現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月9日更新

英語は通じる?デンマークの言語事情について

44910 views

英語は通じる?デンマークの言語事情について



デンマークの公用語はデンマーク語です。デンマーク語は発音は難しいといわれており、習得するのはなかなか難しいようですが、文法については英語とよく似ているらしく、またデンマーク語の語彙はさほど多くないことから、英語を学んだことのある人にとってデンマーク語は比較的学びやすい言語とされています。


逆に、母国語としてデンマーク語を話すデンマーク人にとっては、英語は比較的母国語に似ている学びやすい言語といえるでしょうね。



Jim Nix



デンマークの英語教育



デンマークの子供たちは、もちろん学校にもよりますが、日本の制度に換算すると大体小学校3、4年生頃から第一外国語として学校で英語を学び始めることが一般的のようです。早い学校では、小学校2年生から英語の教育がスタートするところもあるようです。


小学校高学年から中学生くらいの年齢になると、英語の他にフランス語やドイツ語等といった第二外国語の教育も始まるようですが、この頃にはほとんどの子供たちが会話を中心とした英語でのコミュニケーションには苦労しないレベルに達しているといわれています。


さらに、デンマークでは大学教育においても英語での授業の割合は徐々に増加しているようで、学生たちは英語の資料や文献を大量に読んでおかなければ授業についていけないような場面も多いようです。将来、良い職業につきたければしっかりと英語を学んで大学に行き、大学に入ってからも専攻分野の学習はもちろん、英語能力を磨き続けなければならない環境にあるといえるでしょう。


また、日常生活においても、デンマークではアメリカやイギリスの英語のテレビ番組が吹き替えられることなく、英語のままデンマーク語の字幕付きで放送されるようです。常日頃から英語の発音に慣れ親しみ、学校以外の場所でも自然に英語を身に着けることのできる環境にあるのですね。


こういった熱心な教育の成果か、現在のデンマークにおいては、街中でおおよそ50歳以下くらいの若い世代では、国民のほぼ100%が英語を話すといわれています。



Nelson L.



英語教育の背景



デンマーク語の話者は世界でおよそ500万人ほどと非常に少ないのですが、デンマークの人口は約500万。つまり、デンマーク語を話す人数は、デンマーク国民と同人数程度です。


そんなデンマークでは、国際競争力を高める意味から上述した通り英語教育が熱心に行われており、英語を身に着けた学生達がさらに海外で学ぶことについても大いに奨励されているようです。


資源のない小さな国家であるデンマーク。国をあげて国際的に活躍できる人材の育成に取り組み、それによって国の将来を良くしていこうという気持ちがとても強いのですね。




デンマーク旅行で英語は通じる?



上述したような環境のデンマークにおいて、意外なことに、交通機関の案内表示や看板はデンマーク語だけのことが多いようです。


しかしながら、デンマークを旅行するうえで、子供のころから英語に慣れ親しんでいるデンマークの人達に道を聞いたりお店の人と会話をするような場面においては、「英語は通じる」と思ってよいでしょう。




Jim G

2014年10月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop