現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月9日更新

入国に必要!スリランカのビザ申請方法

22353 views

 スリランカへ入国の際は、短期間の観光目的滞在であっても必ずビザが必要ですですが大使館等に出向く必要はなく、ビザ申請はオンラインの簡単な入力だけで出来てしまうので、ご心配することは全くありません。 今回はそんなスリランカビザの申請方法と、その注意点についてまとめましたので、ご参考にしてみてください。


 



スリランカビザの概要



 


Lucas


 


スリランカビザはオンライン申請で取得できるETAビザが一番お得なのですが、もし申請をし忘れてしまったという方は、コロンボ国際空港到着時に、アライバルビザを取得することも出来ますですがその場合には料金が若干高くなりますし、空港到着時の手間も増えるため、ETAビザを事前取得するのが賢明です


 


・観光ビザ(30日間有効)


ETAの場合 USD30 アライバルビザの場合 USD35


 


・トランジットビザ(3~7日間有効)


ETAの場合 USD20 アライバルビザの場合 USD25


 


・トランジットビザ(2日間有効) ETA、アライバルビザ共に無料


 


また、スリランカビザ申請の際は渡航者が以下の条件を満たしている必要があります。


 


・旅券(パスポート)の残存有効期間が最低6ヶ月以上あること


予約が確定している復路の航空券などを所持していること


・滞在期間に応じた十分な滞在費用を所持していること


 


注意が必要なのが、2番目の復路航空券の所持要件です。短期間の旅行であれば復路の航空券を所持していないことは考えにくいかもしれませんが、島国であるスリランカへは、片道航空券だけでの入国は出来ません。場合によっては入国を拒否されたり、空港のチェックインカウンターで復路の航空券を買わされることにもなりかねませんので、必ず往復分のチケットを用意して入国する必要があります


 


3番目の滞在費用の要件は具体的な金額が決まっているわけではなく、この要件がもとでトラブルになったという話も聞いたことがありませんので、日本人であればまず問題ないと考えて良さそうです



ETAビザの申請方法



 



fdecomite


 


TAビザ申請に必要なのものは以下の3点です。特筆すべきようなものは何もなく、準備に手間がかかることもまずありません。ETAの支払いはクレジットカードのみで受け付けられますので必ず必要です。


 


・パスポート


・クレジットカード


・電子メールアドレス


 


以下のリンクからスリランカの電子ビザ申請専用ページへとアクセスできます。


 


スリランカ電子ビザ申請ページ


 


入力項目は若干多いものの、内容に変わったものはなく、10分もあれば作業が完了する簡単な内容ですので臆することはありません。各項目を入力後、クレジットカードでの支払いを完了するとETAビザが発行されます。 ビザの発行は電子メールにて通知されます。ビザの発行状態はオンラインですべて管理されているので、空港で必ず求められるわけではありませんが、念のため「ETA Approval Notice」というタイトルで送られてくる電子メールを印刷して用意しておいた方が安心です。


 




最後に



 


kakeyzz----


 


スリランカのビザは、お隣インドなどに比べると非常に申請者の立場をよく考えて作られており取得が簡単で、この国がいかに観光分野に力を注いでいるかがよくわかります。煩雑な手続きなどなく気軽に渡航ができる環境がありますので、みなさんも魅惑の国スリランカへ行ってみてくださいね。

2014年10月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop