現在17272個の困ったを解決できます!

2014月10月29日更新

想像以上に良くないケニアの治安事情

5280 views

ケニア(ナイロビ)滞在の注意事項



ケニアは、サファリツアー「アセンボリ国立公園」や


「マサイマラ国立保護区」にいるマサイ族と会えるツアーとか有名ですよね。



by The.Rohit



by ninara


 



ケニアの玄関口であるナイロビは危険!?



 被害は、ほとんどが首都ナイロビで起きていて、その多くがダウンタウンやローカルバスの中、


それ以外にも比較的安全だと思われる住宅街などでも発生しています。


 


 ※貧困化の影響もあり、ケニアでもイスラム過激派組織による、2014年6月15日、ケニア海岸部で起きたテロ事件を受け、海外危険情報が一部引き上げられています。最新の情報を確認してください。



外務省発出の海外安全ホームページを参考に http://www.anzen.mofa.go.jp/


 




不要な外出は避ける!以下に気をつけましょう!



1. 夜間は危険度が増します。


 


犯罪の多くがやはり夜間に起きています。とくに暗くなってからの事件は凶悪なものが多いです。


たとえ数メートルの距離でも出る時は、ホテルやレストランでタクシーを呼んでもらい


門前まで来てもらい乗り降り時も最善の注意を払いましょう!


 



by Stephan Geyer


 


2. 昼間でも注意は必要


 


ダウンタウンなどの普段から犯罪被害が多く出ている地域です。


日本人観光者とは無縁の場所だと思いますが、もし行くことがあるのであれば最善の注意を払いましょう!


 


ちなみに私はタクシーを利用して、ダウンタウンにも行ったことがあります。


その際一点だけドライバーに注意されたのは、タクシーの窓は閉めてロックしておけでした。


 


観光施設が多く集まるランガタ地区やンゴング地区はタクシーで行くのであれば問題ありません!


ナイロビでの自由時間はタクシーで回ったり、市内観光ツアーに参加することをおススメします。



by Ting Chen


 


 3. 人通りの少ない通りは気をつける 


 


ナイロビ郊外の住宅街、閑静でのどかの住宅街では、まさかねと安心しがちですが、気を抜かないように。


周りで何かあやしい人影や付きまとわりがあるかどうかは気をかけておきましょう!



by Xiaojun Deng


 


4. 万が一襲われたら、すぐに金品を渡す


 


ケニアの人は本当に親切で、気がねなく「ジャンボ」「ジャンボ」とあいさつしてくれます。


ただ、ほんの一部悪い人間がいるのも事実です。(悲しいけど、どの国も同じでしょうけど)


不幸にも強盗などに襲われれ刃物や拳銃を突きつけられた時、とにかくあるものを全部差し出しましょう。


犯人もいち早く逃げたいので、金目のものだけ奪って逃げ去ることが多いようです。



by Tony Bowden


 


 


危険と言われているナイロビはケニア旅行で訪れる国立公園から数百kmも離れた所です。


またナイロビもショッピングや日本食屋さんも充実して、上記のことで安全をちゃんと確保していれば楽しいところです。


 

2014年10月29日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop