現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月6日更新

荷造り前にチェックしよう!バルセロナの気温

245 views

スペインのバルセロナといえば、燦々と降り注ぐ太陽の光。そのイメージからかバルセロナは一年を通して暖かいと思われているかたもいますが、スペインにもちゃんと春夏秋冬があります。


現地で服装に困らないように、出発前にバルセロナの季節と気温を確認しておきましょう。


 



春(Primavera プリマベッラ) 3月~5月



3月に入ると急に暖かくなり、ぽかぽか陽気の日が増えてきます。気温は朝晩10度前後まで冷え込みますが、日中は15度~20度前後まで上がります。


朝晩と日中の温度差が大きいので脱ぎ着できる手のコートやブルゾン、マフラーかストールの持参がオススメです。
雨はあまり降りませんが、朝晩通り雨があることがあるので折り畳み傘があると安心です。


4月はイースターもあり、街中にイースターエッグを売る屋台なども見られて町全体が春らしくなります。また、3月末からはサマータイムになるため、時差も日本との時差も1時間短い7時間になります。




夏(Verano ベラーノ) 6月~9月



最もスペインらしい季節とも言える夏。日中は25度~30度まで気温があがります。


ですが、日本とは違い湿度が低いので、過ごしやすい気候です。また、朝晩は15度~20度まで冷えます。電車やバス、レストランなどの店内も冷房が強いので、カーディガンやストールなどの羽織ものも忘れずに!


 


日中の日差しはジリジリと射るような強さ。帽子やサングラスを忘れずに持って観光にでかけましょう(日傘はさしているひとがいないので結構目立ちます)。また長時間日差しの中にいると日射病になる危険もありますので、こまめに休憩をとるようにしましょう。


この時期は夕方から夜中にかけて激しい雷雨がしばしばあります。天気予報を確認し、折り畳み傘を持ってでかけましょう。




秋(Otoñoオトーニョ)10月~11月



太陽の日差しも徐々に穏やかになり、秋の訪れを感じます。日中の気温は20度~15度くらいまで下がってきます。朝晩は10度前後とひんやり肌寒い時期です。街中ではぽつぽつとコートを着ている人がでてきて、冬に向かって行きます。


日頃雨が少ないバルセロナですが、この時期は2~3日強い風とともに雨が続くことがあります。急な冷え込みにも対応できるように、コートのほか、防寒インナーやマフラー、ストールなどもあると安心ですね。


また、10月下旬にはサマータイムが終了し、日本との時差はまた8時間に戻ります





冬(Invierno インビエルノ)12月~2月



バルセロナにも冬到来です。とはいっても、日本のようは冷え込みはなく、東京の11月くらいの気温が続きます。朝晩は5~10度くらいまで冷え込みますが、日中は10度~15度


この時期の服装はどうしてもかさばってしまうので、薄手の防寒インナーなどを活用して荷物を減らすのもオススメ。また、使い捨てカイロも役立ちます。バルセロナではあまり売っていないので、必要な人は日本から持ってきましょう。


クリスマスには通りにイルミネーションが飾られ、防寒をしっかりして見にいくのもこの時期ならではの楽しみです。冷えた体は、カフェにはいってホットチョコレートであっためるのがバルセロナスタイルです!



いかがでしたか?それぞれの季節で違った顔をみせるバルセロナ。季節ごとの特徴を抑えて、無理なく、楽しくバルセロナ観光してくださいね!

2014年10月6日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop