現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月9日更新

世界中から人が集まるロンドンの定番観光スポット10選

90 views

イギリスと聞いて何を連想するでしょうか。アフタヌーンティー、フィッシュアンドチップス、バッキンガムパレスあるいはハリーポッター。スコットランドの独立問題も、最近ではタイムリーな話題かもしれません。


いろんなイギリス像があると思いますが、ここではロンドンに的を絞ってぜひ訪れたい定番の観光スポットをご紹介しましょう。






ロンドンアイ



ロンドンを眼下に一望することができます。シースルーのカプセルから見渡せる晴れた日の眺望は、見事と言う他に言い表せません。ミレニアムを記念して建造されて以来、ロンドンの観光スポットとしてその人気は衰えることを知りません。夕方以降の時間を選んで、360度パノラマのロンドンの夜景を楽しむのもまた一興です。






ビッグベン&国会議事堂



ニューイヤーの鐘で有名な大時計塔のビッグベンです。ロンドンの顔ともいえるこの塔に並んで建つのが国会議事堂です。世界遺産にも登録されたこの国会議事堂ですが、あまりに巨大なためになかなかいい写真が取れません。


ビッグベンのすぐ脇にかかるウェストミンスター橋の半ばあたりから対岸にかけて、いい写真のポイントになっています。8月、9月は国会議事堂の中を見学するツアーもありますが、前もって予約が必要です。






ウェストミンスター寺院



ビッグベンから目と鼻の先にあるもうひとつのロンドン観光名所がここウェストミンスター寺院です。ゴシック建築がすばらしいこの寺院は、戴冠式が行われる英国王室とゆかりの深い寺院でもあります


故ダイアナ妃の葬儀が行われた場所として知られてもいますが、その他の歴代の王・女王もこの寺院に埋葬されています。その他、シェイクスピア、ニュートン、チャーチルなどの歴史的な有名人が多く眠っています。






バッキンガム宮殿&近衛交代



ロンドンといえばやはりここ。バッキンガム宮殿はロイヤルファミリーのロンドンでの公邸であり、ここで女王の執務も行われています。この宮殿の一部は観光客に公開されていおり、王室所有の絵画、調度品などのコレクションを目の当たりにすることができます。


特に、バッキンガム宮殿といえば赤いユニフォームに黒い帽子の近衛兵。近衛交代のパレードは、これぞイギリスと思わせる伝統と格式です。特に4月から7月までは、パレードが毎日行われるという見学しやすい時期です。






ロンドン塔



王家の歴史は謀略の歴史でもあります。たった9日間だけ王座について、わずか17歳で花の命を散らした悲劇の少女ジェイン・グレイ。その他リザベス一世の実母アン・ブーリン、世界史の教科書でおなじみの「ユートピア」を書いたトマス・モア。


その他、多くの人々がこの場所に幽閉、あるいは処刑され悲劇の最後を遂げました。イギリス史のダークな面を象徴するような場所です






タワーブリッジ



タワーブリッジは、ロンドンの近代化を象徴する跳ね橋です。19世紀、ロンドン・イーストエンドの発達とともに、テムズ河のこの位置に橋を架けることが急務となりました。当時ロンドンの産業を支えていたがテムズ河の水運。大きな船の行き来を妨げないために発案されたのが、跳ね橋というアイディアでした。


タワーブリッジは内部見学もできます。見所は、かつての歩道を改装したウォーク・ウェイズウォーク・ウェイズ。エキジビジョン会場まで上がって、ガラス張りの歩道から360度の眺望を楽しんでください。






 大英博物館



英国は、かつて日の沈まぬ帝国と呼ばれた世界をまたぐ大帝国でした。その帝国の富と権力を背景に、長年にわたって収集された世界規模の知的遺産がここに集められています。古代ギリシャ、パルテノン神殿を飾った巨大な大理石の柱のコレクション、エルギン・マーブルを始めとする人類の英知が集積されています。


中でもエジプトコレクションは群を抜く有名さで、ここ大英博物館は世界で一番ミイラのコレクションが多い場所であるといわれています



 Wally Gobetz



 トラファルガー・スクウェア



1805年、ネルソン提督がスペインの無敵艦隊を倒したトラファルガーの海戦。その勝利を記念して造られたのがこの広場です。ロンドンで一番大きい広場としてロンドンっ子たちに親しまれると共に、有名な観光スポットにもなっています


ポセイドンの噴水、ネルソン提督のレリーフや彫像などのも有名どころですが、子供たちに人気なのが大きなライオン銅像に登ること。今日もトラファルガースクウェアには子供たちの歓声が聞こえているかも。






セント・ジェームズ・パーク



広い公園で散歩を楽しみリラックスするのも、イギリス人が楽しむ夏の娯楽のひとつです。ここセント・ジェームズ・パークは、ヘンリー8世がこの場所を鹿の狩場として造ったことから始まりました。ロンドンで最も古い歴史を持つ公園です。その後イギリス風の庭園に改装され今に至りますが、自然の趣に満ちた美しさが際立つ公園です。







ハロッズ



言わずと知れたイギリス老舗の百貨店です。かつての英国王室御用達の店であり、外国資本に買収されたとはいえ、今でもやはり格式に満ちた雰囲気を漂わせています。お土産を買うならここだという声もありますが、いかんせん何もかもが高いです。


とはいえ世界に名だたるハロッズ、ロンドンに来た記念にウィンドウショッピングをするだけでもいいみやげ話になるはずです。






 


 


 

2014年10月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop