現在17272個の困ったを解決できます!

2014月10月10日更新

シドニーを一望する息をのむような眺めを!シドニータワー・アイに登ってみよう!

0 views


photo by Richard Moross


 


2011年に『シドニータワー・アイ』に名前を変えたシドニータワー。


南半球でニュージーランドのスカイタワーに次いで二番目に高いタワーです。


シドニーといえばオペラハウスにハーバーブリッジ、そしてシドニータワーというくらい、なくてはならないランドマーク的存在です。


そんなシドニータワー・アイを紹介したいと思います。



展望台とスカイウォーク



地上250mの高さにある展望台からはシドニーが360度ぐるっと見渡せてそれはそれは素晴らしい景色です。


オペラハウスやハーバーブリッジだけでなく、太平洋にパームビーチ、ブルーマウンテンズまでも見えます。


多言語対応のタッチスクリーンではシドニーの名所の案内も。


展望台にはレストランとバーがあり、この絶景を眺めながら優雅にお食事も楽しめます。


360 Bar and Dining


 


そして、その展望台よりさらに上を歩くことができるのが『スカイウォーク』。



photo by Joe Brockmeier


 


 地上260m。これは圧巻ですね。


45分間に渡って外からこの景色を楽しむことができます。


車椅子の方にも対応してます。


すごく怖そうに見えますが、安全に楽しめるアクティビティだといえますね。



4Dシネマ



オーストラリアの大都市や大自然を味わうことができるいままで体験したことがないようなシネマ。


風や水なども使った効果があわさって大迫力の4Dを味わってください。




基本情報



営業時間



9:00-22:00 (最終入館21:00) ※2015年5月4日以降変更になる可能性があります。


クリスマスは休館日です。



住所



100 Market Street



アクセス



電車の場合・・・St.James(セントジェイムス)駅下車。


シティの中心部なので、たいていのところから歩けます。


場所は、、、見上げれば見えます!



入館料



大人(18歳以上)・・・A$18.20 子供・・・A$10.50 ※オンライン価格


他にスカイウォークとセットになっていたり他の観光地とのセットなどもあります。


The Sydney Tower Eye



おまけ



高さ305mのシドニータワー・アイにはなんと56本ものケーブルが張り巡らされており、1本の重さはなんとなんと7トンもあるのです。それでタワーを支えています。


展望台の重さが2239トンあり、できるだけ軽く造るのかと思えばそうではなくて、バランスをとるために展望台に162000リットルの水槽があるのだとか。


世界でもっとも安全な建物のひとつと言われているシドニータワー・アイにぜひ一度上ってみてはいかがでしょうか。


 



photo by Sacha Fernandez

2014年10月10日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop