現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月9日更新

国土の7割は山!知っておきたいスイスの名峰7選

15723 views

ユングフラウ3山が連なるベルナーオーバーランド、モンブランのあるシャモニ、マッターホルン、モンテローザを要するツェルマットなどなど。スイスの主要観光スポットは名峰への起点として発展している美しい街ばかり。


本腰を入れての登山はちょっと…という方も、登山鉄道にのって山々を眺めたり様々な楽しみ方があるので、スイスに行くなら山景色の観光ルートは必ずおさえたいポイントの一つです。なかでもスイスを代表する名峰7つをご紹介します。


 



1.マッターホルン




photo by Matthias Burch


 


山のことを知らなくても名前だけは知っているという方も多いはず。スイスで最も有名な山と言えるマッターホルンは、天高く鋭く切り立つ姿をスフィンンクスやピラミッドに例えられ、中世には魔の山として恐れられていました


起点となる街ツェルマットにはマッターホルンを望む展望台がたくさんあります。リッフェルゼーやライゼーからは湖面に映る逆さマッターホルンの姿見られます。



2.ユングフラウ




photo by Ronile35


 


標高4158mのユングフラウは、尾根がきれいに連なるベルナーオーバーランド3山と呼ばれている山の一つで、「アルプスの乙女」の別名があります。


山麓に領土を持つ修道院の修道女に由来することや、雪に覆われたユングフラウの山頂が修道服に似ているからなどの説があります。


3つの登山鉄道を乗り継いで到着するヨーロッパ最高地点のユングフラウヨッホ駅の展望台からは、美しいアルプスの大パノラマが体験できます。



3.アイガー




photo by Genta Masuda


 


こちらもベルナーオーバーランド3山の一つで標高は3970m。切り立つ山のシルエットがシャープなアイガーの北壁は、マッターホルンやグランドジョラス北壁と並んで登頂が困難とされている3大ルートとしても有名です。


登山鉄道でユングフラウヨッホへ向かう途中に一時停車するアイガーヴァント駅では、トンネル状になっているホームの窓から雄大な山景色を見ることが出来ます。



4.メンヒ




photo by Bob Coleman


 


標高4170mのメンヒはドイツ語で修道士という意味があります。アイガーとユングフラウの間に立つ山で、見る角度によって異なる表情を見せるという魅力があります。


ユングフラウヨッホ駅へ向かう登山鉄道のトンネルはメンヒの山の中を走ります。グルントからヨーロッパ最大のゴンドラで上がるメンリッヒェンの展望台からは正面に3山を望むロケーションが楽しめます。



5.モンテローザ




photo by Francesco Sisti


 


4000m級の山々が連なるスイスで最も標高が高いモンテローザは4634mを誇り、イタリアとスイスの国境にあります。鋭いマッターホルンとは対照的なモンテローザは女性的な丸みがあり、山頂に夕日があたる姿はとても美しく、その名称はイタリア語でバラの山の意味を持ちます。


ゴルナーグラード展望台からはゴルナー氷河が流れ、10の峰にわかれる山頂の迫力ある姿が見られます。



6.モンブラン




photo by twiga269 ॐ FEMEN


 


標高4810mのモンブランは、フランスとイタリアの国境に位置するヨーロッパ最高峰の山です。中生代(2億5000万年~6500万年前)から形成され始めた山で、夏でもすっぽりと雪をかぶった姿が特徴です。ジュネーブを起点として、シャモニからロープウェイを乗り継いでエギーユ・デュ・ミディ山頂テラスに上ればモンブランの雄大な山頂が目の前に望めます。



7.ドム




photo by Björn S...


 


標高4545mのドムはモンテローザに次いで高く、スイス国内では最高峰を誇ります。ナーデルホルン、テッシュホルン、レンツシュピッツェなど4000m級の山々とともにミシャベル山群を形成しています。


観光の拠点は、周囲を氷河に囲まれた村サースフェーです。ドムを見渡すなら、レングフルーの展望台や、シュビルボーデンの展望台へ行きましょう。




まとめ



代表的な7つの名峰をご紹介しましたが、これ以外にも3000~4000m級の美しい山々が連なるスイス。見晴らしの良い展望台や街から望む山岳の風景はここでしか見られない特別な光景です。山を見る以外にも登山鉄道やロープウェイなど乗り物に乗る楽しみもあります。ぜひ絶景をご覧下さい。

2014年10月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop