現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月21日更新

ブラジルのデモについて

0 views

 ブラジルってどんな国




 


ブラジルと聞いて、皆さんはどんなことを思い浮かべますか「サンバ」「サッカーが盛ん」「みんな陽気」といったところでしょうか。「カポエラ」は、どうでしょう?少しマニアックでしょうか。


日本人は、ブラジルに対して割りといい印象をもっているというのが私のイメージです。過去に日本人がブラジルに出稼ぎに行っていたという事実をみてもブラジルと日本はかなり仲がよいといえるのではないでしょうか。


 


私が感じた限りでは、ブラジルの人も日本に対して好印象を持っていたと思います。


(このことは、ブラジルに対するイメージとして上に出させてもらったサッカーに関してもいえますね。Jリーグにくる外国人選手は半分以上がブラジル人です。)


 


さて、では、ブラジルに住んでいる日本人の数はどれほどなのでしょうか。公式のデータを参照させてもらうと、56,767名(2011年10月現在)(長期滞在者:2,189人、永住者:54,578人)(外務省)だそうです。多いですね。ブラジルにいると、よく日本人然とした人に会いますがそれもうなずけます。
これらのことを考えれば、日本人にとってブラジルは、行きやすい場所といえるでしょう。


 



言語



ブラジルの基本言語はポルトガル語です。ポルトガル語が使えれば困ることはほとんどないでしょう。英語ははっきり言って微妙だと思います。私は英語を使ってコミュニケーションをとっていたわけではないのではっきりとは言えませんが、英語が通じることはあまり期待しないほうがいいでしょう。


 



ブラジルのデモ




 


さて、いよいよ本題です。ここからは、ブラジルで起こっているデモについて書かせてもらいます。ブラジル国内でデモが発生しているというニュースは、多くの人が耳にしているのではないでしょうか。


しかし、一口にデモといっても人々がデモを起こす理由は様々です。現在ブラジルで行われているデモ、より正確に言うと6月から7月にかけて行われたW杯に合わせて行われていたデモの主な理由は貧困や格差などが原因です。


しかし報道されていた、あるいはされているようにそれをW杯反対とだけ捉えるのは少し違和感があります。あくまで、私の知る限りではありますがブラジルの人々はサッカーが嫌いになってあのようなデモを行っているわけではありません。


 


また、W杯の直前になって急にデモの数が増加したのは、W杯そのものに反対したかったというよりはそれに合わせてデモを行ったほうが、国際社会に広く知られるだろうという考えがあってのことだったようです。


そして、これらのことを含め考えるとこれからもデモが続く可能性があると考えたほうがよいと思います。W杯が終わったからデモはもう無いだろうという訳にはいきません。また、ブラジルで起こっているデモのすべてが貧困や労働などの社会問題に関することだけではありません。


自然環境を保護しようという目的のデモも、ブラジルでは行われています。W杯中のデモのいくつかも、多くの人々が訪れることによる自然環境の悪化を懸念して行われたものだったようです。


 


さて、いくら目的を持ったデモとはいえ、やはり行っている人々にむやみに近づくのは危険でしょう。もちろん、決めつけるのはあまりいいことではありませんが、もし現地で遭遇するようなことがあれば、関わらないようにすることが最も安全です。


 




まとめ



さて、これらの情報を今ここで目にして、ブラジルへ旅に出るかどうかは、もちろん皆さんの自由です。ですが、ブラジルに限らず海外へ旅行する際には事前に入念に情報収集」をされておくことをお勧めします。


治安や情勢といったことだけでなく、現地(行先)のルールを学んでいくことが大切です。前もって準備せず、軽い気持ちで海外へ出かけると思わぬトラブルに会うことがあります。


せっかくの海外旅行を気持ちのいいものにするためにも、前もって多くの情報を集めるようにしていただければよいと思います。


 

2014年9月21日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop