現在17272個の困ったを解決できます!

2014月10月10日更新

スリに注意!バルセロナで気を付けるべきこと

875 views

サグラダ・ファミリアにパエリヤ、ワインと日本人にも人気の高いスペインのバルセロナ。街中は治安もよく、ついつい日本にいるのと同じ感覚で過ごしてしまいますが、なんと、スリ被害がとても多いのです。特にアジア人は現地人ではないと見た目でわかってしまうので、狙われやすいです。
楽しい旅行を台無しにしないために、ぜひ気を付けてほしいことをお伝えします。


 



1 貴重品は持ち歩かない



 


仮にスリにあっても被害を最小限に抑えるために、持ち歩くのはその日に必要な現金、カードのみ


現金を多めに持ち歩かないといけないときは、切符を買ったりするお金をいれた小銭入れと、それ以外の現金をいれたお財布を分けて持ちましょう。パスポートはコピーをとっておき、それを携行するのがオススメです。


また、その日使わない大量の現金が入ったお財布やパスポートは、ホテルのセーフティボックスあるいはフロントに預けましょう。


 


 



2 鞄は口がしめられるものを持ち歩く



 


荷物がたくさん入るトートバッグはつかい易いですが、バルセロナではおすすめしません。必ず、ファスナーなどで口が閉められるものを使いましょう
また背中に背負ってしまうと見えなくなるので、肩にかけるタイプか斜め掛けタイプがオススメです。そして、開けたら閉めるのを忘れずに!


 



3 荷物から「目」と「手」を離さない



 


日本ではカフェでの席とりに荷物を置きっぱなしにしますが、バルセロナではNG置きっぱなしは絶対にやめてください
また、背中に荷物を背負ったり、カフェで椅子の背中に荷物を掛けるのもスリに狙われます必ず「目」と「手」が届くところに荷物をおきましょう。
特に最近、カフェのテーブルに置いておいたiPhoneやタブレット端末を盗られるケースが増えています。日本でするように「だしっぱなし」にしないように注意しましょう。


 



4 近寄ってくる人、話しかけてくる人を相手にしない



 


花売りのおばあさんからお花を買ってあげようと財布をだしたら盗られそうになった、道を聞くふりをして近づいてきた男にiPhoneを盗られた、というケースがあります。ついつい親切心で立ち止まって話を聞いてあげたくなりますが、道で近寄ってくる人には十分注意しましょう。(普通のバルセロナの人は親日家も多く、いうまでもなく親切ないい人が多いです!)


 



5 万一に備えて、対応を確認しておく



 


いくら注意していてもスリに遭遇してしまうこともあると思います。その時にパニックにならないように、警察や大使館の連絡先やカード会社への連絡方法などを事前に確認しておきましょう
最近では盗難された携帯電話で高額の使用料が発生したケースもあるそうです。携帯電話をお使いの方は、携帯の利用停止方法についても確認しておいたほうがいいですね。
また、海外旅行保険によっては盗難被害が補償されるケースもありますので、万一に備えて保険に加入しておくのもオススメです。(補償条件に付いては契約時に十分確認ください)


 




★ スリ以外に巻き込まれやすい犯罪



 


スリ以外の銃犯罪(銃撃事件など)は比較的少ないバルセロナですが、やはり、深夜の人通りが少ない道や治安がよくない地域(ラバル地区)は、強盗・暴行などの恐れもあります特に女性の一人歩きは狙われやすいので避けましょう。(夕食が遅いバルセロナの人たちは夜10時ごろまでは普通に出歩いていますが、それを過ぎると一気に人通りが減っていくので注意が必要です。)


 


 


 


 


いかがでしたか?


見どころも多く、買い物、食事も楽しめるバルセロナは最高の観光スポット。


スリには十分に注意してバルセロナを楽しんでくださいね!


 


 


 


 

2014年10月10日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop