現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月15日更新

タイとの時差と時差ぼけ対策について

543 views

はじめに



張り切って海外旅行!・・・なのに、長時間のフライトを終え、やっと着いた異国の地で待っていたのは時差ボケ…なんてことは辛いですよね。


時差ボケは早くなおさないと、体調がおかしくなってせっかくの旅行が台無しになってしまいます。ここでは、タイに旅行に行く際の時差ボケ対策をご紹介したいと思います。


まず、タイと日本の時差はー2時間。フライトは6時間です。



Sousui



時差ボケをなおすコツ



1.日本時間を気にしない。



「今は8時だから日本では6時。」などと、日本の時間に置き換えないで現地時間での生活を満喫しましょう。そのことを頭で考えるだけで、人間の脳はもとの体に慣れた時間にあわせてしまうからです。



2.夜のフライトはしっかりと眠る。



西側に戻る際には比較的に簡単です。タイには夜間のフライトが多いので、少しだけ睡眠時間が少なくなるので、不安な人は出発前に昼寝をとっておきましょう。



3.飛行機の中で時計の時間を合わせる。



一足先に現地時間になってしまいましょう。


時差ボケをなおすためには、気持ちの切り替えから。脳に時間を伝えることで、まず頭に現地時間を叩き込んでしまいましょう。



4.機内ではアルコールを控える。



気圧の関係で、高所フライト中は酔いが早く回り、眠りが浅くなります。一晩は、お酒を控えて現地に到着してから楽しみましょう。



5.時間が戻る場合は、1日目に思い切って夜更かしする。



到着後は朝の到着の場合は、夜も現地時間の睡眠時間まで思い切って起きておきましょう。翌朝目覚めた時には、時差ボケもなおっているはずです。


眠くなったら、体を動かしたり、コーヒーを飲むなど、体を起こしておくようにしましょう。


 




おわりに



これで、1日で時差ボケ対策を治して、すっきり旅行を楽しんでください!


 


 


 


 

2014年8月15日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop