現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月5日更新

バルセロナでスペイン料理を堪能できるおすすめ店7選

3173 views

パエリヤ、生ハム、ピンチョスと美味しいものがいっぱいのスペイン。なかでもバルセロナは色々な料理が楽しめます。バルセロナに来たら行っておくべきレストランやバルをご紹介します。


 



1 El Cangrejo Loco(エル・カングレホ・ロコ)



美味しいパエリヤが食べたい!というひとにおすすめなのが、このレストラン。海に突き出した埠頭にあるお店からは海を眺めながら食事をすることもできます。日本語メニューもあるので安心して料理が選べます。こちらではぜひシーフードを試してみてください。


席数が多いのであまり並ばずに入れることが多いですが、席の希望があれば予約をおすすめします!



 


 



2 7Portes(セッテ・ポルタス)



ピカソやダリも訪れたという1836年創業の老舗レストラン。趣のある店内はタイムスリップした気分になります。メニューはパエリヤやサルスエラ(魚介をナッツなどと煮込んだブイヤベースのようなもの)など伝統的なカタルーニャ料理がいただけます。


 



3 Cuinas Santa Caterina(クイナス・サンタ・カタリーナ)



「現代のガウディ」と言われるエンリク・ミラーレスが設計したサンタ・カタリーナ市場の中にあるこのレストラン&バルはバルセロナで最先端のレストランを展開するトラガルース・グループのお店。


魚、肉、野菜など新鮮な素材を、地中海風、オリエンタル風など様々にアレンジしたメニューがあります。なかでもオススメはフィデウア(お米の代わりにショートパスタでつくったパエリヤ)。ボリュームが多いので、シェアがおすすめです。



 


 



4 Cerveceria Catalana(セルベセリア・カタラナ) 



食事時は1~2時間待ちは当たり前予約不可のタパスバル。常に地元のお客さんや観光客であふれかえっています。パタタス・ブラバス(フライドポテトにアリオリソースをかけたもの)やパン・コン・トマテ(カリカリのパンにニンニクとトマトをすりつけたもの)など定番料理のほか、野菜やシーフードの鉄板焼きなどが、小皿Tapa(タパ)にのってでてきます。大勢でいって、シェアするのがおすすめです。



 



5 Irati(イラティ) 



スペインはフランスとの国境近くに位置するバスク地方の名物、ピンチョス。それをバルセロナでいただくならこのIratiがおすすめです。旧市街にあるこのお店には、常に色とりどりのピンチョスが並んでいます。


お店に入ったら、お皿をもらい、飲み物を注文し、あとは好きなピンチョスを選んで食べるだけ!カウンターで立ち飲みしながら「次はどれにしよう?」と選ぶのは、楽しいひとときです。


最後はピンチョスにささった楊枝の数を数えてもらい、お会計してもらいましょう。


 




6 Tickets(チケッツ)



2011年に惜しまれつつ閉店した三つ星レストランエル・ブジのシェフがプロデュースするバル。「エル・ブジ」で出されていた料理が味わえる!と、3か月先まで予約がとれないという話題のお店です。もし旅行の予定が早めにわかっているときはチャレンジしてみてください。


 




7 Roca Moo(ロカ・モー) 



2013年の世界レストランランキング1位に選ばれたEl Celler de Can Roca(エル・セジェール・デ・カン・ロカ)のバルセロナ支店です。本店はバルセロナから電車で約1時間強のジローナにありますが、こちらはDiagonal(ディアゴナル)駅のすぐ近くHotel Omm内にあります。新鮮な素材と最新の調理技術を駆使した料理は、驚きを与えてくれます。


 


 


いかがでしたか?上記以外にも美味しいお店がたくさんあるバルセロナ。スペイン料理を満喫していってくださいね!


 


 


 

2014年10月5日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop