現在17272個の困ったを解決できます!

2015月3月9日更新

「人間関係がめんどくさい」と感じるなら…わずらわしい人付き合いの整理法

24641 views

大学生になるとうわべだけの付き合いなのに、団体(サークル)に束縛されたりするので人間関係がしんどいです。対処法ってないですか?(大学3年生・女性)


 



Vive La Palestina



 

人間関係…めんどうくさい響きですね。


めんどうくさくとも、大学生活では、ゼミ、サークル、バイト先などなど。


どうあっても、人間関係は避けて通れません。


理系の研究室でも、1日中、研究室のなかに人が詰めているわけですから、


ある種、文系よりも、理系の方が人間関係が密だったりします。



 

さて、それでは、どうして人間関係はめんどうくさいのでしょう?

人間関係がめんどうくさい理由



他人との付き合いでは、自分の思い通りにいかないコトがしばしばです。


何かをやろうとすれば、必ず、反論したり文句を言う人が出てきます。


何かをしようとしなければ、必ず、なんでやらないの?と文句(正論)を言う人がいます。


うーん、わずらわしいコト限りないですね。



 

また、人に対して抱く感情は、ポジティブなモノばかりではありません。


ネガティブな感情も、当然、あります。


そして、ネガティブな感情もまた、ポジティブな感情と同じく、伝染します。


自分の責任でもないのに、ネガティブな感情(重石)を伝染させられるなんて…


もう、めんどうくさいですね。




自分と相手のキャラクターを知る



それでは、こういった人間関係を、どのように整理していけば良いでしょうか。

 

まず、その人のキャラクターを掴みましょう。


その人のキャラクターを掴めば、どういった対応をとれば良いのか、方針が立ちます。


性格診断には様々なツールがありますが、


ここでは評論家の岡田斗司夫氏が考案した「4タイプテスト」がおススメです。



 

「4タイプテスト」


http://four-types.appspot.com/


(こちらのリンク先から簡単にテストできますから、試してみてください)



 

このテストでは、注目型、司令型、法則型、理想型に分けられます。


それぞれのタイプには相性があり、それぞれのタイプは求めているコトが違います。


自分と、相手のタイプが分かれば、人間関係の距離感や、


普段の対応の仕方が分かります。



 

整理のためには、まずは、自分と相手のキャラクターを考えましょう。

居場所を複数持つ



自分と相手のキャラクターが分かり、対応の仕方が分かったとします。


それでも、人間関係はごにょごにょと、めんどうになっていくでしょう。


何故なら、「流れ」がないと、人は澱むからです。



 

特定の人間と顔を毎日突合せ、同じようなことを繰り返す。


そうしていると、ささやかな「差異」が気になるようになります。


ちょっとした言動が気にかかったりします。


そうしますと、危険な兆候です。



 

一度、その人間関係とは、別の所に顔を出してみましょう。


サークルばっかり入り浸っているなら、新しいバイト先に行ってみる。


いつも同じメンバーの友人ばっかりの状況だったら、新しい授業をとって友だちを探してみる。


すなわち、別の「居場所」を創る作業です。



 

複数の居場所を創るメリットは、自分のキャラクターを流動的にできるコトです。


ある場所では、あなたは劣等生かもしれません。


しかし、別の場所では、あなたは優等生かもしれません。



 

特定の場所に固定化し、自分に劣等感が生まれたり、他人の小さな言動にイラッとするようになった時に、人間関係の疵が生まれます。


そうした時は、別の居場所に退避し、距離を置くこと。



 

キャラクターをつかみ、複数の居場所を持って距離感を保てれば、


きっと人間関係はクリアになり、整理され、めんどうくささから逃れられることと思います。

2015年3月9日

written

by shimizu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop