現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月13日更新

火と氷の国アイスランドの絶景6選

206 views

アイスランドで大自然を満喫!



 





 


アイスランドの魅力は何といっても想像を絶する雄大な大自然! 火山に温泉、夏の美しい白夜に、冬の空を彩る幻想的なオーロラと通年で楽しむことが出来ます。 アイスランドでぜひダイナミックな自然を堪能してみてください。


 



1.ブルーラグーン Blue Lagoon







 


ケプラヴィーク空港から車で15分ほどのところにある(首都レイキャヴィークの南西約40km、市内からも空港からもバスが出ています。)ブルーラグーンはアイスランド 地熱発電所の熱を利用した屋外温泉施設。 露天温泉としては世界最大で、


約5,000mもの面積があります 


 


ブルーラグーンは、青白い乳白色のお湯で、溶岩台地に囲まれた広大な温泉はまさに絶景。
レストラン、カフェ、ブルーラグーンブランド製品のショップ、マッサージなどのサービスもあります。


 


Webサイト: http://www.bluelagoon.com/


 



ゴールデンサークル Gyllti hringurinn







 


グトルフォス(滝)、ゲイシール(間欠泉)、シンクヴェトリル国立公園は、3つの観光地を合わせて「ゴールデンサークル」と呼ばれています。 (英語でThe Golden Circle アイスランド語ではGyllti hringurinn) 首都レイキャビクからも近く、アイスランドへの旅行者が必ず立ち寄ると言っても過言ではないほど、人気の観光地です。


  


いずれも各旅行会社の「ゴールデンサークル」ツアーを利用して行くのが一般的です。


 



2.グトルフォス(滝) Gullfoss







 


溶岩の形が変るたびにダイナミックにその表情を変える滝は絶景。 全長2.5キロ、高さ32メートルのこの滝は日の光を浴びると金色に輝くことから グトルフォス=黄金の滝 と呼ばれています。  冬期(10月15日〜3月31日)は危険なため行くことができません。


 



3.ゲイシール(間欠泉) Geysir







 


ゲイシールはアイスランドを代表する間欠泉(水が地熱により熱せられて沸騰し、蒸気圧がかかって噴き上がる)で、ここの温泉地帯で現在激しく活動しているのは、ストロッククール(Strokkur)という間欠泉。 5~6分毎に熱湯が10~20mの高さに吹き上がる現象を見ることができます。


 


GEYSIR CENTERには、ホテル(Hotel Geysir)や、レストラン、お土産屋さん、キャンプ場があり、夏季には路線バスも運行しています。


 



4.シンクヴェトリル国立公園 Þingvellir



 





 


首都レイキャビクの北東50kmほどのところにある国立公園で、世界遺産にも登録されています ここでは地球の割れ目「ギャウ」を見ることが出来ます。 ユーラシアプレートと北アメリカプレーが分かれているため、度重なる地震、火山噴火によって絶えず地形が変化しています。


 


シンクヴェトリル内のシンクヴァトラ湖(Þingvallavatn)には「シルフラ(Silfra)」という人気のダイビングス・シュノーケリングポットがあり水温は4度で、透明度が高く150~300m先まで見ることができます。 


 


Webサイト:http://www.thingvellir.is/english/


 




5.スカフタフェットル国立公園 Skaftafell



 





 


アイスランド南東部に位置する国立公園で5月~9月の間は園内でキャンプをすることも出来ます。 面積8100平方キロメートル、最大の厚さは1000メートルにおよぶ、ヨーロッパで最大の体積を誇るアイスランドの氷河ヴァトナヨークトル(Vatnajökull)の全域や、ラーカギーガル(ラキ火山)も含まれます。 


ここでは火山と氷河というアイスランドの自然美を一度に見ることができます。 ヴァトナヨークトルの洞窟の美しさはまさに神秘の世界そのもの。


 


Webサイト:http://www.vatnajokulsthjodgardur.is/english


 



6.レイクホルトでオーロラ鑑賞 Reykholt







 


首都レイキャビクからは108kmのところにある小さな村レイクホルトはアイスランドでも有数のオーロラ観光スポット。 夜間の照明が少なく、オーロラをきれいに見ることができます。(オーロラの季節は秋~春にかけて) レイキャビクからの長距離バスは週2便。 レンタカーを利用するか、レイキャビクからのツアーで訪れるのが一般的です。


 


日本の国立極地研究所が、レイクホルトから車で5分ほどのところにある農家に委託し、観測機器を設置、毎日オーロラのデータを集めているそうです。 宿泊する場合はフォスホテル レイクホルト(Fosshotel Reykholt)というホテルがあります。


 




まとめ



アイスランドは火山活動によって造られた島なので、間欠泉、温泉、大陸の裂け目など日本では考えられない自然現象を見ることができる、素晴らしい場所です。百聞は一見にしかず、ぜひこの美しい大自然に囲まれた島を体感しに行ってみてくださいね。


 

2014年10月13日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop