学生生活の「困った」を解決するウェブマガジン

海外・留学

5606 views

Medium 74355091 1a0abad347 z 220x165

シドニー空港の案内まとめ!入国や出国、各種アクセスなど

シドニーの玄関口、シドニー空港(正式名称はキングスフォード・スミス空港)の中をご案内します。



photo by Long Zheng



入国



入国審査(Immigration)



飛行機から降りたら、まずは入国審査カウンターへ向かいましょう。みんなのあとをついていけば大丈夫です。


オーストラリアのパスポートを持っている人と、それ以外の人用のレーンがあります。


パスポートと飛行機の中で配られた入国カード(記入漏れはないですか?)を係員に渡して、問題なければスタンプを押してもらいます。


その際、何も聞かれない場合が多いですが、聞かれるとしたら、


どのくらい滞在する予定か?(ハウロング~)


どんな目的で?(ワッツパーパス~)


くらいでしょう。心配な人は練習しておきましょう。


 



荷物の受け取り(Baggage Claim)



荷物を受け取る前に、一人旅の方はトイレ、大丈夫ですか?身軽な今のうちに行っておきましょう!


ターンテーブルで預けた荷物を受け取ります。


似たようなかばんやスーツケースが多いので、間違えないように目印があるといいですね。


名前、住所(国名も)もしっかり書いておくことをお勧めします。


万が一自分の荷物が流れてこない場合、日本の空港で荷物を預けたときにもらった半券(航空券の裏にペタッと貼られていることが多い)を係りの人に見せましょう。


なので、自分の荷物を間違いなく受け取るまで、半券はなくさないようにしてくださいね。



photo by Bentley Smith


 



税関と検疫(Custom/Quarantine)



荷物を受け取ったら、税関です。


入国カードに申告したとおりで間違いありませんか?申告漏れはありませんか?


食べ物は、何か持っていたら必ず申告しましょう。これはどうだろう・・・と迷ったら申告しましょう。


もし持ち込み禁止のものを持っていた場合でも申告していれば没収されるだけです。罰せられることはありませんのでご安心を。


破棄するためのゴミ箱もたくさん設置されているので、あきらかに持ち込み禁止のものであるとわかっていれば捨てればOK。


申告するべきものを何も持っていない人は緑のゲート(No Declare)へ、持っている人は赤のゲート(Declare)へ進みます。


緑のほうがたいてい空いているのでつい、大丈夫だろう・・・とそちらへ行きたくなりますが、そこで検査して何か見つかった場合、罰金とお説教が待っています。


オーストラリア特有の素晴らしい生態系を壊さないためにも、正直に申告しましょう。


とにかくオーストラリアは厳しいです。禁止品目かどうか、申告すべき品目かどうかわからなければ赤ゲートへ進み、税関の職員にみてもらいましょう。


持ち込みに申告が必要なものについてはDeartment of Agriculture/Australian Government (日本語)を確認してください。



空港のサービス



無事入国できました。そこはシドニー国際空港ターミナル1の到着ロビーです。



両替



オーストラリア・ドルをまったく持っていない人は、これから市内に出るために必要な分だけ両替しておきましょう。


到着時間にもよりますが、市内に両替所はありますので、レートのあまりよくない空港でたくさん両替する必要はないと思います。



案内所



トラベルコンシェルジュ(travel concierge)に寄っていきましょう。


ホテルやバックパッカーズの予約はもちろん、シドニーについて、ツアーやイベントについて等、様々な情報を集めることができます。


インターネットも使えるし、タッチパネルで情報収集もできます。


これから市内へシャトルバスで行こう、という方はここで予約できます。



食事




photo by Mai Le


 


時間のある方は、ちょっと落ち着くためにもカフェでコーヒーでもいかがでしょうか。


2階の出発ロビーにはフードコートがあるのでがっつり食べたい方も覗いてみるといろいろあって楽しいですよ。


※2階とは、日本でいうところの3階にあたります。1階がGround Floor、2階が1st Floor、3階が2nd Floorです。



国内線に乗り継ぎ



到着したターミナルは国際線ターミナル(T1)です。


ターミナル2(T2)、ターミナル3(T3)が国内線ターミナルになります。


電車で一駅分離れているので歩いて移動はできません(T2T3間は歩いて移動できます)。


シャトルバス(T-BUS)か列車(Airport Link)での移動になります。



photo by Mel Green


 


T3はカンタス航空専用ターミナルです。


カンタス(国際線)/カンタス(国内線)の乗り継ぎの場合無料のシャトルバスが利用できます。


"Qantas Domestic Transfer"の看板を辿っていきましょう。


※コードシェア便だと無料ではないということもあるようです。確認してください。



その他



お土産や、郵便局、薬局、本屋、レンタカー各社、携帯電話ショップなどかなりの充実度です。


シャワーも無料で使えます(出発ロビー/出国手続き前後両方にあります)。


免税店もたくさんあります(到着ロビー/入国手続き前・出発ロビー/出国手続き前後両方)。


くわしくはこちら。 Sydney Airport



photo by Simon sees



出国



時間に余裕をもって出国手続きしましょう。手続き後もお店がたくさんあって楽しめます。時間つぶしに困ることはありません。



搭乗手続き(Check-in)



航空会社のチェックインカウンターでチェックイン。


座席の希望もあれば伝えておきましょう。個人的に通路側の席をお勧めします。トイレへ立ちやすいからです。


ここで出国カード(outgoing passenger card)をもらって記入しておきましょう。


出国審査カウンターの手前でももらえますが混んでいて時間がかかってしまうことがあるので、前もってもらって記入してから出国審査カウンターへむかうとスムースです。



出国審査(Immigration)



早めに出国審査カウンターへ向かい、手続きをしましょう。パスポート、出国カード、搭乗券を準備しておきましょう。


出国カードをまだもらっていない場合はこちらでもらって記入してからカウンターへ。



TRS(Tourist Refund Scheme)の手続き



旅行者払戻制度が適用される場合があります。利用する場合はTRSのカウンターへ。


出国時に手荷物として持ち込むことができるもので、未開封、出国前60日以内に、同一店舗でA$300以上の購入で、それを証明するTAX INVOICEが一枚にまとめられて発行されていることなどが条件になります。


商品にかかっている消費税10%(ワインの場合は14.5%)が返還されます。


詳しくはAustralian Governmentのページで確認してください。ページを下にスクロールすると様々な言語一覧があり、その中にJapaneseもあります。



手荷物検査(Security Check)



X線検査です。



搭乗




photo by Colin Charles


 


搭乗ゲートは前もって確認しておきましょう。思いのほか遠い場合があります。


それからゲートが変更になったり突然飛行機がキャンセルにならないとも限りません。


アナウンスの聞き取りには自信がないという方は、案内板(出発予定便名、時間、行き先、ゲートナンバー、そして時間になるとGO TO GATEの文字が出る)を時々確認してくださいね。


搭乗時間までシドニーをしっかり満喫してください。でも搭乗時間にはくれぐれも遅れないようお願いします!



photo by 『Mo』



市内へのアクセス



 シドニー空港は市内から約15kmのところにあります。


市内へは列車かタクシーかシャトルバスで移動します。



 列車



渋滞も関係なく、自分の目で確かめながら行けるので気楽な感じがしますが、荷物が多い場合はちょっと大変ですね。


夜遅い場合や利用客が少ない場合は、Nightsafe Areaと書かれている場所で電車を待ち、青いランプのついた車両に乗り込みましょう。あるいは利用を控えたほうがよいかもしれません。


乗り方自体はわかりやすいと思います。


シドニー市内のセントラル駅まで約13分です。


Sydney Trains-Network map


Sydney Trains-Fare calculator



photo by eGuide Travel



 タクシー



他に比べて料金は高いですが、行きたい場所まで行ってもらえるので楽ですね。


3人以上いるのであれば列車とそれほど変わらない値段で市内まで行けると思います。


市内までA$50前後、時間はそのときによって違うのではっきりしませんが20分から40分ほど。



 シャトルバス



基本的に予約が必要です(先に述べたトラベルコンシェルジュで予約可能)。安い上に行きたいところまで乗せてもらえるので便利です。


ただし他の人たちがどこまで行くのか、運転手がどこから行くのかがわからないので到着時間がまったく読めません。


時間に余裕をもってご利用ください。


Sydney Airporter


AirBus Sydney


Airport Connect


City Discovery


他にもシャトルバスはあります。各会社のHPよりオンライン予約が可能です。


各社、市内までA$16ほどです。


※市内から空港へ行く際は、国際線利用のときは"international(インターナショナル)"、国内線利用の際は"domestic(ドメスティック)"ということを忘れないでください。




まとめ



とてもきれいで使いやすく、内容も充実しているシドニー空港。


シドニーに到着したらまずここで情報を得て一息ついて、展望台からの眺めを楽しんだりして、英気を養って下さい!


それから、どうしても英語で聞けない、でも聞きたいことがある!という場合、検疫を終えて到着ロビーに出てくると、ツアー客を出迎える日本人のツアーコンダクターが旗を持って待っている場合が多くあります。


彼らはお仕事中なのであんまり時間をとらせてはいけませんが、どうしても聞きたいことがあれば聞いてみるのもひとつの手です。


そしてオージーも気のいいやさしい人が多いので、どきどきしながら英語で話しかけてみてください。


たとえ失敗してもあとで思い出したら楽しいですし、そのどきどき感が旅の楽しさのひとつだと思います。


心配しすぎるくらい心配な方は、英語で紙に書いて準備しておくといいですね、たとえば検疫で申告するものの名前とか、泊まる予定のホテルの住所など。


 ただ通り過ぎてしまうにはもったいない空港なので、ぜひ余裕をもって行って楽しんでみてください。



photo by Mel Green


 


 

Written by tabisapo

関連記事

おすすめ記事