現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月2日更新

全6カ所紹介!フィリピンで見ておきたい世界遺産まとめ

60 views

日本から飛行機で、約4時間のところにあるフィリピン。


物価も安く、日本から近いと人気のフィリピンでの世界遺産をまとめてみました。



スペイン統治時代の街並みが残るビガン歴史都市




Eugene


 


フィリピン・ルソン島の北部にあるビガン歴史都市には、大航海時代である16世紀のスペインの街並みが今も残っています。


第二次世界大戦の戦火を、奇跡的に免れたスペイン統治時代の面影が残るメナ・クリソゴロ通り


車などの侵入が禁止されてるため馬車などの移動で、スペイン統治時代の風景を探索できます。


200メートル程度の距離ですが、16世紀にタイムトリップした感じにさせてくれます。


夜、街灯が灯りを灯した時のビガン都市は、古き街並みの雰囲気を一層引き立たせます。



地底河を探検 プエルト・プリンセサ地底河川国立公園




Ryan Altamera


 


マニラから飛行機で約1時間、プエルト・プリンセサ市街地からは車で約3時間のところにあるプエルト・プリンセスは、


1999年にユネスコの世界遺産に登録されました。


想像を絶する広さがある地底河川での探検は、まるで冒険家になったように感じさせます。


ガイド付きで約1時間のボートツアーもあり、浅瀬に下りることもあるので濡れてもいい服装がおススメです。


時間待ちが起こる事もあるので、時間に余裕が必要となります。



フィリピン初の世界遺産 バロック様式教会群




Santiago Vallejo


 


1993年ユネスコの世界遺産に登録された、フィリピンのバロック様式教会群。


フィリピンには4つの教会があり、ヨーロッパのバロック建築で作られた石造りの教会です。


16世紀、ヨーロッパの統治下にあったフィリピンは現在もその姿を濃く残しています。


なかでも1571年に建築されたマニラのサン・アグスチン教会は、最も古い教会とされています。


ほかには、パオアイのサンアグスチン教会・サンタマリアのアスンシオン教会・パナイ島のビリャヌエバ教会などが


世界遺産として登録されています。



天国へ登る階段と呼ばれる コルディリェ―ラの棚田郡




kerolic


 


1995年にユネスコの世界文化遺産に登録された、コルディリェーラの棚田郡。


標高1,000メートルを超える山脈は、息の飲むほどの自然の造形です。


フィリピンのルソン島の北部の中央山岳地帯に広がる棚田郡は、移動時間に


フィリピンのマニラからバスで10時間かかり、そこから更に車や徒歩で約3時間のかかる


秘境の地とも呼ばれています。


天国へ登る階段」と言われる棚田郡は、山岳民族のイフガオ族がほとんど手作業で造形されたと言われています。



 ダイバーが憧れる澄んだ海 トゥバタハ岩礁海中公園




Jayvee Fernandez


 


フィリピン諸島の南西にある、パラワン島の岩礁と珊瑚礁のトゥバタハ海中公園


透き通った海と珊瑚礁が綺麗でダイバー達には憧れの海です。


1993年フィリピン初ユネスコの世界遺産に登録されました。


透明度の高いトゥバタハの海で魚たちの優雅に泳ぐ風景は、想像以上に素敵な物です。



大自然の宝庫 ハミギタン山岳地域野生動物保護区




jojo nicdao


 


2014年世界遺産に登録された、ミンダナオ島にあるハミギタン山岳地域野生動物保護区。


様々な絶滅危惧種が数多く存在する地域です。


 




おわりに



古い時代の歴史が、今もなお原形をとどめているフィリピンの世界遺産。


16世紀時代の風景や、紀元前1000年にイフガオ族によって作られた棚田郡など


数多くの魅力的な場所が残されています。


フィリピンは移動距離が長い所が多いので移動先での料金は、自前に調べるか乗る前に確認するなどの


手配をしておくことがトラブルを防ぎます


世界遺産の箇所の入場については、シーズンによって入れない場所もあるので


確認を取ることをおススメします。


安全な旅をするために、治安状況も調べておくと安心で快適なフィリピンの旅が満喫できますよ。


 


 


 


 


 

2014年10月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop