現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月9日更新

事前に知っておきたいイスラエルの宗教事情

2688 views

  イスラエルという国の宗教は他の中東の国々と比べても特異で、とても簡単に理解できるようなものではありません。


だからといってイスラエルの宗教について、何も知らないで渡航するのは様々なリスクを招きかねませんし、興味深い滞在にするためにも、最低限知っておくことは重要です。


今回はそんなイスラエルの宗教事情について簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。


 



イスラエルとユダヤ教



 


Alex Proimos


 


イスラエルは言わずと知れたユダヤ人国家で、人口の約4分の3までがユダヤ人で占められています。そのユダヤ人は例外なくユダヤ教徒で、またその他の人種の人がユダヤ教徒となることもほとんどあり得ません。このことはユダヤ教という宗教の特異性を最もよく表していると言われます。


 


ユダヤ教徒といえば、いつ何時でも黒い帽子に黒くて長い服を着て、あごひげをたくわえた人たちが有名ですが、すべてのユダヤ人があのような格好をしているわけではありません。彼らはユダヤ教の中でも超正統派と呼ばれる人たちで、人口に対する割合はかなり低い方です。


 


すべてのユダヤ人には女性も含め、兵役が義務付けられているのですが、超正統派の彼らはそれを例外的に免除されています。彼らは就労をすることもなく、幼いころからただひたすらに自らの宗教の勉強をしているのです。そのような人たちがどのようにしてご飯を食べているのか不思議になりますが、彼らの生活費はすべて国からの補助金で賄われているそうです。近年ではそのような不公平な扱いに対し、イスラエル国内からの不満も増え、現在では兵役免除も見直される方向にあります。


 


ユダヤ教は超正統派を含め、大きく4つの派にわかれているのですが、その内の大多数は伝統派・世俗派の人たちが占めています。伝統派の人たちはユダヤ教という宗教に対して強い信仰を持っているわけではないながらも、民族としての習慣や伝統として律法にある程度従順な生活をしています。 律法とは例えば、豚やイカ、エビなどを食べてはいけないということや、肉と乳製品を一緒に食べてはいけないということまで多種多様で、完全にこの律法を守ることは非常に難しいとされ、伝統派の人たちも時と場合によって守ったり、無視したり使い分けて生活しているとされています。


 


世俗派の人たちの生活はもっと自由で、ユダヤ教の律法は彼らにとってほとんど意味がありません。そんな彼らもユダヤ人であれば例外なくユダヤ教徒として認められ、その他の人種の人がユダヤ教徒になることを望んでも、簡単には受け入れられないというのは興味深いことです。




イスラエルのその他の宗教



 


max nathans


 


イスラエルの地にもともと住んでいたのはアラブ人で、彼らの多くはイスラム教徒です。ですがこの地に後からユダヤ人が続々と入植し、彼らは国を追われて難民になるか、イスラエル国内でも限られたエリアでの生活を余儀なくさせられました。イスラエルにおける人口の、ユダヤ人以外のほとんどがそのようにしてイスラエルに残ったイスラム教徒なのです。


 


この問題はごく最近でも、爆撃などの大量殺戮を含む悲惨な戦争を生み出しており、イスラエルの人たちと話す機会があっても、このような民族や宗教の話題はむやみに口に出さない方が無難です


 


 


いかがでしたでしょうか?


 


複雑で様々な問題を抱えるイスラエルの宗教ですが、簡単な知識を持っているだけでも、実際に観光地を訪れた際に役立つものがあるかも知れません。

2014年10月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop