現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月11日更新

世界の観光名所トルコ・カッパドギアに行く前に知ってほしい3つのこと

1061 views

トルコの首都アンカラの南東にある、トルコの観光名所カッパドギア。


初めてのトルコ旅行で観光名所であるカッパドギアに訪れる際に、知ってほしい3つのことをリストアップしました。




トルコ・カッパドギアへの行き方



Oriol Salvador




カッパドギアへの交通ルートは、イスタンブール空港から飛行機で約1時間くらいです。


トルコ航空とオヌ航空があり、相場はトルコ航空で約1万5千円でオヌ航空では約5千円とオヌ航空は、座席とか少し狭いですが低価格で観光客には人気があります。


ただシーズンによって異なる可能性があるので、詳しく調べるのをおススメします。




夜間バスも運行してますが、移動時間が10時間と超時間帯になります。


長期滞在予定なら、ゆっくりと夜間バスで朝からカッパドギア観光も良いですよ。


シャトルバスだともっと早めにカッパドギアに到着出来ます。




時間短縮のコツは、待ち時間を削減するため日本からの予約が最適です。


夜間バスは日本人の利用も結構ありますが、異国の地ですので一人旅の時は注意を心がける事をおススメします。




カッパドギアでの滞在地を決める。



Mr Hicks46




カッパドギアには、3つの街があり滞在する前にはどこの街に滞在するか決めます。


「ネヴェシェヒル」「ユルギュップ」「ギョレメ」という街が、車で15分のところにあります。




ギョレメ」には、ギョレメ国立公園があり「妖精の煙突」と呼ばれる、巨大な岩があり1985年にユネスコの世界遺産に登録されました。


「妖精の煙突」と呼ばれる岩には、昔、妖精が住んでいたとの話があり最近には地下45メートルにも及ぶ地下都市が発見されました。




ユルギュップ」は、カッパドギアの中では現代的な観光地として有名です。


近くに観光スポットも幾つかあるので、タクシーを1日チャーターして観光なども人気の1つです。


ワイン農園や、熱気球に乗り空からカッパドギアを見下ろすアクティビティーな観光も出来るので旅の思い出つくりに最適です。



ネヴェシェヒル」には一番大きな町で、滞在中のショッピングには最適です。


ネヴェシェヒル美術館もあり賑わいの観光地です。




3つの都市は隣接していますが、車で15分かかるので徒歩での移動は厳しいです。


ツアーなどを利用するのもおススメです。




トルコ・カッパドギアに入る前の入国審査



David Bailey




カッパドギアに行く前に入国審査をしなければなりません。


まず、イスタンブールのアクチュアル空港で入国審査の手続きをします。


混んでなければ大体15分くらいで完了します。




そのあとは、パスポートチェックの指示に従って審査をします。


入国審査後は、国内線の指示に従って小さいターミナルに向かいます。


トルコ紙幣に両替する時は、現地での両替がおススメです




空港に両替機が設置されているので、そこでトルコ紙幣に両替します。


空港ロビーを出たら、バスに乗り目的地のホテルまで移動します。


到着したら、いよいよカッパドギア観光です!!





おわりに




移動時間が長時間となるカッパドギアの旅行ですが、飛行時間での機内食やサービスで飛行機内ではくつろげますよ。


荷物の受け取りの際には、取り違えの無い様ご注意ください。


その他に注意したいのが、貴重品は体から離さない事です。




休憩中にカバンを横に置いていたら、知らぬ間に持っていかれたりとかのトラブルに巻き込まれないよう注意が必要です。


「妖精が棲んでいた」という巨大な岩があるカッパドギア。


気球に乗りカッパドギアの大自然を堪能出来たりと、普段では味わえないカッパドギアでの旅行を楽しんでください。



2015年10月11日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop