大金は危ないので小銭をたくさん持って観光!



レックングンバーツダイティーナイ?



「両替はどこでできますか?」の意味。


繁華街ではないところだと大きいお金だとお釣りが出ないことも。


なるべく細かくして観光するのがオススメです。


 


 


 



宗教上写真の許可が必要なことも



ターイパープダイマイ?



写真を撮っても良いですか?」の意味。


仏教上撮影不可のものや有料の物があるので聞いてからがベスト。


 


 


 



タクシーでは絶対言って欲しい



ゴッドミータードゥアイ



メーターを倒してください」の意味。


タクシーに乗ったらまずはメーターを確認!


倒して無かったら遠慮なく言いましょう。


 


 


 



苦手な人も多いパクチー



ヤーサイパクチーナ



パクチー抜いてください」の意味。


タイ料理にはほとんど何にでも入っているパクチー。


覚えておくと便利です。


 


 


 



お腹に自信が無いなら氷はダメ!



ヤーサイナムケンナ



氷を入れないでください」の意味。


お腹が弱く食事が心配な方にはこの言葉。


飲み物も氷を抜けば大体大丈夫です!


 


 


 



何はともあれまずやっぱりこれ




プードパーサージープンダイマイ?



日本語はできますか?」の意味。


まずは聞いてみるのも良いでしょう。


ホテルや大きめの飲食店は通じることも多いです。


 


予測もつかない単語が多いタイ語。覚えるのは大変ですが、地元の方とコミュニケーションのきっかけになったりトラブルを回避できることもあるでしょう。


 


その国の言葉で旅をするのは、より深くその国のことを知れるのでオススメです。



出典サイト 


 


 

2014年10月13日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop