現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月1日更新

ラオス観光に外せない絶景スポット6選

936 views

豊かな自然と、親切な人々に囲まれ、常に温かくのんびりした空気がただようラオスには、バカンス目的の欧米人を始め、毎年多くの観光客がやってきます。その美しいラオスで是非見ておきたい絶景スポットを六つご紹介いたします。


 



世界遺産の街ルアンパバーンの「クアンシーの滝」



 クアンシーの滝は、ルアンパバーン市街から南に約30kmほどの距離にある観光スポットです。ツアーもたくさん組まれていますので、滞在ホテルから気軽に申し込むことができます


 非常に美しい滝ですが、滝つぼで泳ぐこともできます。入場料を払って、10分ほど森の道を歩くと、滝があります。高さ50mほどの大きな滝は遠くから眺めてもるのも、滝つぼの近くを泳ぐのも素敵です。


 そして、滝の横の山道を登ると、滝を上から見る場所に行くことができます。ここからの景色は正に絶景です。


 


justin_vidamo


 



「メコン川」に沈む夕日



 メコン川は中国の山奥、チベット高原を始まりとし、中国からラオスへ、そして東南アジア各国へ流れる巨大な川です。川の長さは世界で10番目に長いと言われています。


 ラオスの国を縦断するように流れるメコンは、農業中心に暮らす北部の人たちにとっても、観光業を中心にする南部の人たちにとっても、不可欠な存在です。最近では首都ビエンチャンで、洪水対策によって昔ながらの川辺の屋台が撤去され、川沿いに遊歩道と公園が作られましたが、夕日が沈むメコン川の景色は変わらず悠久の美をたたえています。


 



プー・チー・ファー



 プー・チー・ファーはチェンライから東へ110Km、タイとラオスとの国境地帯の山奥にある絶景ポイントです。標高1628mの山頂からは雄大なメコン川とラオスの壮大な景観が望めます。


タイでは、日の出スポットとして有名ですが、ラオス側からの景色も壮大で是非見ておきたい場所です。


 



プーシー



 国立博物館の前から階段を登ること300数十段、息が切れてきたところでやっと頂上にたどりつけます。メコン川や反対側の空港や緑の中に点在する市街が広がるさまは東南アジアとは思えない素晴らしさです。見事な心洗われる夕陽を見ることができます。


 ここでは、夕陽が沈むのも美しいですが、メコン川に夕陽が綺麗に映るのも非常に美しい光景ですので、楽しんで下さい。最近では、夕陽スポットとしてあまりに有名になってしまったので、観光客が多いです。



jmhullot


 



ワット・プー



 チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プー。ここは日の出が美しいと現地でも評判のスポットです。


 また、世界遺産の古代遺跡群もありますので、訪れる価値のある場所です。早朝は係員がいないため、バライの横の職員通用口から入ります。その後帰りに入場料を支払います。山の中腹にある本殿前から、チャンパーサック平原を眺め、太陽が昇るのを待ちます。


 朝もやの中に浮かび上がる村の景色、聞こえてくるのは牛や鶏たちの声と、お寺からの鐘の音だけ。その牧歌的な音の世界の中で登る朝日は神々しい感じがします。


 




ソムバミットの滝



 ラオスには雨季と乾季があります。激しい水の流れを見るなら、雨季だと思われるでしょうが、乾期もまた魅力的です。乾季で水量が少ないため、岩肌が見えて、水しぶきもあがり、返って迫力があります。


滝も素晴らしいですが、この一帯のシーパンドンエリアはどこも絵のように美しい光景が広がっています。


 


 


日本では直行便がほとんどありませんが、クアラルンプールから飛行機で1時間30分とアクセスが不便というわけではないラオス。手つかずの自然と集落に心いやされる経験になるのは間違いありません。是非行ってみてください。



2014年10月1日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop