現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月9日更新

意外と知られていないバングラデシュの観光名所3選

3885 views

バングラデシュといえばアジア最貧国というイメージばかりが強く、観光地という印象は少ないかも知れませんが、世界遺産を含め、多様な観光スポットが楽しめます。


 


今回はそんなバングラデシュのおすすめ観光スポットの中から、厳選して3か所をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。



パハルプールの仏教寺院遺跡群



 


 Stefan Krasowski


 


現在ではバングラデシュはイスラム教国なのですが、9世紀頃にこの地域はパーラ王朝の支配を受け、その時代には仏教が栄えました。これとともに多数の仏教寺院が作られ、その中で最大のものがパハルプールなのです。パハルプールとはベンガル語で、パハルは「山」、プールは「中核」を意味します。


 


この遺跡の敷地は約27エーカーという大きさを誇り、遺跡内部には177もの僧坊と、72の台座を有し、当時は多くの意識人や僧が集まり、瞑想しながら宿泊していたと考えられています。こちらはユネスコの世界遺産にも登録されています。


 


遺跡上部からの景色は最高なのですが、現在では遺跡そのものが少しづつ崩れていってしまっているため、登ることは出来なくなってしまっています。 敷地内には博物館も併設されているため、予備知識がなくても楽しめるスポットになっています。



コックスバザールの世界一長いビーチ



 


unicorns547


 


バングラデシュでビーチというイメージを持つ方は少ないかも知れませんが、コックスバザール地方には何と120kmにわたって延々とのびる世界最長のビーチがあります。イスラム教国なので、女性たちは水着にならず服を着たまま海で遊ぶ姿が印象的です。


 


タイやインドネシアの海のように透明度が高いわけではありませんが、バングラデシュという言葉でイメージするような汚い海ではありませんし、砂浜をバギーなどで走るアクティビティなど、遊びスポットとしてもなかなか充実しており結構楽しめます。


 


ビーチ周辺では新鮮な魚介類が安く楽しめるのはもちろん、色とりどりの貝殻に任意の文字を入れて売ってくれる店などもあり、バングラデシュ国内では最もメジャーな観光スポットになっています。 ビーチから少し離れれば、遺跡やモスクなどにも行けますので、コックスバザールでは盛りだくさんの観光を楽しむことが出来るでしょう。




シュンドルボンのマングローブ



 


joiseyshowaa


 


シェンドルボンはバングラデシュ南西部に広がる広さ約6,000平方kmのユネスコ世界自然遺産に登録されているマングローブ原生林です。マングローブとしては世界最大で、ベンガルタイガーの生息地としても知られます。 原生林の内部を網の目のように流れる河川には、川イルカなどの珍しい生物もたくさん存在し、動植物の宝庫になっています。


 


シェンドルボンは良質な蜂蜜の産地としても現地ではよく知られ、ハニーハンターと呼ばれる人たちが時期になると原生林の奥深くに入っていき、蜂蜜を採取します。毎年ベンガルタイガーに襲われる人が出るという危険な仕事ですが、彼らは美味しい蜂蜜を取る人たちとして尊敬されているそうです。


 


 


いかがでしたでしょうか?


 


世界的に有名な観光スポットはあまりないバングラデシュですが、訪れる価値のある観光地は今回ご紹介したもの以外にもたくさんあります。みなさんもバングラデシュで自分だけのおすすめスポットを探してみてくださいね。

2014年10月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop