現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月25日更新

フィリピンって英語が通じるの?言語事情まとめ

344 views

フィリピンは多数の民族から構成される多民族国家で、最多数のタガログ族以外にも、ビサヤ族・セブアノ族などがいて、それぞれ独自の言語をもっています。ですが、フィリピン政府は英語教育に力を入れており、ほとんどの人が英語を話せます。


 



海外企業のコールセンターがひしめく





Photo by greyweed


フィリピンで今メジャーなビジネスとして注目を集めているのがコールセンター。


アメリカやイギリスなど、多数のグローバル企業がフィリピンの英語力とランニングコストの安さに着目し、


フィリピン中いたるところにコールセンターをたてています。


 


コールセンターといえばトラブル対応などしなければならず、高度な言語力が求められます。


それだけフィリピン人の英語力が信頼されているということでしょう。


 



英語留学先としても注目をあつめる




Photo by World Bank Photo Collection


 


高度教育を受けたフィリピン人はきれいな米国英語を話します。居住コストが安いので、安価な英語留学先として近年注目されています。マニラやセブなどの学校が外国人を多く受け入れています。


 



高等教育を受けたハンバーガーショップ店員



フィリピンは学歴社会で、さらに人口増加から雇用問題をいつもかかえています。ハンバーガーショップやコンビニの店員でも大学を卒業した者でないと就職できません。


 


大学を卒業した人はほぼ100%英語をしゃべれるので、外国人にとっては安心してショッピングができるといえるでしょう。


 



独特のなまり







 


フィリピンの英語は米国なまりです。


日本語っぽい発音で「マンゴー・プリーズ」といっても通じません。


'a'の音は'エイ'と発音するため、「メインゴウ・プリーズ」と発音すると通じます。


また、昔スペインの占領下にあった影響からか少し巻き舌のスペイン語風なまりで話す人もいます。


 


ときどき、英語が話せない人もいます



タクシードライバーなどで、ときどき流暢に英語が話せない人もいます。


英単語もまったく理解できない、という人にはあったことがないので、完全にコミュニケーションがとれず困ることはないと思いますが、実用的なタガログ語を覚えておくとよりスムーズに旅ができると思います。


 


以下にすこし例をあげましょう。


 



Salamat(サラマッ) → Thank you. ありがとう



現地語で「ありがとう」というと現地の人たちはやはりうれしそうにします。最初に覚えたい言葉ですね。



Oo, po(オポ) → Yes, Sir. はい、そうです



店員などがよくいう言葉です。「Po(ポ)」は英語で「Sir」で、相手に対する敬意を表しています。


ショッピングのあとには「Thank you po」などもよく聞きます。



Hindi(ヒンディ) → No. いいえ



Ooと違い、これはめったに聞きません。フィリピンでは相手を否定しないことが礼儀、という文化があるので、あまり街中で使わないのだと思います。



Dito(ディト) → Here. ここ



タクシーで「ここで止まってください」という時に「Dito」もしくは「Dito na lang(ディトナラン)」というと止まってくれます。



Ako(アコ) → I. わたし



Ikaw(イカウ) → You. あなた



siya(シャ) → He, She 彼



ウェイトレスさんが料理を持ってきたときに「注文したの誰?」ということがよくあるので、「アコ(私)」というとスムーズ。



Wara, isa, darawa, tatlo(ワラ、イサ、ダラワ、タトロ) → 0, 1, 2, 3



注文するときは数も添えたほうが便利。「isang coffee(イサン コーヒー)」「Darawang coffee(ダラワン コーヒー)」と名詞の前につくと若干変化します。


 




タガログ語をはなすと実にうれしそうです




Photo by Marion Paul Baylado


 


第二公用語として英語が不自由なく使えるとはいえ、フィリピンの母国語はあくまでもタガログ語。


こちらからタガログ語を覚えて話しかけると、実にうれしそうに眼をキラキラしてくれます。


できれば、すこしでもタガログ語を覚えていったほうがより楽しめるでしょうね!


 


エンジョイフィリピン!

2014年10月25日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop