現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月7日更新

期間限定!バルセロナのお祭り

309 views

スペインには有名な3大祭り(バレンシアの火祭り、セビージャの春祭り、パンプローナの牛追い祭り)がありますが、バルセロナにも見ておくべきお祭りがあります。ガイドブックではあまり紹介されない地元のお祭りを紹介します。


 



サンタ・エウラリア祭 Fiesta de Santa Eulalia (2月12日前後の1週間)



バルセロナの守護聖人サンタ・エウラリアを祝うお祭りです。巨大な人形Gigantes(ヒガンテス)のパレードや、45段と高く組みあがっていく人間の塔Castellers(カスタリェース)などが旧市街で行われます。



 



サン・ジョルディの日 Dia de Sant Jordi (4月23日) 



カタルーニャ地方の守護聖人サン・ジョルディを祝うお祭りです。世界本の日としても知られています。
街の人を脅かしていた獰猛なドラゴンをサン・ジョルディが心臓を一突きし、退治に成功し、その際に流れた血から愛と友情の証である真っ赤なバラが咲いたという言い伝えがあります。


その伝説にちなんで、当日は男性は女性に赤いバラを、女性は男性に本を贈る習慣があります。町にはバラや本をうる出店が並び、賑わいをみせます。



 



グラシア祭 Fiseta Mayor de Gracia (8月中旬~下旬)



バルセロナの北東エリアにあたるGracia地区で毎年行われるお祭りです。
このお祭りのハイライトは、通りごとに趣向をこらした手作り感あふれるデコレーションと、爆竹とドラムのパレードCorrefoc(コレフォック)


また街のあちこちに小さなステージがあり、バンドの生演奏があります。
ビールやワインを片手にそぞろ歩きを楽しめる夏のお祭りです。


 


 



メルセ祭 Fiesta de la Merce (924日前後の1週間)



 


バルセロナの守護聖母Merce(メルセ)を祝う、バルセロナ最大のお祭り4mもある巨大な人形Gigantes(ヒガンテス)のパレード民族舞踊であるSardana(サルダーナ)などカタルーニャ地方の伝統文化を垣間見ることができます。


また、街中では関連してコンサートなどのイベントが開催されるほか、夜はビーチで花火があがったりと見どころがたくさんあるお祭りです。 





クリスマス/主顕節 (12月~16日)



キリスト教信者の多いバルセロナでもクリスマスシーズンは盛大に祝われます。街中にはツリーの飾りなどを売る出店が集まったクリスマスマーケットや、道路の上には華やかなイルミネーションが飾られます。


一番盛大に祝われるのは16日の主顕節。イエス・キリストの誕生を知った東方の三賢者が祝福の捧げものをもってイエス・キリストの元を訪ねた日。


バルセロナの子供たちは、クリスマスではなく、この日にプレゼントをもらうのが習わしになっています。


この日の習慣で面白いのは、家族や友人であつまり、リングの形をしたケーキを食べることです。ケーキの中には小さな陶器でできた王様の人形と豆が入っており、王様があたった人は一日王様として過ごし、豆があたったひとはそのケーキの支払いをするそうです。年初の運試しみたいで面白いですね。


また、夜は旧市街で三賢者のパレードがあります。イルミネーションで飾られたパレードは一見の価値ありです。かなり冷え込むので防寒をしっかしりして見に行ってください!



 


いかがでしたでしょうか。ガイドブックにはあまり載っていないお祭りはまだまだあります。旅行の時期にお祭りがあったらぜひ地元のひとと一緒に楽しんでみてくださいね!


 


 


 


 

2014年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop