現在17274個の困ったを解決できます!

2016月5月17日更新

全てやりきろう!学生時代の“今だからこそできる”10のこと

26853 views


kaizen.nguyễn


社会人になると、何よりも「時間」がなくなります。




仕事には常に締切があり、ある締切が終わるとまた別の締切ができる。無限ループです。




そこで、学生時代には、特に「時間」をかけないとできないコトをやっておくと良いでしょう。それをやっておかないと、社会に出て、たぶん後悔します。




1.旅




青春18切符を使っての電車旅や、ロードバイクを使っての自転車旅など、格安だけどえらい時間のかかる旅をおススメします。社会人になってからも、旅はできますが、なにぶん時間のない社会人の旅は、観光地をめぐる「パッケージングされた商品」になりがちです。コンパクトでない、自由気ままな旅は、学生時代にしかできません。




2.本を読む




時間をかけて、色々な本を読んでみましょう。




本を読んだら、友だちに話してみたり、ブログに感想を書いたりしてみましょう。今すぐには力にならないけれど、どこかでふっと役に立つかもしれない。それが読書です。書を読み、人に話し、感想をアウトプットした経験は、社会に出てきっと役立ちます。




3.スポーツ全般




会社勤めで、身体を動かす習慣をなくしてしまった人、たくさんいます。




学生時代に何か運動の経験をしておくと、社会人になってからいざ運動をしようと思い立ったとき、有利です。メタボになって後悔する前に、これは面白い!というスポーツを見つけておきましょう。






4.徹夜で闇鍋




徹夜で闇鍋は、あくまで一例です。要は「おバカなコトをやっておく」。これが存外に大事です。新しい人との出会いがあった際に、話題に困りませんし、おバカな経験はその人を人間的にも成長させます。「あの時は、本当にバカだったなぁ…」とつぶやける大人になるには、学生時代にバカをやっておく必要があるわけです。




5.トーク・トーク・トーク




人と、話しまくりましょう。しみじみと話す時間がある、というのは学生の特権の1つです。そうして人と話をしまくるコトで、あなたの話術も磨かれます。営業職に限らず、社会人はコミュニケーション力が重要視される時代です。




6.楽器




楽器の習熟には、時間がかかりますから、ぜひ学生のうちに1つか2つ、楽器をマスターしておきたいところです。楽器の趣味は日々のストレス解消になりますし、仕事で一緒になる人との話題としても使えます。




7.語学




語学もまた、時間がかかります。これは、必ずしも英語をやる必要はありません。ノルウェイ語でも、チェコ語でも良いです。「違う世界観・違う感性」を、語学を通して感じるコトが肝要ですから、自分の興味のある語学にチャレンジしてみてください。




8.創作料理




忙しい社会人は、自炊する暇もなく、栄養バランスも崩れがちです。学生のうちに料理のレシピをいくつかマスターしておくと、いざという時に便利です。




9.季節イベント




夏祭り。BBQ。紅葉狩り。雪合戦。




季節ごとの、「ベタ」なイベントを、ぜひ楽しみましょう。仕事の状況によっては、季節ごとのイベントに参加できなくなってしまう場合もありますから、学生のうちに存分に楽しんでおくべきです。





10.自分探し




自分探しは、ものすごく時間がかかります。




ここで「自分」が見つかれば、人との距離感もわかり、他人様にご迷惑をおかけるすることが減りますから、なるべく早いうちに自分を見つけてください。なるべくなら、学生のうちに見つけてください。




その他、とにかく学生のうちは、時間のかかるコトにチャレンジ、です。

2016年5月17日

written

by shimizu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop