現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月11日更新

タイでラーメンを食べよう!!

186 views

タイには、日本と同じように、各地に「ご当地ラーメン」があります。


中華系も多く住んでいるので、「バミー」と呼ばれるラーメンは、ランチなどに一般的に食べられています。


今回はタイを旅行するときに、是非食べて欲しい、その土地ならではのラーメン店を集めてみました。


 




 1.バミージャップガン(バンコク)Bami Jabgang




バンコクのチャイナタウン事ヤワラートにある創業60年以上の老舗バミー店で、


チャイナタウンに住む人なら誰でも知っている超有名店。


また、麺の量が他のお店に比べてかなり多い事でも知られています。


どこもバミーと言うと1杯の量が少なく、通常1人2杯は軽く食べられる量だが、


ここは1杯が他のお店とは比べ物にならないほどの量。


男性でもおかわりなし、女性だと少し残してしまったりするほど。


量は多くても値段は安く、1杯30~40バーツとお手頃価格。


 


メニューはシンプルに『バミー・ナーム 』ことスープ有りの汁ソバと、 『バミー・ヘーン』ことスープ無しの油ソバの2種類のみ。


テイクアウトするお客さんも多く、お客さんを待たせない様に、


店先には麺と具を一緒に包んだテイクアウト用の紙の束が山済みになっている。


安くて、美味しくて、量も満足の三拍子揃ったお店。


場所はチャルンクルン通り23のソイ・チャルンチャイ1を入って少し進んだ右側。


最寄り駅はMRTフアランポーン駅で、そこから徒歩でも行けない距離ではないが少し離れているので、


タクシーかトゥクトゥクで向かうのがお勧め。


 


Bami Japgang Charoen Krung 23、Soi Charoen Chai 1


OPEN 08:00-19:00 月2日ほど不定期で休業


 



2.バミージョムパラン(バンコク)Bami Jompalung




行列の出来る屋台バミージョムパラン(力持ちラーメン)。 いざ注文するとその大きさに度肝をぬかれる。


料金は、50、150、300、550、700バーツといくつかあるが、 なんと1杯7キロもある特大サイズまである


食べ終えるまで一体どれくらい掛かるのだろうか。


麺だけでなく具も大きくてたっぷりで、ルークチン(つみれ)や、 カニ、エビ、シュウマイ、豚肉、チャーシュー、卵などなど。


若者グループや家族連れでいつも賑わっている。


場所は、BTSオンヌット駅よりタクシーで20分。 タラートナット・ロットファイ(鉄道市場)内にある。


 


Bami Jompalung Talat Nat Rotfai Srinakarin


1/4 Soi 51, Srinakarin Rs., Nongbon, Prawet, Bangkok


OPEN 17:00-24:00


https://www.facebook.com/bamijompalung/timeline


 



3.ミートンポー(プーケット) Mee Ton Poe




プーケット名物の麺料理と言えば福建麺(ホッケンミー)。


19世紀、中国福建省からの移民とともに伝わったと言われており、


美味しい福建麺の店と言えばミートンポーと言うくらいの超有名店。


中国からはるばるやってきた1代目が80年程前に店を構え、


お孫さんがお店を切り盛りする現在でもオープン当初の味を守り続けている。


 


ここでのお勧めは、豚肉、海老、イカなどのミックスタイプに、 生卵をトッピングしたもの


熱々の麺に落とした卵が程良い半熟状態になり、 太めの中華麺と絡めて食べると味がまろやかになって丁度いい感じに。


トッピングとして各テーブルに置いてある豚の皮をカリカリに揚げたものと、


麺と一緒に別皿で出てくる小さな赤玉ねぎをお好みで入れて食べるのがタイスタイル。


現在プーケットには3店舗あり、1号店はプーケットタウンにある、


メトロポールホテルの目の前にある時計台を挟んだ向こう側で、


お店を正面にして右隣には中国寺院がある。


2号店は、パトンから山を越えて下りきったカトゥという地域にあり、


3号店は、プーケットタウンのチャオファー通りから、 サクディデット通りに繋がる道を


サラパッチャン学校方面に行ったところにある。


 


Mee Ton Poe


1 214/7-8 Phuket Rd., Taladyai, Amphoe Muang Phuket


OPEN 9:00-18:30


Mee Tom Poe 2 17/17 Pra-Phuket-Keaw Rd, Amphoe Kathu Phuket OPEN 9:00-20:00


Mee Tom Poe 3 9/109 Sakdidetch Rd. Soi 1, Taladnua, Amphoe Muang Phuket OPEN 10:00-20:30


 



4.カオソーイ・ラムドゥワン・ファーハーム(チェンマイ)Khao Soi Lamduan Faaham




チェンマイの名物料理といえば、カオソーイ。 バミーにまろやかなココナッツカレースープを掛け、


その上にさらに揚げた麺がトッピングされている北部の名物料理。


具は豚肉、鶏肉、牛肉などで、1杯35~45バーツ。


 


カオソーイ・ラムドゥワン・ファーハームは創業70年、 チェンマイで最も有名なカオ・ソーイの老舗。


一日に500杯は軽く売り上げるという大人気店ながら、 店構えは知らなければ通り過ぎてしまいそうな


小さな食堂と言った感じで、 店先に「カオソーイ・ラムドゥワン」と片仮名で書かれた小さな表示が目印。


場所は、国鉄のチェンマイ駅からピン川を北上したところにあり、 ソンテウやトゥクトゥクなどで約15分。


バンコクにも支店がある。


 


Khao Soi Lamduan Faaham 352/ 22 Charoen Rat Rd, Chiang Mai


OPEN 8:00-17:00


 




おわりに



タイにはこの他にもトムヤムラーメンや、焼きそば、カレーそうめんなど、


豊富な麺類がありますので、おいしそうなものを街角で見かけたら、


是非食べてみてくださいね。

2014年10月11日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop