現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月12日更新

早めの準備が必須!カザフスタンビザの取り方

201 views

期間限定でビザが不要になったカザフスタン。まだ行ったことがある人も多くないので、一度は行ってみたいという人も多い事でしょう。


カザフスタンを経由して近隣の国に行かれることも多いと思われますので、近隣の国々のビザ事情と、もしカザフスタンでビザが必要になったらどういう手続きをすればよいのかについて説明していきます。



sakukeiji


 



ビザの取得



 元々は観光目的でもビザが必要でした。入国前にカザフスタン大使館総領事部か総領事館で取得しておく必要がありました。入国が一回限りのシングルビザは無料で取得できます。


 ビザ取得のためには、ビザ有効期間最終日翌日から6ヵ月以上のパスポートが必要です。期限が迫っている人は更新しておきましょう。


 カザフスタン入国後5日以内に滞在登録が必要です。空路で入国した場合は、ほとんどの空港で入国審査時に90日間の滞在登録ができます。入国印が2ヵ所押された入国カードが滞在登録の代わりになります。


 入国カードがもらえなかったり、入国カードの手続きがされなかったり、不備があった場合、至急手続きが必要ですので、空港職員や大使館に連絡しましょう。


 



期間限定のビザ免除措置



 2014年7月15日から2015年7月15日まで業務と観光目的でカザフスタンに渡航する10カ国の国籍保持者(日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、マレーシア、UAE、韓国国籍保持者)に限り、また、一度の入国で15日までの滞在に限り、ビザが免除されています。


 このビザ免除のシステムが継続されるのかは未定ですので、旅行の計画を立てたら、カザフスタン在日大使館領事部のホームページを確認してください。


 



近隣諸国に行く -タジキスタンー



 タジキスタンは在日大使館を最近設置しました。ですが、日本語のホームページはありませんので、ご注意ください。


 


在日タジキスタン共和国大使館は、〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-2-7 国際パレス104号室


にあります。


電話:03-6659-8220、03-6659-8221で、


メールは、tajembjapan@yahoo.comです。


 


 ビザの申請書フォームは、タジキスタン本国の外務省ページでダウンロードできます。


 


提出書類


①申請書2枚、


②3.5-4.5センチの写真2枚(①に貼付)、


③申請料の振込み領収書、2週間ビザ40ドル、1月間ビザ50ドル(振り込みは米ドル限定です。英語表記による窓口手続きが必要です。)


振込先は、


The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd Jiyugaoka-Ekimae Branch 0100259 Embassy of the republic of Tajikistan


です。


④旅程表(自分で作成、入国日、滞在都市、滞在ホテル、到着日、出国日)、


⑤レコメンデーションレター(自己推薦の紙です。)


⑥パスポート原本。


 


地方の方は、郵送でも可能です。パミール高地のある山岳バダフシャーン自治州への入域許可証を同時に申請する場合には、ビザ申請書の余白にその旨を記載します。


申請から3業務日後に発行されます。入国3か月前より申請可能ですので、早めの準備が必要です。


 



近隣諸国に行く -ウズベキスタンー



在日ウズベキスタン共和国大使館は、


〒153-0064 目黒区下目黒5丁目11-8 にあります。


電話は、03-3760-5625です。


 こちらのビザの申請書フォームも在日大使館のホームページからダウンロードできます。


 


提出書類は、


①申請書1枚、


②3-4センチの写真1枚(①に貼付)、


③パスポート原本です。


 


首都圏在住の者は郵送不可で、遠隔地の場合には郵送可となっています。申請は(月)(火)(木)の10:30から12:00まで限定です。発行は3業務日後です。


受領は(月)(火)(木)の16:00から17:00まで限定で、受領時に2000円で支払います。入国3か月前に申請できます。ビザ有効期間(30日間)内に入出国します。



近隣諸国に行く -キルギスー



 キルギスはビザも外国人登録も不要です。




カザフスタンは外国人登録不要



 旧ソ連の国々への渡航の際に必要な手続きとして、入国して数日以内にオヴィールと呼ばれる官庁で外国人登録をしなければならないというものがあります。


 


外国人登録は


①1度でビザの期間分だけ登録するパターン、


②宿泊都市ごとに登録するパターン、


③入域した地域ごとに特別な登録をするパターンなど、国によってまちまちです。


 カザフスタンについては自動的にビザの期間分だけ外国人登録がなされますので、入国してからオヴィールに赴いてわざわざ外国人登録をする必要はありません。


 


日本からはあまりなじみが深くない国々ですが、事前に準備をしておくと、旅行がより楽しくなります。カザフスタン、また、その近隣諸国への旅行を思い切り楽しんで下さい。


 


sakukeiji

2014年10月12日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop