現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月10日更新

バンコク三大寺院のひとつ!ワットポーの魅力って?

0 views

タイの首都バンコクで観光するなら三大寺院に行く方が多いと思います。


三大寺院とは「ワット・アルン」「ワット・ポー」「ワット・プラ・ケーオ」(エメラルド寺院)の事です。


その中のひとつであるワットポーの魅力をご紹介します。


 



バンコク最古の寺院



 


Fran


 


ワットポーは主要な寺院や王宮があるエリアにあり、


現地へ行くと沢山の仏塔が目に飛び込んできます。


 


ラマ1世によって建てられた寺院で、バンコク最古の寺院になります。


 


 ワットポーの敷地はかなり広く、本堂や礼拝堂などの見所はすべて北側にあります。


 


バンコクで最古だということを知っていれば有難味も増すかもしれませんね。 



大寝釈迦仏




brongaeh


 


 ワットポーと言えば寝釈迦仏です。


全長49m、高さ12mの大きさで、金色に輝くその姿が圧巻です。


 


大仏様と目を合わせながら進んで行くと、心を見透かされるような、心が洗われるような、


そんな気持ちになります。


 


足の裏には仏教と関わりの深いバラモン教の宇宙観が108の絵で表されていて


脚の裏と寝釈迦仏の全体をカメラに写そうと、観光客でいっぱいになる撮影スポットでもあります。


 


表だけでなく寝釈迦仏の裏側も見ることが出来ます。


裏側まで綺麗な装飾が施されているのでそちらも見る事をお勧めします。


 


 



本堂と仏塔



 


 Kaba


 


寺院に行ったら本堂でお参りをするかと思います。


何となく手を合わせる人も多いと思いますが、実はワットポーの本堂には


ラマ1世の御骨が納められていると言われています。


 


詳細に言うと、150体もある仏像の台座に御骨があると言われていますので、


台座に頭を下げる時、思い出してみて下さい。


 


そして本堂の周りには現チャクリー王朝のラマ1世から4世までのお墓があります。


4基の大きな仏塔があるのですが、中にはそれぞれの王の遺骨が納められています。


 


よく見ると色分けされていて、緑色の仏塔は1世、白色は2世、


黄色は3世、青色は4世の遺骨が納めてあります。


 


仏塔の大きさにだけ感動するのではなく、どのような意図で建てられ


何を意味するのか知っていると少し違った見方が出来ます。


 


 




本場のマッサージ



 


pipiw307


 


タイと言えばタイマッサージも有名です。


有名なタイ古式マッサージ発祥の地と言われている寺院がワットポーなのです。


 


ワットポーはタイマッサージの総本山としても知られています。


その所以はラーマ3世が当時本堂や礼拝堂などの壁や柱に


タイ医学や歴史、芸術、占星術、仏教に関する知識を解りやすく絵や文章を


有識者に書かせ、寺を訪れるすべての人にその知識を解放していたことにあります。


 


それらのうち、タイ医学やマッサージに関する知識が後世に残り、


ワットポーはタイマッサージの総本山として知られるようになりました。


 


ワットポーの敷地内にタイ古式マッサージを受けられる場所があり、


本場のマッサージを受けたい人は是非こちらで施術を受けてみて下さい。


場所が寺院敷地内と言うこともあり、心も癒やされること間違いなしです。


 


 


 ワットポーの魅力が伝わったでしょうか。


実際に見てみるとワットポーの素晴らしさに感動するでしょう。


 


有名だから見てみる、というだけではなくなぜ有名なのか魅力を知ってから


ワットポーを訪れて見て下さい。

2014年10月10日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop