現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月10日更新

古代ロマンを感じられるギリシャの観光名所6選

191 views

古代ロマンの面影が今なお色濃く残るギリシャ。ギリシャの古代都市はどこも歴史の授業や本、映画など、どこかで聞いたことがある場所ばかりです。そこに流れる空気は、実際に足を運ぶことでこそ感じられるもの。そんな古代ロマンにスポットを当てたギリシャの観光名所を6つご紹介します。



1.アテナイのアクロポリス



アテネ市内のどこからも見える高い丘アクロポリス。その上にそびえるドーリア式の大理石で出来た白亜のパルテノン神殿は、街の象徴であるとともに古代ギリシャの繁栄の象徴です。丘の上には他にもアテナ・ニケの神殿、アルテミスの神殿、エレクティオンの神殿などが建てられています。また、17,000人の観客を収容できるというディオニソス劇場では、年に一度悲劇が上演されます。



Costas Tavernarakis



2.アテネの古代アゴラ



「人が集まる場所(市場)」という意味のアゴラと呼ばれる場所は市場としてだけでなく政治や文化の中心地として存在し、ギリシャ古代都市各地にあります。その中でもアテネの古代アゴラは哲学者ソクラテスが通行人を呼び止めて問答をした場所として有名です。ソクラテスやプラトンがここで議論を交わしていたのかと想像すると、非常に感慨深いものがあります。また、アゴラ内には古代アテネの全盛期紀元前5世紀に建てられたへーパイスト神殿が完璧な状態で残っています。



B L



3.デルフィの考古遺跡



かつて太陽神アポロンの信託が行われた聖地として、また「世界のへそ」として有名なデルフィはギリシャ本土、パルナッソス山の麓にあります。紀元前8世紀頃からアポロン信仰がこの地で始まり、中核となるアポロン神殿が建てられました。他にも比較的保存状態の良い、祭事に使われていたとされる野外劇場、各ポリスの宝庫や台座が並ぶ参道、競技場など見ごたえたくさんの遺跡です。



Dino Zarafonitis



4.オリンピアの考古遺跡



 


デルフィと並ぶ古代の2大聖地であり、また古代オリンピック発祥の地として知られるオリンピア遺跡はペロポネソス半島西部にあります。紀元前8世紀頃から4世紀にローマ教皇によって廃止されるまでの1200年間、幾度となくここで古代オリンピックが開催されていました。近代オリンピックの聖火の採火場所として有名なヘラ神殿は、紀元前7~6世紀初頭に建てられたギリシャで最も古い神殿といわれています。


 



 


John Karakatsanis


 



5.ミケーネの考古遺跡



ミケーネはペロポネソス半島東部にある、後方を2つの山に囲まれた自然の要塞都市です。その歴史は新石器時代(紀元前3000年)に遡り、このころから人の居住が始まっています。紀元前1350年頃には遺跡として残る市壁などが建てられ始め、その後城砦や宮殿が建てられました。シュリーマンによって発掘されたことでも有名で、円形墓地から黄金のマスクや王冠などの装飾品が見つかっています。また、紀元前13世紀の窟墓は、今も完全な状態で見ることができます。



Ava Babili




6.エピダウロスの考古遺跡



エピダウロスは同じくペロポネソス半島の東部に位置する、紀元前6世紀に栄えた古代ギリシャ都市です。元々はアポロン信仰の地でしたが、この土地がギリシャ神話の医学の神アスクレピオスが生まれた場所とされていることから、アポロンの子アスクレピオスを祀るようになり、「回復の聖地」として称えられるようになりました。この遺跡で特に有名なのが、ギリシャで最も保存状態の良いといわれる野外円形劇場です。現在でも14,000人を収容する劇場として、夏に古代劇を上演するのに使われています。他に、当時の競技場、宿泊施設、浴場や神殿などを見ることができます。



Patrick Huber


3000年近くの時を越えて、訪れる人を魅了する古代ギリシャの遺跡をご紹介しました。ギリシャに行かれる際は、どうぞゆっくり遺跡巡りをお楽しみください。その際は、歩きやすく滑らない靴(大理石は滑りやすいので転倒注意です!)と、夏の遺跡は日陰が限られているので日射病・熱中症対策をお忘れなく!!

2014年10月10日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop