現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月17日更新

ネパール入国にはビザが必要!取得方法と料金まとめ

18047 views

観光の場合もビザが必要



ビザって長期滞在や仕事の場合だけ必要なんでしょ?とお考えのあなた。いいえ、ネパールは渡航の目的が観光であってもビザが必要なんです。


最近はネット上でクレジット決済をすれば、観光ビザを簡単に取得できる国が多いですが、ネパールはそれができません。少し複雑で難しそうに思えるネパールのビザについて、今回はお話しします。


 



観光ビザの種類と料金



観光ビザの種類は3つ。滞在可能日数によってわけられており、15日間、30日間、90日間のビザがあります。料金は、滞在可能日数15日間のビザが3,000円、30日間のビザが5,000円、90日間のビザが12,000円です。


後述しますが、ネパールのビザは日本でもネパールでも取得可能です。ネパールで取得する場合は、15日間のビザがUS$25、30日間のビザがUS$40、90日間のビザがUS$100です。


 



必要書類



申請書、パスポート、証明写真。ビザの種類や取得方法にかかわらず、一律これらのものが必要となります。ネパールのビザはシールになっていて、パスポートの1ページ全面に張り付けられます。そのため1ページ以上空白のページが残っているパスポートが必ず必要となります。


 



日本で郵送で取得する方法



 必要書類とビザの代金(現金)、切手を貼った返信用封筒を在東京ネパール大使館へ送付します。大切な書類なので現金書留で送付することを忘れずに。大使館に到着の翌々営業日に、ネパールのビザが張り付けられたパスポートが簡易書留にて返送されます。書留の代金はかかってしまいますが、簡単で時間のかからない方法です。


 



日本の大使館・領事館に行って取得する方法



必要書類を在東京ネパール大使館または在大阪ネパール名誉総領事館へ持参します。申請時間は月曜日から金曜日の 午前10から12時までですので、時間に余裕をもっていきましょう。ビザの受け取りは、必要書類を提出した翌々営業日の午後2時から4時まで(月曜日から金曜日のみ)。こちらも時間には注意しましょう。ちなみに受領のみ郵送とすることも可能です。郵送での受領を希望する場合は、申請時に簡易書留の代金を支払います。


 



ネパールで取得する方法



ネパール入国時にビザ取得することもできます。必要書類は日本で取得する場合と同じですが、申請書はネパールの空港にあるものになるので、その場で記入することになります。英語に不安がなく、ネパールでの時間に余裕があるならば、ネパールで取得するのが一番楽かもしれません。


 



まとめ



いかがでしたか。時間とお金はかかりますが、整理してみるとそんなに難しいものではありません。パスポートに貼られたネパールのビザは大切な旅の1ページとなります。ネパールのビザはなかなか珍しいので、旅仲間にも自慢できますね。ビザを取得したら、早速ネパールでどこに行くのかを計画しましょう!


  




日本の大使館・領事館の場所



在東京ネパール大使館


東京都目黒区下目黒6丁目20-28フクカワハウスB


Tel: 03-3713-6241


在大阪ネパール名誉総領事館


大阪市天王寺区上本町6-9-21


Tel:06-6776-0120

2014年10月17日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop