現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月9日更新

出世する人の特徴って?今から学んでおきたい成功者たちの共通点・習慣

2751 views

成功する人たちの特徴って一体なんでしょうか…?(大学3年生・男性)


成功者

出世の、二つのパターン



「出世」にも、2つのパターンがあります。


他人とは違う独自の道を行きながら、自らの信念を貫き通すパターンが1つ。スティーブ・ジョブズをはじめとする、一代で革新的なコトをやり遂げた経営者などがこのパターンですね。


もう1つは、組織の中で、有力者や周囲から引き上げられて出世していくパターン。マンガ『島耕作』シリーズが典型ですね。課長→部長→取締役…と役職が上がっていく、一般に「出世」という言葉から連想されるのはこちらでしょう。


今回は、『島耕作』型の出世をする人の特徴をご紹介します。1つ目の、スティーブ・ジョブズ型の出世をする人は、何を言われても自分の道を行くだけなので、ここで何を話しても仕方ないですから。





大事なのは人間関係に時間をかけるコト



まず、組織の中で出世する人は、人間関係に時間をかけています


ここで言う人間関係は、上司・同僚・部下に限られません。社外の取引先や、社内に出入りする業者など、あらゆる人とのコミュニケーションを大切にしています。


仕事は、1人ではできません。ある提案をしたいと思っても、その提案を受け入れてもらえるよう、人を説得する必要があります。


この説得で人を納得させるには、その提案の内容だけでなく、普段の付き合い・人間関係も影響してきます。遠回りなようですが、普段の人間関係に時間をかけている人が、提案を通しやすくなり、実績にもつながって結果的に出世していく、ということが多いのです。





人間関係に時間をかけるコトによるメリット



また、人間関係に時間をかけるコトは、情報をたくさん得られる、というメリットもあります。


仕事をしていると、自分ではどうにもならないアクシデントが、しばしば発生します。


その、いざという時に、人間関係ができていないと大変です。


「こういうコトがあったら、あの人に聞けば良い」という感覚が、分からないのです。


出世をする人は、例外なく「この問題はあの人に質問すれば大丈夫」という情報を持っています。



 

情報を持っているだけでなく、「いざという時に助けてくれる」という信頼関係も出来上がっていますから、出世する人は問題解決のスピードが他の人より早い。


みんな忙しく仕事をしている昨今ですから、AさんとBさんが同時に「助けて」と言ってきたら、やはり人情として信頼関係が深い方から優先して助けたいと思うわけです。



 

人間関係をどう作るか



では、人間関係に時間をかけると言っても、どのようにすれば良いのでしょうか。

これは、その人のキャラクターもありますから、それぞれに合ったやり方で良いと思います。

お酒が苦手な人が、飲み会で3次会4次会まで付き合わなかったから、出世できない、というコトはありませんから安心してください。下戸でも出世している人はたくさんいます。

たとえば、飲み会には参加しなくても、普段の仕事の合間にある休憩時間で話をする。


休日のレクリエーションに積極的に参加する。お昼を一緒に食べる。など、自身のやり方に合った形のコミュニケーションで大丈夫です。


ただ、注意していただきたいのが、一緒に長い時間いるから信頼関係ができるわけではない、というコトです。


仕事は持ちつ持たれつの面もありますから、人から頼まれたら快く引き受ける、自分の得意分野を活かして困っている人を助ける。そういった基本的な人間関係の作法を徹底している人は、強いですよ。人から引き上げられて、どんどん出世していきます。


「所詮は人間関係かよ」とニヒルに構えているうちは、出世できません。組織の中で出世する人はみな、人間関係を大事にしています。

2015年3月9日

written

by shimizu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop