現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月9日更新

有意義な大学生活の過ごし方とは一体何か?

9590 views

有意義な学生生活ってなんでしょうか…最近授業・サークル・バイト…の繰り返しでこれでいいのかと不安になるときがあります。(大学2年生・男性)


 



www.audio-luci-store.it

有意義でない大学生活とは何か?



有意義な大学生活とは何か?を考える時には、


逆に、有意義でない大学生活とは何か?を考えてみると良いです。


有意義でない大学生活。


それは、NHK朝ドラ「花子とアン」、2014年5月17日の放送でも言われていましたが、


「何十年後か後に、『学生時代が一番よかった』と心から思ってしまうような」学生生活を送ったときです。



 

「花子とアン」ブラックバーン校長 卒業式でのスピーチ

http://locatv.com/hanako-anne-blackburn-speech/

 

「今」に不満があるとき、人は「過去」か「未来」に想いを寄せます。


たとえば、「今」は、彼氏・彼女がいないとしましょう。



 

しかし、「過去」はモテていた。あの時が最高だった、と思うか。


しかし、「未来」で結婚できるよう、「今」から準備をしよう、と思うか。



 

さて、成長できそうなのは、どちらでしょうか?

羽生善治氏のコト



歴代単独1位の、通算獲得タイトル期数を持つ羽生善治氏は、


『大局観 自分と戦って負けない心』(角川oneテーマ21)の中で述べています。



http://www.amazon.co.jp/dp/4047102768

 

若い時には、経験がないから、選択肢が見えなくて、迷うことなく勢いで勝てた。


これが、歳をとり、経験を積むと、若い時に見えていなかった選択肢が見えるようになる。


選択肢が見えるから、迷う。勢いはなくなってくる。


しかし、経験を積んで見えた選択肢から、迷っても選んで打った手には、重みがある。



 

こういった趣旨です。過去を振り返り、反省するコトは、確かに必要です。


必要ですが、それは後でもできます。


迷うのは、老いた証拠です。


若い時には、経験のない真っ白な時にしかできない、勢いがあります。


その勢いを向ける対象は、なんでも構いません。


大学生活は、あらゆるコトに門戸が開かれているのです。


その門を、勢いに任せて、進んでみてください。


勢いに任せて進んだ経験があれば、後で老いて「迷う」ことがあっても、


きっとその人の力になっています。




マインド→行動へ



ここまでは、主にマインドの話をしてきました。


「過去」よりも「未来」。「勢い」に任せて進むこと。



 

それでは、実際にどういった行動をとっていけば良いでしょうか。

 

その人に合った道を進むのが1番ですので、


ここでは1例だけご紹介します。



 

「対話」をしてみてください。


対話の相手は、友だちや恋人、家族に限りません。


先生、社会人の人、バイト先の人、さらには、自分自身。


とにかくあらゆる人と、「対話」をすること。



 

無理に、自分の話をする必要はありません。


人の話を聴くだけでも、大丈夫。聴くだけでも、色々な刺激があります。



 

大学生活は、授業、レポートなどの宿題、アルバイト、サークル。


高校時代よりも、自分の選択によっては、忙しくなります。


ただ、この忙しさというのは曲者で、「日常」を「作業」に変える作用があります。


忙しいことで、無駄に充実感も得られます。



 

しかし、その忙しさの先に、何かが残るでしょうか?


ぜひ、そのコトについて、誰かと「対話」をしてみてください。


「有意義な大学生活とは何か?」と問いかける所から、


有意義な大学生活はスタートします。


スタート地点に立ったら、後はまっすぐにでも、八の字に曲がりながらでも、


とにかく進みましょう。



 

最上のものは、常に将来にあります。

2015年3月9日

written

by shimizu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop