現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月10日更新

青い海白い砂浜!今行くべきブラジルビーチベスト5

2193 views

はじめに



ブラジルと言えば?と尋ねられて浮かんでくるワードはなんでしょうか?サッカー、サンバ、ボサノバ、シュラスコ…様々出てくると思います。筆者がブラジルとは?と尋ねられて思い浮かぶワードは「ビーチ」です。


意外とは思いますが、実はブラジルには美しいビーチが数多く存在するのです。そして何よりブラジル人は海が大好き!夏の時期には多くの人がビーチで泳いだり、浜辺で日光浴を楽しんだりします。


水温が多少低くてもへっちゃら!皆本当に楽しそうにビーチで過ごしています。そして、皆を笑顔にしてしまうブラジルのビーチはとっても美しく、キラキラと輝いているのです。


今回はそんなブラジルのビーチを数ある中から厳選して紹介していきます。


 



1.ポンタ・ネグラ海岸



今年開催されたブラジルW杯で、日本の第2戦が行われた街の名前を憶えているでしょうか?まだ記憶に新しい人も多いと思います。そう、その名前はナタールです。


このポンタ・ネグラ海岸はナタールにあるビーチで、中心地から南下した所に存在しています。ナタールは常夏の街で、1年365日のうち300日以上が晴れなんて言われる程太陽の光が降り注ぐ街です。


 


そしてそんな街にあるポンタ・ネグラ海岸は楽園と言われています。これぞビーチリゾート!というのにふさわしい海岸でとても賑わっています。多くの海水浴客が思い思いに過ごしており、浜辺ではいろいろな物が売られています。


このビーチから見る景色はとても美しく、長く続く粒子の細かい砂浜と透明度の高い海はブラジル人の中にも支持者が多いと言われています。ココナッツジュースを飲みながらゆっくり景色を楽しむのはいかがでしょうか?


 


Andrewdp


 



2.アタライアビーチ



大西洋に浮かぶ小さな島、フェルナンド・ヂ・ノローニャをご存知でしょうか?ここはブラジル人の憧れのビーチリゾートと言われています。ブラジルの北東部に存在する、レシフェもしくはナタールから1時間程のフライトで着く、青い海に囲まれた美しい島です。


この美しい島で特筆すべきは環境税です。大人1日約45レアル(日本円で約2000円程)を滞在日数分支払わなければなりません。この環境税のおかげでこの島は美しい状態を保っているとも言われています。


 


そんな島全体がリゾート地のノローニャですが、その中でも一番のおススメビーチがアタライアビーチです。このビーチには入場制限があり、1日の入場者数が100人と決められています。


ビーチの開放は1日4、5回に分けられており、1回20人~25人、滞在時間は約20分30分と決まっており、その他にもサンオイルや日焼け止めの使用禁止、バタ足で泳ぐのも禁止、シュノーケリングで水中観察中には海底に足をついてはいけない(つまりはずっと浮いていないといけない)などの厳しい条件があります。


 


これは全て環境保護のためです。そして、そこまで厳しい条件をクリアしてでも入りたい海です。一言で言ってしまえば、どうしようもなく綺麗な海です。たくさんの魚が透明度の高い珊瑚の海で泳ぎ、太陽の日差しを反射して美しく揺れる水面はため息が出る程です。


筆者は大の海好きでいろいろな国のビーチに出没していますが、このアタライアビーチはその中でも上位中の上位にランクします。ただ、ガイドさんもポルトガル語オンリーで話していた記憶があるため、ポルトガル語もしくはスペイン語を理解できないと厳しいです。


 


Fred Schinke


 



3.ポルト・ダ・バーハ



ポルト・ダ・バーハはブラジル第3の都市、サルヴァドールにあるビーチです。バーハ要塞の南側に隣接する美しいビーチリゾートで、海辺にはレストランやホテルが立ち並んでいます。


水温が高めで穏やかなため、のんびりプカプカと浮くこともできます。観光地のため人はとても多いですが、長居できてしまう不思議なビーチです。日本のビーチは遠浅な所が多いですが、筆者の印象としては、ブラジルは遠浅なビーチは少なかったように思います。


このポルト・ダ・バーハも例外に漏れず、急に足がつかなくなって冷や汗をかきました。要注意です。そしてこのビーチの一番のおススメは夕日です!大西洋に沈む雄大な夕日は一見の価値ありです。


 


Mozart Brocchini


 



4.イパネマビーチ



「イパネマの娘」、それはボサノバの名曲の1つです。そんなイパネマの娘の舞台となったイパネマビーチ。日本にいても名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?


ここのビーチはリオデジャネイロにあり、あの有名なコパカバーナビーチからも程近い場所です。コルドバードの丘を背景に、美しい景観が広がっています。リオを代表するビーチの1つであり、コパカバーナと人気を二分するビーチですが、景観という点から見てみるとややイパネマに分があります。


サーファーや海水浴客が大勢いて賑わい、周囲にショップやレストランも多いエリアのため活気があります。ただ、そんな場所なので盗難には十分に注意しましょう。真っ白で粒子の細かい砂浜、そして青く透明度の高い海。ブラジル人はもとより、海外からの観光客をも魅了する素敵なビーチです。


 


alobos Life


 



5.コパカバーナビーチ



ブラジルのビーチと言えば、リオデジャネイロのコパカバーナビーチは絶対に外せません。約4kmにも及ぶ湾曲した長い海岸線には白い砂浜が続き、青い海とのコントラストは美しいの一言につきます。


ブラジル人の間でもいまだに憧れの強いビーチです。もちろん海外からの観光客も多く、いつも人で賑わっています。このコパカバーナ、日差しが強いですがカラっとしているため過ごしやすくなっています。


そして夏でも水温が低いため、冷たくて泳ぐのにはちょっと向かないかな?と思いました。太陽の日差しを浴びながら浜辺で日光浴したり、足だけ海につかったりする方が良いかと思います。


よくリオは危ないと言われますが、日中はそうでもありません。早朝と日が暮れてからは危険度が増すので注意しましょう。また日中はスリやひったくりが多いので、海へ遊びに行く時は何も持って行かないのが一番です。


小銭と少額の紙幣があれば事足りてしまいます。


 


Rodrigo Soldon


 




まとめ



今行くべきブラジルのビーチベスト5ということで紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?ブラジルにはこの他にも美しいビーチが多数存在しています。


今回ご紹介したビーチはどれもハズレのないビーチでありますが、自分にぴったりのお気に入りビーチを探すのも良いと思います。もし良いビーチが見つかったら、是非ご一報を!


それでは良いご旅行を!

2014年10月10日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop