現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月11日更新

一年中夏服でOK?グアム旅行に持っていくべき服装講座

6218 views

グアムは常夏の島。


一年中暑いから薄着で!とお考えのあなた。


ちょっと待って下さい。


 


気候は暖かくても、薄着では少し不安です。


 


グアムへ持って行きたい服装をお伝えします。


 



飛行機に乗ることを考える




 double-h


グアムは近いとはいえ、飛行機に乗って3時間半ほどかかります。


 


飛行機に乗ったことがある人は分かると思いますが、機内の温度は意外と低め。


上空は空気が冷たいからです。


 


そして乾燥もする機内では、余計に体感温度が低く感じます。


 


グアムは暑くても、機内では寒さ対策として、肌の出ない服装で


過ごすのが一番です。


 


靴下や羽織物を持って行くのも良いでしょう。


 


 



グアムの店内は寒い




 Timothy Takemoto


日本でもありがちですが、店内や屋内施設では冷房がガンガンにかかっているので


外との温度差が激しいです。


 


グアムの人たちは暑い時期しかないのでとにかく冷やしたがります。


 


歩き回っていると寒く感じることはなくても、ちょっと休憩したり


ご飯を食べたりする場所では寒さが気になってゆっくり出来なかった!なんて


こともありますので、羽織る物は持参していきましょう。


 


 



スコールに備える




 chotda


 グアムはスコールが多く、折りたたみ傘を持ち歩くのが一番ですが


生地が薄めのパーカーを持っていると重宝します。


 


雨の時はフードを被って、肌寒いときは羽織れますから


使い勝手が良さそうです。


 


晴雨兼用の傘があると雨にも紫外線にも対応出来ますね!


 


 



夜の気候にも対応を




 Luke Ma


夜も服装には注意が必要です。


昼間感じる太陽のジリジリ感が無くなり、涼しくなります。


 


昼間の感覚で夜遊びに出掛けると寒く感じる時もあるので


羽織物は忘れずに持参して下さい。


 


 


 



紫外線対策も忘れずに




 Timothy Takemoto


グアムは日本と比べて紫外線の量も多いです。


その為、日焼けには特に注意したいところ。


 


目や髪の毛を紫外線から守る意味でサングラスやつばの広い帽子は


有効ですから、日差しが強いと感じたらすぐに使えるように持参して下さい。


 


 



水着は持って行く




 Geoanne Millares


現地で可愛い水着を買って使おうと思っている方もいらっしゃると思います。


もちろんグアムは可愛い水着が多く、買いたくなるのですが、


サイズが問題です。


 


日本人用に用意されたサイズで売っていませんから、


可愛いと思ってもサイズが合わない事はグアムでのあるあるです。


 


水着に限らず洋服や下着もそうなので、ゆっくり買い物する時間があるなら別ですが


それよりもプールやビーチですぐに遊びたいと思ってる方は日本からの持参をお勧めします。


 


 




場所によっては正装が必要




 Greg Hirson


観光地やビーチ、街中では短パンにTシャツ、サンダルといったラフスタイルで構いませんが、


ホテルのレストランやディナーショーなどへ行く予定のある方は軽めの正装がベターです。


 


男性であればシャツに長ズボン、女性ならワンピースが好ましいです。


 


ビーチサンダルも避けましょう。


 


 


 


以上、グアムに持って行くべき服装をご紹介しました。


 


あれもこれもと持って行くと荷物が多くなるので、


現地で何をするのか、どこへ行くのかによって必要最低限の服装を


用意して行きましょう。

2014年10月11日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop